ホツマツタヱ序文と構成

 (最新見直し2009.3.7日)

 ウィキペディアのホツマツタヱ」その他を参照する。

 「ホツマツタヱ序文」(奉呈文)を確認する。ホツマツタエを詠んだ大三輪臣(ミワのとみ)大直根子命(オオタタネコ)の奉呈文、 詞述(ことのべ)の長歌(うた)の三笠臣伊勢神臣(ミカサとみイセのかんおみ)大暁島命(オオカシマ)とがある。


【ホツマツタヱ序文】
 ホツマ序文1
 「ほつまつたゑ」を宣(の)ぶ

 天地(アメツチ)の 開けしときに 
 二神(フタ神)の  トホコにオサム。
 民増して 天照神の 
 御鏡(ミカガミ)を 足して三種(ミグサ)の
 御宝を 授く御孫の 
 臣民(トミタミ)も み安ければや
 臣が祖(オヤ) しいるイサメの。
 「ほつまつたゑ」を宣(の)ぶ

 天地(アメツチ)の 開けしときに 二神(フタ神)の  経矛に治む。民増して 天照神の 御鏡(ミカガミ)を 足して三種(ミグサ)の 御宝を 授く御孫の 臣民(トミタミ)も み(実)安ければや。臣が祖(オヤ) しいる諌めの。
 
 ホツマ序文2
 畏れ身に 隠れ棲みゆく 
 陶(スエ)つ身を。今召さるれば
 その恵み、天に帰りの
 詣で物。ホツマツタヱの
 四十紋(ヨソアヤ)を 編み奉り
 君が代の 末の例(タメ)しと
 ならんかと 畏れ身ながら
 つぼめおく、 これ見ん人は。
 畏れ身に 隠れ棲みゆく 陶(スエ)つ身を。今召さるれば その恵み、天に帰(返)りの 詣で物。ホツマツタヱの 四十紋(ヨソアヤ)を 編み奉り 君が代の 末の例(ため、範)しと ならんかと 畏れ身ながら つぼめおく、 これ見ん人は。
 つぼめおくとは、1・まとめ著す、2・蕾としておくの意。
 ホツマ序文3
 シワカミ(地上守)の 心、ホツマと
 なる時は、花咲く御代の
 春や来ぬらん。
 磯の輪(地)の 真砂はよ(熟)みて
 尽くるとも、ホツマの道は
 幾代尽きせじ。三輪の臣
 オホタタネコが 奉げんと
 234(フモミソヨ、二百三十四)の歳
 謹(つつし)みてヲス。
 ホツマ序文4
 織りつけの うわ(表)の印(記)と
 花押しを 添えて捧げる
 言宣べの歌。
 久方の 天(あめ)が下しる 
 我が君の 代々に伝わる
 冠は 天照神(アマテルカミ)の
 造らせて さおしか(勅使)やつの
 御耳に 聞こしめさる
 織り付けの 表の記ととして 餞押を 添えて捧ぐる 言宣べの歌。久方の 天が下領る 我が君の 代々に伝わる 冠は アマテル神の 作らせて  直御使八つの 御耳に 聞こし召さるる。
 ホツマ序文5
 朝政り あまねく通り
 天照 ををん宝の 
 いもやすく 安国(やすくに)宮と
 称えます 八万年(やよろとし)経て
 肥え(豊饒の意)内の 伊雑(いさわ)の宮に
 をわします 御子おしほみは
 日高見の 多賀の国府(こう)にて
 朝政(アサマツり) 遍く通り  天地 照らす 大御宝の 気も安く ヤスクニ宮と  称えます 八万年 経て 還内 イサワの宮に  御座します 御子オシホミは ヒタカミの タカの首にて 
 ホツマ序文6
 国治む 孫ホノアカリ
 カグヤマ(香久山)の 飛鳥の宮に
 おわします 弟のニニギネは
 新田を開墾し 新治の宮の
 そやよろに 新民(にいたみ)増えて
 名も高き ハラミの宮に
 たみおたし 遂に磯輪上(しわかみ)
 ホツマなる むそよろとしの
 地治む 孫ホノアカリ カグヤマの アスカの宮に 御座します。弟ニニキネは 新治 成す ニハリの宮の 十八万年に 新民 増えて 名も高き ハラミの宮に 民を治し 遂に地上 ほつまなる 六十万年の 
 
