新日和見事件の考察 第3部−2 F「処分とその後」
G「事件のその後」について

 (最新見直し2007.2.7日)

その11 F「処分とその後」について 

 この時新日和見主義者として処分された党員の数については、全国で600名とも1000名に及ぶとも云われている。党中央は未だに全貌を明らかにしていない。処分は1972.9月末の民青同第12回全国大会で承認された。民青同本部常駐中央常任委員だけでも15名中7名が処分されていた。処分は民青同だけにとどまらず、広谷俊二共産党中央委員や川端治、高野孟などの評論家にも及んでいた。全学連指導部の処分には向かわなかったようである。このことに関して、「汚名」251Pは次のように記している。

 「党の影響下にあるとはいえ、全学連は大衆団体である。党の指導を公然と認めている民青とは根本的に違う。数十万の学生を擁する全学連が党の統制措置で混乱を来すとすれば、反党的学生運動の再来を招かないともかぎらない。かっての全学連や全自連指導部が党の処分で、逆に結束を固めたことも否めない事実だった。党中央はその経験から深謀遠慮の決定を下したものと思う」。

 そうかも知れない。

 「日本共産党の65年.312P」は次のように記している。

 「72年7月の第7回中央委員会総会、同年9月の第8回中央委員会総会は、新日和見主義、分派主義の問題を解明し、これとの闘争の重要性を強調した。党は、理論上、政治上、組織上の徹底 した批判と闘争をおこない、『新日和見主義分派』を粉砕した。この闘争は、民青同盟が一時期の組織的停滞を克服し、新しい発展と高揚の方向をかちとるうえでも、重要な契機となった」。

 この記述には二重の詐術がある。一つは、「この闘争は、民青同盟が一時期の組織的停滞を克服し」の詐術である。この時期民青同は、「一時期の組織的停滞」どころか、反代々木セクトが退潮著しい中20万同盟員を擁して存在力を強めつつあった。嘘もいい加減にしないと閻魔様に舌を抜かれてしまうであろう。もう一つの詐術は、「新しい発展と高揚の方向をかちとるうえでも、重要な契機となった」である。既に説明不要であろうが、事実は民青同と全学連の組織的凋落への契機となっ た。現党中央の饒舌もほどほどにしないといけない。今では地区組織も廃止され、20万→2万前後の同盟員に落ち込んでいるのではないのか。事件は「角を矯めて牛を殺す」結果になったのはないのか。私は、こういう詐術ががまんならない質であるが、党員の皆様は「何でもかんでも党中央の云うことはその通り」 なのでしょうか。

 これを、「結局、党が民青をいじりすぎた」と理解するのは評論的好意的に過ぎよう。私は、企まれ仕組まれた事件であったと凝視している。ちなみに、「さざ波通信」では次のように否定的影響について明らかにしている。

 「この事件の後民青同盟は衰退の坂をころげ落ちていった。20万の隊列は今では10分の1に縮小している。共産党内部の20代党員の割合も、70年代初頭の50%から、現在の2〜3%に激減した。他の国の共産党ないし後継政党と比べても、日本の党はとりわけ青年党員の比率が低いのではないだろうか。これは単に青年の保守化というだけでは説明できないだろう。新日和見主義事件が残した深刻な爪痕をそこに見出すことは十分可能である」(1999.7.6 日.S・T)。

 正論と言うべきだろう。

 処分された民青同中央・都道府県機関内共産党員等は、引き続き要注意人物として監視されていくことになった。私は党員でないので理解しにくいのだが、この状態に置かれた党員について、宮地健一氏HPは次のように記している。

 「『県直属点在党員』は、水平的・横断的 交流全面禁止の民主集中制の下では、単独で、かつ垂直に、党中央に『意見書』を提出する権利以外はすべて剥奪されるという“党内独房”状態に強制的に収監されることになる」。

