補足29 「宮顕とルーマニア問題」

 (最新見直し2006.6.20日)

 (れんだいこのショートメッセージ)
 2006.9.12日現在れんだいこが思うのに、当時のルーマニアのチャウシェスク政権がどれほど酷かったのか、その実態を改めて検証する必要がある。なぜなら、チャウシェスク政権崩壊後のルーマニアは、ネオ・シオニストに牛耳られている可能性が強いから。それは、ルーマニアが、米英ユ同盟が仕掛けたフセイン政権打倒イラク戦争にポーランド、ウクライナに次ぐ800名の派兵をしていることで分かる。いわゆる「東欧諸国の民主化の波」とは何であったのか考察せねばなるまい。それはともかくとして、チャウシェスクは、恐らく云われる通りの「身内登用式独裁者」では有ったのであろう。

 チャウシェスク政権をどう評するべきであるのか、ここではそれは問わない。問うのは、チャウシェスク政権崩壊過程で見せた宮顕一派の無責任、卑怯、姑息、居直りのオンパレードの詭弁である。一事万事であるからして、本稿での宮顕一派の酷さが分かれば、後のことも推して知るべしということになるであろう。以下、これを説き明かす。

 2006.9.12日 れんだいこ拝


【「ルーマニア問題」が党内に激震発生するも、宮顕が詭弁で逃げ切る】 
 1989.12月、ルーマニアのチャウシェスク政権が崩壊し、12.25日、ルーマニア特別軍事法廷はチャウシェスク大統領夫妻を処刑した。その戦慄映像が流された。(「1989年当時」の項で記す)

 チャウシェスク政権の崩壊は日共党内に激震を這わせた。この間自主独立路線を押し進めてきた宮顕党中央は、ソ共に続いて中共との論争も経緯しており、かといって民主集中制離れしつつある西欧資本主義諸国共産党との友誼に向う訳でもなく、そうした国際的孤立を免れるかの如くに東欧ルーマニアのチャウシェスク政権を見つけ、1971・78・87年の三度にわたって共同コミュニケ、共同宣言を結ぶ「数少ない友党」として、あからさまな友党ぶりを互いが誇示してきていた。前2回は、宮顕みずからが代表団長としてルーマニアを訪問しており、最後の一回はチャウシェスクと宮顕のあいだの書簡のやりとりを中心に、両氏間の共同宣言という形で行われている。1989.12月にチャウシェスク政権が崩壊するまでチャウシェスク同族支配と秘密警察セクリターテ網が完備したチャウシェスク政権による社会主義体制を賛美し続けていた。

 1979年、日共は、「自由と民主主義の宣言」を発表した。この時、ルーマニア共産党機関紙「スクンテイア」の後継紙「アデバル」の幹部に、概要「現在の東欧諸国の直面する諸問題を基本的に解明したもので先駆的意義を持つ」と語らせている。その上で、宮顕は、「わが党はこの『宣言』を日本での展望として発表したもので、世界のモデルとしたものではないが、東欧の人々がこれを、そのように受け取っていることは興味ぶかい」とコメントしている。つまり、宮顕が、自画自賛する為にルーマニア共産党を利用していたことになる。このようにルーマニア共産党のコメントをわざわざ赤旗に掲載するほど両党は蜜月関係にあり、親密さを誇示する間柄であった。

 この遣り取りが明かされたのは、1990.2.14日の総選挙戦のさなかに出したアピールのなかであったが、このアピールの載った同じ15日付赤旗外信面に、ブカレスト13日発特派員電で、「先駆的意義をもつ『自由と民主主義の宣言』 ルーマニア紙副編集長語る」という記事が同時掲載されていた。世間では、こういうのを「やらせ」と云う。宮顕はこの時も、アピールの裏づけとして「ルーマニア共産党コメント」を利用していた。
 
 そのルーマニアのチャウシェスク政権が降って湧いたようにして崩壊した。同時に政権の腐敗と人権蹂躙の様が暴かれ始めた。この時宮顕党中央が如何に対処したか、これが「宮顕とルーマニア問題」と云われているものである。通常は、宮顕の指導責任が免れず、蜜月時代の疑惑へと向かうべきはずであるが、宮顕はこれまた例によって詭弁を弄した。