 ホツマ序文7
 世をしりて 雷(いかつち)わくる
 いつのかみ ときに御神 
 のたまうは いまニニキネの
 先御霊 クニトコタチの 
 わさみたま 現れ出つと
 かがなえて わけいかづちの
 アマキミ(天皇)と 名付け賜る
 世の始め 天皇(いますへらぎ)の
 世を領りて  雷 別くる 逸の守 時に御神 宣給ふは 今 ニニキネの  幸霊魂 クニトコタチの 業霊魂 現る稜威と 考なえて ワケイカツチの 天君と 名付け賜わる 世の初め 今皇の
 ホツマ序文8
 アマキミ(天皇)は、皆ニニキネの
 稜威(いつ)による 御子、孫、ひ孫の
 末までも、天照らします 
 ををん神 百七十万(ももなそよろ)の
 年おえて 元の日の輪に
 かえまして 青ひと草を
 照らします この故君も
 とみたちも いおやすくぬる(昼働き、夜寝ることができるのです)。
 天君は 皆 ニニキネの 稜威による。子・孫・曽孫の 末までも 天地 照らします 大御神 百七十万の 年を経て 本の日輪に 還えまして 青人草を 照らします。この故 君も 臣民も 気を安く潤る。
 ホツマ序文9
 (アマテルカミの)御恵み 世にあらわせる
 その文(文書)は ホツマツタヱに 
 すくるなし 今世に残る 
 家々の 文もそれぞれ 
 変わりある たれをまことと 
 為し難し かれにひとつを(ここに、一つの例を) 
 あげ記す ふそむのあや(26アヤ(章))に
 御恵み 世に著せる その文は ホツマツタヱに 勝る無し。今 世に残る 家々の 文もそれぞれ 変りある。誰を真と 為し難し。故に一つを 挙げ記す。二十六の文に  
 ホツマ序文10
 「鴨破れて トヨタマヒメも
 渚にて 猛き心に 
 泳がせば  龍や蛟の
 力得て 恙も無みの 
 磯に着く」(鴨船が難破したとき、トヨタマヒメは岸にたどり着こうと、勇猛心を奮い起こし懸命に泳いだ。その泳ぐ様は、まるで龍や蛟の力を得たように力強いものであった) その姿に励まされ供の者達も皆無事に岸に泳ぎ着くことが出来た。この歌も、他の書記では 「船破れて・・・  龍と蛟の  力得て・・・」 トヨタマヒメは龍と蛟の力を得たように・・・と記されており、これはテニヲハの誤りである。「or」と「and」の違い。この様に全て(の伝記)で、それぞれ(七家)に伝わる記録が間違ってたり、異なってたりするのは
 カモ破れて トヨタマ姫も 渚にて 猛き心に 泳がせば 竜やミツチの 磯に着く。これを他所にて  舟破れて 竜とミツチの 力得て これ誤れる テニオハぞ。総て七家の 記し文 異なりがちは
 ホツマ序文11
 初の添え歌を記す。カカンなす 春の等しく 廻り来て 磯の真砂は 磐となる 世世のんてんの(その間幾代にも渡って、祝詞や神楽で守り伝えられて来たのが) 「ホツマツタヱ」の文である。纏向の日代(日代の宮=景行天皇の宮居)の御代に 三笠臣 伊勢の神臣(カンヲミ) オオカシマ(大鹿島命、大暁島命) 247歳 花押を捧げる クニナヅ(オオモノヌシを始祖とするオオタタネコの家に伝わった記録がホツマツタヱであり、アマノコヤネを始祖とするオオカシマの家に伝わった記録がミカサフミである)
 餞の添歌 カカン成す 春のひとしく 巡り来て 磯の真砂は 岩となる 弥々のんてんの ホツマ文かな。まきむきの ひしろの御代に ミカサ臣 妹背の神臣 ををかしま 二百四十七歳 捧ぐ餞押