 とあることから推測すれば、「県直属点在党員」となって支部からも外され、“格子なき党内独房”下に置かれるようである。“格子なき党内独房”について、宮地氏は自らの体験も踏まえて、 特高の「予防拘禁式組織隔離」を真似したものではないかと指摘し、次のように述べている。

 「そもそも、治安維持法なるものが、天皇制打倒、資本主義体制の暴力的転覆を目指す非合法暴力革命政党コミンテルン日本支部、日本共産党員、シンパの言動を封殺するための予防拘禁的な“格子ある牢獄”、独房隔離措置法律でした。その天皇制の組織隔離独房に、宮本氏12年、袴田氏10年、徳田・志賀氏らは18年収監されていました。宮本氏は、自分が体験した『格子ある治安維持法独房』の言動封殺手口を、今度は合法的革命政党・前衛党最高権力者として、党中央批判者を専従解任後も転籍させない『点在党員』措置という“格子なき牢獄”手法で逆用したのです」。

 宮地氏のこの指摘は的確と思うが、一つだけ同意できないことがある。宮顕12年の獄中生活を徳球・志賀らのそれと同格にしていることを疑問としたい。先の連作投稿「その5.宮顕の獄中闘争について」で明らかにしたように、宮顕のそれはいかにも胡散臭い。「獄中12年非転向タフガイ神話」はどこから生まれてきたのか不明であるが、真相は大きく違うのではないのか。戦後になってこの御仁から過去の転向を咎められて苦衷に陥った幹部党員がいるが、私に言わせればそのような必要なぞどこにも無いと思われる。

 考えてもみようではないか。今日戦前からの多重スパイであったと判明させられている野坂参三と長年のコンビを組み得た関係というのは、野坂一人をスパイ視するには不自然過ぎる史実ではないのか。史実を見れば、「六全協」後この二人が如何に呼吸を合わせて反対派を次々と党外に追いやっていったかの事例ばかりが残されている。片やスパイこなた深紅の指導者の長年コンビなぞ長く続き得るものだろうか。ましてや、野坂のスパイ性は党内調査で判明させられたものではない。ソ連邦の崩壊に伴って機密漏洩した資料を党外の学者から動かぬ証拠として突きつけられて、弁明できなかった野坂が単に切り捨てられただけなのではないのか。私の手元の「日本共産党の65年」 には、党内反対派を駆逐する過程での党中央代表として活躍する野坂の姿を賛美する記述が随所に明らかにされているが、その時点で野坂がスパイであったとしたら、反対派はスパイによっていろんな理屈をつけられながら党外に放逐されたことになる。これほど具合が悪い史実がなぜ党内で議論沸騰しないのだろう。私にはワカラナイ。単に野坂を除名しただけで口を拭って済ませられることであろうか。

 スパイとして働く野坂の方がより巧妙だったという論が成り立つにしても、 それはそれで長年連れ添った方の不明ぶりを露わにさせるだけではないのか。宮顕をそうは愚頓扱いするのは適切ではないと思われるので、とすれば残された結論として根本的に氏をも疑惑してみる作業が待ち受けているのではないのか。この作業は、氏の存命中にこそ意味を持つのでは無かろうか。 指導者亡き後の指導者批判はいつでも誰でも出来る。亡き後の批判は左翼の病弊ではなかろうか。史上宮顕は幹部も含めた幾多の同士を「調査審議」してきたが、「調査審議」されるべきは宮顕自身なのではないのか。人民大衆に責任を持つ運動というのは、人民的利益の前には何ものをも恐れない精神の発動からしか生まれない、と私は考える。