 チャウシェスク政権が崩壊するや否や、過去の経過を不問にして、簡単な談話で「あの当時はわからなかった、あの時点では正しかった」と強弁し、一方で当人自身ないしは他幹部名で正当化の弁護論文を赤旗に載せた。

 宮顕は新春インタビューで、「わが党は、過去はどうであろうと、毅然とした正論にたって、すぐそれを公然と批判しました」と述べた。そこでは、かっての共同コミュニケ、共同宣言についても「当事者の一人」という責任逃れの言い方で逃げていた。2.8日、赤旗は、宮顕論文「共産主義運動の劇的な変化と日本共産党の確信」を掲載した。その中で、「ルーマニア側のガードは堅く、破局後暴露されたような、秘密警察とか内戦用地下道とかの生々しい事実を事前に知ることは不可能だった」として、チャウシェスク政権の腐敗の事実を知りえなかったから免責される、という態度を見せていた。
(私論.私見)  宮顕の居直り詭弁考

 宮顕の居直り詭弁は、いつでもどこでも為されているものである。言い逃れの出来ない最初のそれは、「戦前党中央委員小畑査問リンチ致死事件」の際の弁明である。これを知る者は今更驚きはしないが、これを知らない者には耐えられない真実隠蔽、歪曲対応に見えたことだろう。疑問を涌かさなかった者は、「党中央の云うことは毎度その通り」の精神に満ち溢れている幸せ者だろう。

 2006.9.18日 れんだいこ拝

【それまでの赤旗の論調】
 チャウシェスクの経歴は次の通り。1967.12月、大国民議会で、先輩のキブ・ストイカを斥けてみずから国家評議会議長となり、党書記長との兼務により党と国家の権力を掌握した。1969.8月、第10回党大会で、それまで中央委員会の互選によっていた書記長を大会代議員による直接選挙制に改め、書記長を中央委員会より上位におき、党にたいする絶対的支配を確立した。1973.6月、中央委員会総会で、妻のエレナ・チャウシェスクを政治執行委負会のメンバーに加え、現代世界であまり例をみない一族支配に乗り出す。1974.3月、大国民議会で、それまでの国家評議会議長からルーマニア社会主義共和国初代大統領となり、いっさいの国家大権を一身に集中、個人独裁体制を完成した。

 こういう経歴を持つチャウシェスクに対して、宮顕は、1971年の最初のルーマニア訪問のあと、1971.10.11日付の赤旗に載ったインタビュ−のなかで、次のように述べた。
 概要「ルーマニア解放記念のパレードをみて、あそこで示されたルーマニア共産党指導部にたいする大衆の支持の感情というものは自発的なものです。党指導部にたいする熱烈な支持をあらわしていると感じました」。

 この発言は、チャウシェスクの個人崇拝・個人独裁体制にたいする支持、美化以外のなにものでもなかった。ルーマニア国民は、チャウシェスクの圧制下で6万人(チャウシェスク軍事法廷記録)ともいわれる人命の犠牲を払っていたが、宮顕は、チャウシェスク独裁を美化し、その強化に一役買った。いわな氏は、このことについて、「ルーマニア国民にたいし良心の痛みをまったく感じないのだろうか」と指摘している。

 1971年の共同コミュニケは、次のように述べている。
 概要「日本共産党代表団は、ルーマニア共産党が、多面的に発展した社会主義を建設するうえで、注目すべき成果を上げていること、人民を国の政治生活に広範に参加させる社会主義的民主主義を拡大していることを心から喜んだ」(「世界政治資料」1971.9月下旬号)。

 1978年の共同宣言は、、次のように述べている。
 概要「宮本顕治委員長は、ルーマニア共産党の指導下で社会主義建設においてかちとられた大きな成果、社会主義の魅力の高まりにたいして、心のこもった祝意を伝えた」(『日本共産党国際問題重要論文集11』462-463ページ)。

 1979.6.3日、第20回赤旗まつりでは、宮顕は、数万人の聴衆を前に記念演説を行い、次のように褒め上げている。
 「私はルーマニアで見たのでありますが、日本の4DKぐらいの大きさの団地の部屋が200万円から300万円くらいの値段で勤労者に渡されている。私は、社会主義がこういう国民生活を守る点では、資本主義が太刀打ちできないすばらしい達成をしていることを、人類のために喜びたい」。