【ホツマツタヱ構成】
アヤ
アワのうた   アから始まり、ワで終わるので「アワのうた」。「いろはうた」以前の日本古来の48音で、ホツマ48文字を表わす。天の部1アヤに記されている。
フトマニ図 
 トヨケ神(伊勢外宮祭神)が初めてイサナギとイサナミの両神(フタカミ)に天上モトモトアケ(元元明)のサゴクシロ宮に坐す四十九(ヨソコ)神の座席図を五十一文字で表わし授けた。
【ほつまつたゑを展ぶ】 大三輪臣(ミワのとみ)大直根子命(オオタタネコ)の奉呈文
【 詞述(ことのべ)の長歌(うた)】 三笠臣伊勢神臣(ミカサとみイセのかんおみ)大暁島命(オオカシマ)
天の巻 1〜16
きつのなとほむしさるあや 東西(キツ)の名と穂虫(ホムシ)去るアヤ  ワカ姫の恋、和歌(ワカ)初め
あめななよとこみきのあや 天神七代(あめななよ・イサナギ、イサナミ)床神酒のアヤ ヒナ祭りと桃の花
ひひめみおうむとののあや 一姫三男(ヒヒメミオ)生む産殿(との)のアヤ イサナギ・イサナミの御子誕生
ひのかみのみつみなのあや 天照神(ひのかみ)の瑞御名(みずみな)のアヤ アマテル神の誕生と即位  
わかのまくらことはのあや 和歌の枕言葉のアヤ イサナギ・イサナミと和歌の枕言葉
ひのかみそふきさきのあや 天照神(ひのかみ)十二后(ソフきさき)のアヤ アマテル神、中宮セオリツ姫と十二后
のこしふみさかをたつあや 遺言文(のこしぶみ)刑罰(サガ)を立法(たつ)アヤ アマテル神の岩戸隠れとソサノオの流浪
たまかえしはたれうつあや 魂返(たまがえし)悪魔(ハタレ)討つアヤ アマテル神とムハタレ(六魔王)の戦い
やくもうちことつくるあや 八雲(やぐも)打ち琴造るアヤ ソサノオの八岐(やまた)の大蛇(おろち)退治と出雲建国の歌
10 かしまたちつりたいのあや 鹿島立ち釣鯛(つりたい)のアヤ 大国主、出雲を譲る -ダイコクさんとエビスさん
11 みくさゆつりみうけのあや 三種神宝(ミクサ)譲り受けのアヤ 皇太子オシホミミ、三種神器を授かる
12 あきつひめあまかつのあや  アキツ姫(速秋津)天児(あまがつ)のアヤ 天児(あまがつ)・這子(はうこ)の起源
13 わかひこいせすすかのあや ワカヒコ(天児屋根)伊勢鈴鹿(イセスズカ)のアヤ アメノコヤネ(天児屋根)、イセ(伊勢)スズカ(鈴鹿)の教えを説く
14 よつきのるのとことのあや 世嗣祈祝詞(よつぎのるのとこと)のアヤ アマテル神、世嗣(よつぎ)得る祈願の詔のり
15 みけよろつなりそめのあや 御食万物成り初(みけよろずなりそめ)のアヤ 稲荷信仰とキツネの由来(人糞リサイクル農法の草分け) 
アマテル神(天照大御神)の詔のり 健康食(スガカテ・清食)の勧めと万物創成の五化元素
16 はらみつつしむおひのあや 妊娠(はらみ)慎む常陸帯(おび)のアヤ
地の巻 17~28
17 かんかかみやたのなのあや 神鏡八咫(かんかがみやた)の名のアヤ
18 おのころとましなふのあや  オノコロと呪(まじ)なうのアヤ
19 のりのりひとぬきまのあや 乗馬法(のりのり)ヒトヌキマのアヤ
のりのふみてるたえのあや 乗馬術(のり)の紀(ふみ)テルタエのアヤ
20 すめみまことくさえるあや 天孫(スメミマゴ・ホノアカリ、テルヒコ)十種神宝(トグサ)得るアヤ
21 にはりみやのりさたむあや ニハリ宮(みや)造営法(のり)定むアヤ
22 おきつひこひみつのはらひ オキツヒコ(興津彦)火水(ひみず)の祓(はら)い
23 みはさためつるきなのあや 御衣格式八重垣剣名儀(みはさだめつるぎな)のアヤ
24 こゑくにはらみやまのあや 扶桑国(コエクニ)逢莢山(はらみやま)のアヤ コノハナサクヤ姫(木花之開耶姫)桜の誓い
25 ひこみことちおゑるのあや ヒコ尊(みこと・彦火火出見)釣針(ち)を得るのアヤ ヒコホホデミとトヨタマ姫 
26 うかやあおいかつらのあや ウガヤ(鵜茅葦不合)葵桂(あおいかつら)のアヤ トヨタマ姫・葵の返歌 −葵祭の起源  
27 みおやかみふなたまのあや 御祖神船魂(みおやかみふなたま)のアヤ タマヨリ姫に白羽の矢 −神武天皇の誕生
28 きみとみのこしのりのあや  君臣(きみとみ)遺(のこ)し教(のり)のアヤ
人の巻 29~40
29 たけひとやまとうちのあや タケヒト(神武)大和(やまと)討ちのアヤ  タケヒト・大和討ち −神武東征  
30 あまきみみやことりのあや  天皇(アマキミ・神武)都鳥のアヤ
31 なおりかみみわかみのあや 直入神三輪神(ナオリカミミワカミ)のアヤ カンタケ・都鳥の歌 −神武の御世
32 ふしとあわうみみつのあや 富士山(やま)と淡海瑞(あわうみみず)のアヤ 富士山と不老長寿の仙薬
33 かみあかめゑやみたすあや 神崇(かみあが)め疫病(エヤミ)治(た)すアヤ
34 みまきのみよみまなのあや ミマキ(崇神)の御世(みよ)ミマナ(任那)のアヤ  
35 ひほこきたるすまいのあや ヒボコ(日槍)来朝(きたる)角力(スマイ)のアヤ アメヒボコの来朝
36 やまとひめかみしつむあや ヤマト姫(大和)伊勢皇太神(かみ)鎮座(しずむ)のアヤ ヤマト姫、伊勢宮を定む
37 とりあわせたちはなのあや 鶏合わせ(とりあわせ)但馬守橘樹(たちばな)のアヤ タジマモリ、常世国(とこよくに)と橘樹(たちばな)
38 ひしろのよくまそうつあや ヒシロの世(よ・景行期)クマソ討つアヤ 景行帝とヤマトタケルのクマソ征伐
39 ほつまうちつすうたのあや  ホツマ討ち(日本武尊やまとたける東征)十九歌(つずうた)のアヤ ヤマトタケルの東征とオトタチバナ姫
40 あつたかみよおいなむあや 熱田神(あつたかみ)世を辞(いな)むアヤ ヤマトタケ 白鳥の挽歌