 話を戻して宮地氏によって“格子なき牢獄”の具体的な手法が明かにされているが長文化するので割愛する。「査問」・「汚名」では次のように明かされている。

 概要「被査問者は罪の軽い重いによって次のように分類された。比較的重い「核」の連中は、川上・宗邦洋・本部役員池田と松木の4名であった。彼らは外界との一切の連絡を禁止され、自宅待機が命じられた。『誰とも連絡を取ってはならず、何処へも出かけてはいけない』と言われ、いわば座敷牢に押し込めら れた。その次に重い者は、分派活動を直接担い率先助勢したグループであり、党本部の新保・党中央委員の広谷俊二ら約20名が該当した。ここまでを待機組という。待機組には、党が指定する文献(大会決定文書、宮本・不破等の論文)の自宅学習とその感想文の提出が義務化された」。

 ここは注意を要するところであるが、宮顕・不破等の論文を読ませ感想文を書かせることの意味は、「宮顕−不破党中央のイエスマンになるのか」の踏み絵を権力的に強要したということであろう。ということは、現下党員幹部はこの踏み絵に対してのイエスマン橋を渡った者ばかりであるということになるであろう。

 概要「比較的軽い者は数十名で、釈放された翌日から民青本部への出勤が認められたので出勤組という。出勤組は、仕事には付けられず会館五階にあるホールで学習すること、その結果をノートに記し、党中央委員会に提出することが求められた。その過程で自己批判を一層深めることが要求された」。

 ここでも学習が義務付けられているが、宮顕・不破論文内容の駄文ぶりを思えば、待機組と同じくイエスマン橋の渡りを強要されたということである。彼らには「五階組」というアダ名がつけられ、要するに窓際族に追いやられた。「五階組」には単純作業が割り当てられ、小型版「収容所列島」の観があったと言う。治安維持法下の予防拘禁制度の真似のようなものであったとも言われている。なお、処分者は、自己批判の誠実度により、一年未満の党員権停止処分から除名処分の間を ランク分けされたようである。彼らには「異常な」学習と労働が指示された。 「異常な」とは、「新日和見主義粉砕」のポスター書とそれの事務所周辺貼りの強要がなされたことを言う。このエゲツナイ指示を与えて得々としていた者が後にスパイであったことが判明している。ならば、そのスパイを使っていた者、そのスパイを表彰した者の責任はなぜ追及されないのだろう。誰がそのスパイを重用していたのだという当たり前の関心が遮断されている。

 こうして事件は封印させられてきていたにも関わらず、この時のことを川上氏は、事件後25年経過した1997年12月に自ら著書「査問」(川上徹.筑摩書房)で明らかにすることとなった。この川上氏の行為に対して、赤旗・菅原記者は次のように言う。

 概要「今回出版された本は、このときの『新日和見主義』の分派活動 について川上氏が党から調査をうけたことについて書いたものです。その大きな特徴は、川上氏が『分派活動を理由にしてやられた。だが、それは『別件逮捕』と同じようなものではなかったか』と書いているように、この本を読んだ人に “自分は不当な処分をうけた被害者だ、分派活動というような実体はなかった”という印象をあたえるところにある」。
 「川上氏の著作は、党のこうした配慮ある態度を悪用して、あたかも事件は『冤罪』であったかのようにいつわったものです。当時の関係者の氏名や調査の過程のやりとりなどをあれこれ書きながら、川上氏が実際にとった具体的な行動についてほとんどふれていないのは、それが党規律違反の分派活動であることがあまりにも明白だからです」。
 「こういう不誠実さは、組織人の立場以前に、責任ある文筆家としての資格とも両立しがたいものです。事実をいつわらず、自分の言葉と行動に責任を負うことは、文筆家の最低限の資格にかかわることだからです」。

 菅原記者ほどの提灯記事屋に「物書きとしての不誠実さ」をなじられたら立つ瀬もないが、世の中は往々にしてそういうところがある。先生先生と言われて善良ぽいことを言ってる者が裏で一番悪事を働いている例に似ている。それはともかく、菅原記者の物言いは、かの「査問事件」で居直った宮顕とまるで同じ論法である。あの時も、「蘇生の為に努力したのは私と秋笹だけであり」、何と!「蘇生しなかったのは小畑のせいである」という弁明を聞かされた。今また「これほど温情ある態度を党がとったのに、その党に背く行為をするとは何たることか」と叱責されてしまった。これは説教強盗の論理であり、二重三重の居直り論理であり、子供だましの物言いである。相手にすることさえ馬鹿馬鹿しい。