(私論.私見)

 この宮顕発言は記念的に杜撰な発言である。この時、宮顕が訪ねた家は入居後15年のアパートで、新築の場合は、もちろん日本ほどではないが、宮顕があげている例よりは高く、家計収入対比でもそれなりの負担になっているという当然推量すべき関心が詮索されていない。宮顕にはこういう安逸発言が随所に認められる。れんだいこに云わせれば、元々紅い心を持たない付け刃口舌ゆえにこういうことになる。

 2006.9.18日 れんだいこ拝


【アムネスティのルーマニア問題報告】
 不偏不党、思想・信条にとらわれないことを柱に、世界的に人権擁護のため活動している組織として知られているアムネスティは、1978年の年次報告で、チャウシェスク政権の人権蹂躙を報告していた。1970年代以後、ルーマニアがつねに世界でも有数の人権抑圧国としてとりあげられ、チャウシェスク独裁体制の人権蹂躙は世界周知の事実であった。

 たとえば、宮顕が2回目にルーマニアを訪問した1978年の同年次報告は、次のように指摘しでいる。
 概要「1977年3月の重要な人権アピールに署名した多くの人びとが拘留され、セクリターテ(チャウシェスクの秘密治安警祭)によって計画的に殴打され、虐待された。同アピールは、パウル・ゴマニ(1977年後半に亡命した反体制作家)が発したもので、これには少なくとも 200人が署名していた」。

 これは、ほんの一例であり、アムネスティ・インタナショナルの年次報告は、毎年、数ページを割いてルーマニアの人権蹂躙をきびしく非難していた。1983年にも「ルーマニア…1980年代における人権侵害」と題する全文27ページの英文パンフレットを発行してルーマニアでの人権侵害を詳細に報告していた。

いわな氏が「宮顕の嘘」を公開する】
 この時、宮顕詭弁に火の手を挙げる猛者が登場する。元共産党ジャーナリストの厳名康得(いわなやすのり)氏が、宮顕のこのあまりものウソと強弁に見るに見かねて、サンデー毎日(1990.3.4日号)に手記を寄せ、「元赤旗ブカレスト特派員が宮本共産党を告発!!/私のルーマニア警告はこうして無視された」で告発した。

 (宮地健一氏の「共産党、社会主義問題を考える」の「いわなやすのり『チャウシェスク問題での宮本顕治批判』元赤旗ルーマニア・ブカレスト特派員による告発」にリンク転載されている。いわなやすのり氏自身が「日本の明日のために」の「チャウシェスク問題で宮本顕治批判」に全文掲載している)

 いわな氏とは何者か。いわな氏自身が、「私が歩んだ道」、「日本共産党との決別」で明らかにしている。これをれんだいこ流に整理してみる。

 1931年、東京府の下石神井生まれ。1953.1月、早大在学中に日本共産党に入党。「六全協」前の火焔瓶闘争清算期に党本部勤務員となる。以降、東京・中央区委員会副委員長、東京・中部地区委員会常任委員を経たのち、赤旗編集局に勤務し、校正部記者、整理部記者を経て外信部へ移る。同党機関紙赤旗特派員として北爆下のハノイ特派員、外信部副部長を経て、1977〜80年、同ブカレスト特派員。この間、宮顕の第2回ルーマニア訪問の際には現地特派員として随行取材に同行する。ブカレスト在任中に、「ソ連型社会主義」に根本的疑問をいだき、ひいては、「ソ連型社会主義」の資本主義にたいする優位性を説きつづける日本共産党の基本路線そのものにも批判的になった。なにかと拘束の強い党本部勤務員をやめ、民間企業に就職するかたわら、1982年12月に、イギリスの政治学者マイケル・ウォーラーの『民主主義的中央集権制―歴史的評釈』を翻訳・出版した(青木書店)。1984.7.15日、概要「『人間の顔をした社会主義』を実現するためには、上意下達の軍隊的・官僚的党ではなく、人間的で民主的な党でなければならない。日本共産党の体質は『人間の顔をした社会主義』の理想に合致しない」という理由で離党を通告した。31年余にわたり期間の大部分をいわゆる職業革命家(党専従)として活動してきた。