【「アワのうた」】
 「アワのうた」は下記の通りである。「言霊歌」であり心身を整える歌とされている。この中に<アワヤ>の3音があり、アは天と父をあらわし、ワは地と母をあらわし、ヤは天地の子供としての人を象徴しているという。その中に大いなる自然観・宇宙観が内包されている。現代の「あいうえお・・・」の「あかさたなはまやらわ」は、「アワのうた」の「あかはなま~たらさやわ」の並び替え順序を変えて、五七調にしていったものということになる。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 

 天神6代目のオモタル(男神)とカシコネ(女神)の時に、両神(ふたかみ)は全国を巡って農業開発に努力しました。民の糧も豊かに、政事も行き届いた平和な国です。残念ながら世嗣子に恵まれず、死後国は再び乱れ無秩序な状態になっていました。そんな時、高天原(たかまがはら)から指名を受けた、タカヒト君(きみ)とイサコ姫はツクバのイサ宮で愛でたく結婚され、イサナギとイサナミとして即位し7代目の皇位を継承します。両神は先ず、葦原中国(アシハラナカクニ・滋賀)で、天神から引き継いだ矛(ほこ)をシンボルに生産力の落ちた農業を復活させます。同時に、国民の言葉が大層なまってお互い通じなくなったのを心配し正そうとされます。男神・女神は声を合わせ、カダガキ(楽器)をかき鳴らしながら、上 二十四音をイサナギが歌い、下 二十四音をイサナミが歌って音声の標準化を図り、農業普及と共に国の再建をしていきました。





(私論.私見)