 こうして、宮顕・不破・側近グループらは、新日和見主義者達を電光石火の処分に付すことに成功した。新日和見主義者達は揃いも揃って全員が沈黙した。過去の58年時の「全学連代々木事件」(または「6.1日共本部占拠事 件」)時の学生党員の反発に比して、奇妙なほどに蟄居させられた新日和見主義者達が見えてくる。恐らく、昨日まで同じような論理で反トロ批判をなしていた民青同運動指導者としてのツケが自家撞着させたものと思われる。

 もう一つの理由として、こうした粛清にかけては宮顕一派の手練れぶりが考えられる。この間の党運動の中で、宮顕は、片腕袴田氏をよごれ役とさせて一貫してこの種の闘いに興じて来た。戦前の「大泉・小畑粛清」を核とする一連の査問事件、戦後直後の逸見パージ、徳球執行部との抗争、伊藤律幽閉、「社会主義革命論」者粛清、「構造改革論」者粛清、ソ連派粛清、中国派粛清、「新日本文学」関係者粛清、原水協吉田グループ粛清、袴田自身の切り捨て、野坂の尻尾切り、92年における「ネオ・マル粛清」等々において、他の常任幹部会員・幹部会員・中央委員らにたいして幾度も幾度もやってきた手練れである。宮剣一派の特徴は、対権力闘争となると二段階革命論から民主連合政府、当面の要求一致政府、政権論抜きの統一戦線へと、際限のない右傾化とよりソフトな幅広の「反対」スローガンへと戦術ダウンしていくのに対し、党内闘争においては断固毅然とした容赦のない排除を遂行し、その文句も激烈なる「粉砕・糾弾」となる。私には滑稽であるが、他のどなたからもこうした不自然さが指摘されないのはどうしたことだろう。


 戻る



その12 G「事件のその後」について 
 さて、ここまで新日和見主義事件を見てきたが、私の観点に拠らずとも次の程度まで総括することはごく自然であるように思われる。
 「処分された青年党員たちは、基本的に中央に忠実であったとはいえ、多少なりとも自主的に物事を考え、自らの創意と工夫で大衆運動を積極的に切り開く志向が強かった。それゆえ、彼らは、党幹部たちから不信の目で見られたのである。彼らが一掃されたことによって、もはや民青の上級幹部に、自主的に物事を考えることのできる活動家はほとんどいなくなった。民青は、二度と回復しえない大打撃を受けた。そして、これらの血気盛んな青年党員たちによって支えられていた共産党自身も深刻な打撃を受けた。宮本顕治を筆頭とする当時の党幹部たちは、運動の利益よりも、そして党自身の利益よりも、幹部としての自らの個人的利害を優先させたのである」。

 私は、共産主義運動内に「幹部としての自らの個人的利害を優先」させる作法が発生することなぞ原義に基づいて信じられない思いがするが、これが歴史の実際であり、自他共に戒めるべき且つ何らかの制度的措置を講じる必要があることのように思われる。

 いよいよ新日和見主義事件に暗躍した公安スパイの考察に入る。事件から2年後の1974年、前民青同中央常任委員であり大阪府委員長であった「北島」が公安警察のスパイとして摘発された。「北島」の事件渦中の動きの詳細は伝えられていないが、事件後の被査問者に新日和見主義粉砕のステッカーを書かせ、それを民青同事務所の周辺に貼らせる指示さえなす等大阪府委員会における「異常な学習と労働」の先頭で立ち働き、この功績が認められその後党本部勤務となり要職に就いていたという人物であった。この経過は、党中央と「北島」の 利害が一致していたことの例証であると思われる。人の世の常として、こうした人物が「党本部勤務となり要職に登用」されることがままあるにしても、新日和見主義者排斥の強権発動ぶりと比較してみていかにもずさんなという思いが禁じえない。

