4489−12 ロスチャイルド考

 (最新見直し2007.6.26日)

 (れんだいこのショートメッセージ)
 「ユダヤから目を逸らしては世界の動きを語れない」(船井)。ヘンリー・メイコウは、現在の世界情勢を理解する鍵は、「シオン長老の議定書」にあるとする。太田龍・氏がこれを支持し、れんだいこはこれに従う。その「シオン長老の議定書」の本当の筆者は、ライオネル・ロスチャイルドである、と云われている。以下、ロスチャイルド家を解析する。

 「栄華を極める世界最大最強のロスチャイルド財閥」、「ユダヤ、ロスチャイルドは支配する」、反ロスチャイルド同盟、「闇の世界史」、広瀬隆・氏の「赤い盾」その他を参照する。 

 2006.1.20日 れんだいこ拝


関連サイト パレスチナ問題考 「ユダヤ人問題」考 シオンの議定書考
コード 項目
「ロスチャイルド問題」を論ずることの現代的意義考
由緒正しきパリサイ派血統ロスチャイルド家考
初代ロスチャイルド・マイヤー
2代目ロスチャイルド・ネイサン
3代目ロスチャイルド・ジェームズ
ロスチャイルドの代理人ヤコブ・シフ考
ロスチャイルドの代理人チャーチル考
広瀬隆・著「赤い盾」考
インターネットサイト
関連著作
情報局




(私論.私見)


《米保守本流派 対 英シオニスト派》の対立

政府に対し働きかけるロビー活動の中心は「アメリカ・イスラエル広報委員会」(AIPAC)である。イスラエル批判をしたがために選挙で落選させられた政治家は、ブッシュ前大統領や、チャールズ・パーシー元上院議員をはじめとして、かなりの数にのぼる。対立候補にイスラエルヘの忠誠を誓う候補を立て、その人物に資金やボランティアやマスコミの関心を集中させ、反イスラエルの候補には「ナチの再来」などの非難を浴びせて落選させるのである。

シオニストは政府や社会ばかりでなく、マスコミを通じて、一般アメリカ国民に「反アラブ=反第三世界感情」を注入してきた。シオニストがアメリカ国民に、映画・音楽・小説・新聞・TVなどのさまざまなメディアを使って繰り返し訴えてきたのは、以下のようなメッセージだ。

すなわち、「ユダヤ文化は西洋文明をつくってきた不可欠の要素であり、《ユダヤ教=キリスト教》の伝統というのは、ヨーロッパの精神的な枢軸である。そのユダヤ人が中東にイスラエルという国家を復興したということは、ヨーロッパ文明の中軸に属する国が、たまたま中東にできたということである。西洋文明の一翼を担うイスラエルという国家を、アメリカやその他のヨーロッパ諸国が支持するのは当たり前ではないか。まして、我々は、ナチスによるホロコースト(民族虐殺)という酷い体験をしているので、ユダヤ国家を欧米諸国は保護する道徳的義務がある。」

  

ついでながら、「ホロコースト」はユダヤ=シオニストの切り札的シンボルだ。最近ではスピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』が、この切り札を使っている。ユダヤ人であるスピルバーグ監督のイスラエルヘのエールであろう。ちなみに、イスラエルが内外のプレッシャーの下で和平に踏み出した1993年という年にこの映画は製作されている。

シオニストたちはこうも訴える。

「イスラム世界に代表されるような第三世界は、文化的にも文明的にも、我々とまったく相入れない存在である。イスラエルは、過激なイスラム原理主義の防波堤としても機能しているのであり、欧米がイスラエルを全面支持するのは、この点からもなおさら、当然である。」

なお、冷戦時代においては、アラブの背後にはソ連がおり、「中東におけるソ連の影響力を封じ込めるために、イスラエルが頑張っている」という支持理由もあった。

 ■■戦前の二大政党制の“根”にあった二大財閥の対立構図


戦前、昭和初年代の《政友会 対 民政党》の二大政党制が、国際舞台における《米ロックフェラー財閥 対 英ロスチャイルド財閥》の対立と密接に結びついていた。
、「政友会・田中義一内閣」(昭和2〜4年)の大蔵大臣・高橋是清と、「民政党・浜口雄幸内閣」(昭和4〜6年)の大蔵大臣・井上準之助を比較してみるとよくわかる。国内的には当時、三井財閥が政友会を財政支援しているのは周知の事実であった(浜口首相は三菱の岩崎弥太郎と同じ土佐出身)。

高橋是清は日露戦争の外債を「クーン・ローブ商会」のヤコブ・シフに引き受けてもらって以来、シフとは家族ぐるみのつきあいだった。ドイツのユダヤ系財閥で、アンチ・ロスチャイルドのワーバーグ家が、ヤコブ・シフと親しかった。高橋是清も当然ワーバーグ家と親しかった。ワーバーグも日露戦争の日本の外債を引き受けてくれている。三井財閥もワーバーグ財閥と親しくしている。 

そして金融界では、《独ワーバーグ=米クーン・ローブ連合》を米ロックフェラー財閥が支援し、これと相対立するのが、《米モルガン=英ロスチャイルド連合》であった。ウォール・ストリートの対立では、《独ワーバーグ(ユダヤ)=米クーン・ローブ(ユダヤ)》 対 《米モルガン(クリスチャン)》の図式であったが、この背後に、《米ロックフェラー(クリスチャン)》 対 《英ロスチャイルド(ユダヤ)〉の英米財閥対立があったのである。

一方、民政党の井上準之助は、関東大震災復興の外債募集でモルガンの番頭トマス・ラモントに国際金融家として認められ、ラモントの指導の下に金解禁政策を実施することになる。

つまり、《民政党=三菱財閥=井上準之助蔵相=米モルガン財閥=英ロスチャイルド財閥》の流れと、《政友会=三井財閥=高橋是清蔵相=米クーン・ローブ商会・独ワーバーグ商会=米ロックフェラー財閥》という流れが、国の内外を貫いて対立していたのである。


 20世紀はアメリカとイギリスの闘いの世紀だった
(ロックフェラー 対 ロスチャイルド)
 

「アメリカのユダヤ人」に戻る