 続いて、翌75年、現職の民青同愛知県委員長「水谷」らもスパイであることが発覚 した。ところが、現職委員長のスパイの親玉は前・民青同愛知県委員長「西村」であることが判った。ということは、民青同委員長職がスパイからスパイへと回されていることになる。しかも、よりによって愛知県である。我々は、こういう事態をどう了解すべきだろう。この「西村」と言えば委員長在職時代に、新日和見主義者を処分した民青同第12回全国大会で、最高の栄誉「解放旗」を授与され、当然「西村」の模範的活動家ぶりが評価されたという曰くつきの人物であった。この経過もまた、党中央と「西村」の利害が一致していたことの例証であると思われる。物事には過ちがつきものとしてこうした人物に「解放旗」 が授与されることが許容されたとしても、新日和見主義者排斥の強権発動ぶ りと比較してみていかにも杜撰なというか、摘発方向が反対ではないかという思いが禁じえない。

 「北島」、「西村」の二人について油井氏は次のように述べている。
 「私は、KとNの摘発記事が『赤旗』に写真つきで載ったとき、強い衝撃をうけた。私たちを処分した主要幹部だったからである。彼らは新日和見主義糾弾で大いに活躍した。KやNは、陰に陽に教育・学習と闘争、拡大と闘争の関係など、民青中央委員会の議論を巧妙にあおってきた人物だった」(「汚名」247P)。

 こうしたことから 「当時の民青中央委員会に、中央常任委員を含む複数の中央委員が公安警察のスパイとして潜伏し、同事件を挑発した形跡がみられる」と結論づけられることになる。

 事件渦中での「北島」、「西村」の働きをもっと知りたいようにも思うが、これ以上には明かされていない。75.12.26日付け赤旗記事から窺えることは次のとおりである。
 概要「西村は長い間、党や民青同盟の情報を収集し、党と民青同盟内で反党分派組織の拡大をはかった。さらに腐敗した異性関係、多額の公金横領など社会的、階級的道義に反する腐敗堕落行為を続けた。このような犯罪行為が、隠し切れないと見るや公安警察に連絡し権力の手を借りて逃亡した」。
 概要「水谷は重要な任務を担いながら、競輪、競馬などのギャンブルに熱中するなど、党に隠れて乱脈な生活を続けてきた。この弱みにつけ込まれ警察官から競輪、競馬などに誘われ、料理屋、キャバレーなどで十数回に及ぶ酒色の接待を受け、こうして党及び民青の人事や任務分担、地方選挙などの情報を提供、その報酬として合計28万円を受け取った。又西村の指示のもとに一部民青幹部とともに反党分派の謀議に参加し、民青同盟を党と対立させようと策動した」。

 赤旗に拠れば、「北島」、「西村」が新日和見事件時に党中央の意向を挺して新日和見主義者掃討の最も熱心な旗振り役であったことなどおくびにも出さない。むしろ、「党と民青同盟内で反党分派組織の拡大をはかった」とか「反党分派の謀議に参加し、民青同盟を党と対立させようと策動した」とか、あたかも新日和見事件時の新日和見主義者側であったかのごとくに逆方向へ意図的に詐術している。この詐術はまさか偶然ではなかろう。これが、宮顕-不破ラインの典型的且つ一貫した常用ペテン論理であることを見抜くのは造作も無いことであろう。 

 私は、これまで述べたことから明らかなように、単に公安の暗躍により新日和見事件が起こされたなどとは考えない。公安にしても「北島・西村」は表沙汰にされた一部でしかないのではないのかと考えている。「新日和見事件は党中央と公安とが内通しつつ押し進めた党内清掃事業であったのではないのか」と考えている。「北島・西村」の存在漏洩はその証の一部であったのではないかと考えている。こうして、新日和見主義事件は、民青同幹部にいた最もすぐれた活動家たちを根こそぎ一掃することで公安と党中央の目的を成功させた。 もし、この見方が間違っているというのなら、「北島・西村」摘発後における党中央の俊敏な、事件そのものの見直し作業が自主的に開始されていてしかるべきであろう。

 事件から15年後の1987年4月上旬、なつかしさのこみ上げてきた元民青同中央常任委員・小山晃は、同事件の被処分者にあて、「5.30日15年ぶりの会」と銘打って再会の呼びかけを発した。この動きは、手紙を受けた者の一人が「おおそれながら」と訴えでたことにより、党中央に知られるところとなった。党中央は直ちに全国的な調査を開始した。「とにかく党員は『会』に行くべ きでないというのが党の見解です」と言いながら、党中央は何とかして会を中止させようと介入した。この指図に現執行部不破が無関係ということは有りえない。説得と指導を受けた小山は、「誰かの指示かだと? どうしてあんたがたはそう言う風にしか人間を考えられないのか。自分の書いた手紙の通り、かっての友人達と15年ぶりの再開を果たしたいのだ、それ以上でも以下でもない」と言い切り、離党届で始末を付けることを決意させた。当日、党の妨害を乗り越えて「15年ぶりの会」が開催された。

 党中央は、この会を認めず、会終了後判明した参加者に対して、下部組織を使って「参加者の氏名や会の模様を文書で報告せよ、党事務所に出頭せよ」などと執拗に要求してきた。それは不参加者や元中央委員でない者にまで及んだ。追求は この年いっぱい続いた。この指図を見ても不破らしいねちっこさであり、無関係ということは有りえない。ここまで至ってさすがに嫌気の世界を誘発させたようである。新日和見主義者達は、これまで「党の内部問題は、党内で解決し、 党外に持ち出してはならない」という規約に従ってきた。被処分者の側から反論文書が公表されることもなく、「党員は出版などの方法で党と異なる見解を公表できない。もし、それを行えば規律違反で処分される」ことを恐れて「羊たちの沈黙」を守ってきた。しかし、党中央は、処分した側に警察のスパイがいたという諸事実が判明したにも関わらず事件見直しに着手することも無かった。「新日和見主義者」達は、この間主体的に自ら等が手塩で育てきた民青同の瓦解的現象にも横目で見過ごすことしか出来なかった。党中央の動きは、様々なデータから見てもあの頃より前進どころか後退しているようにしか見えてこない。

 こうしたことが重なってきた結果、「振り返ってみて査問のやり方が気にくわない」という憤然とした気持ちが抑えられなくなった川上徹氏は、「新日和見主義」と称せられる「事件」がおきてから25年になろうとした頃、「私の中でようやく歴史となった」事件として、『査問』を世に問うことを決意したようである。この挙に対して、党中央は、「こういう不誠実さは、組織人の立場以前に、責任ある文筆家としての資格とも両立しがたいものです。事実をいつわらず、自分の言葉と行動に責任を負うことは、文筆家の最低限の資格にかかわることだからです」と叱責するが、ものは言いようでどうにでも言いなしえるのだなぁと深く嘆息させられてしまう。

 しかし、世の中には次のような見方をする人も居られるから捨てたものでもない。高橋彦博氏は、1998.3.9日付「川上徹著『査問』の合評会」で次のように述べている。
 「フェイド・アウト手法によって構成される日本共産党の歴史の虚構を崩すことに社会運動史研究の課題があると自覚している私にとっては、今回の川上さんの著作『査問』の公刊は、戦後日本共産党史 におけるブラック・ボックスの一点となっていた1972年の『新日和見主義』問題について、ようやく、その核心に触れ全貌を窺わせる証言がなされることであり、諸手を挙げて歓迎できる快挙でした」。

 戻る




(私論.私見)