 この背景に、 「(当時の党中央の)この数ヵ月来の原水爆禁止運動にたいする対応批判」があった。次のように述べている。
 「現指導部の方針と指導は、まさに「狂気の沙汰」といわざるをえません。それは、党と大衆団体の関係において、大衆組織を、党の方針を国民におしつけるための「伝導ベルト」としかみなさなかったスターリン主義とまったく軌を一にするものであります。国家権力をもたない今日ですら大衆組織にたいしこのような強権的介入をおこなって恥じない党が、もし国家権力をにぎるようなことがあれば、「自由と民主主義の宣言」(この「宣言」自体に問題がないわけではありませんが)などは空文化され―ことばの上では「民主的」だったあのスターリン憲法と同様に―、日本の国から自由と民主主義が姿を消し、事実上、ソ連型の「社会主義」社会が誕生することは火をみるより明らかであります」。

 いわな氏は、「日本共産党との決別」で離党事件についても記述している。これについては、「宮顕式党員離党論、離党の不自由考」で検証する。

【いわな氏が、宮顕党中央とチャウシェスク政権との親密ぶり暴露し、宮顕党中央の詭弁を批判する
 こういう経緯を見せ離党していた「いわな氏」は、宮顕系日共ののチャウシェスク政権との親密度を次のように告発した。
 「ここで明らかなのは、宮本氏が、対外政策だけでなく、ルーマニアの社会主義建設、国内体制にたいする肯定的評価、ひいては、この面でのチャウシェスク体制支持にまで深くコミットしていたという事実である。これでも、宮本氏は、チャウシェスクとの親密な付き合いは、対外政策の面での一致に限られでいたと強弁するつもりだろうか」。
 「本当に、あなたに責任ないか」。

 いわな氏は、89.12月のチャウシェスク政権崩壊に見せた「ルーマニア問題」での宮顕の対応を非難した。(いわな氏は、宮本ないしは宮本氏と表記しているが、ここでは宮顕と記す) いわな氏は、宮顕の過去の行状を暴露しつつ、「宮本顕治議長よ、誤りを認めよ」として、「以下の6点について宮本氏の明確な返答を聞きたい」と公開質問した。いわな氏は文中で、チャウシェスクの個人崇拝・個人独裁体制、圧制について、いわな氏自身が早くより指摘し党本部へ報告していたにも関わらず握りつぶされていた経過を明らかにしていた。

 いわな氏の告発は次のような経過を見せて行くことになる。
 アムネスティ報告  チャウシェスク政権の人権蹂躙は、アムネスティ・インタナショナルの年次報告で毎年、数ページを割いて人権蹂躙を報告していた。つまり、度々指摘されていた。
 いわな記者の党への報告  いわな記者は、チャウシェスク独裁政権のひどさに目に余るものがあり、こんな反人民的な政権がいつまでもつづくはずがないことを見抜き、党に報告していた。
 宮顕の居直り的大嘘  にも拘わらず宮顕は、チャウシェスク政権が崩壊するや、チャウシェスク政権の人権蹂躙について知る由も無かったと居直り、様々な詭弁を弄し嘘をついた。
 いわな記者の告発  いわな記者は当事者の一人としての責務から、事情を知らない者が煙巻きされていることに義憤して告発した。初稿がサンデー毎日(1990.3.4日号)に掲載された。
 緒方靖夫(国際部長)が反論  党中央の意向を挺して緒方靖夫(国際部長)が反論。赤旗2.27日付の「変節した『元特派員』の日本共産党攻撃」がその論文。
 いわな氏が反論  いわな氏は、月刊『現代』19905月号に、緒方論文への反論を掲載した。「元赤旗ルーマニア特派員の『爆弾寄稿』」、「宮本顕治議長よ誤りを認めよ」、「歴史に立ち遅れた『日本共産党』を徹底批判する」がその論文。
 木村愛二氏が参戦  この一連の経過に対して、党員ジャーナリスト・木村愛二氏(その後離党)が参戦する。埼玉県委員会宛てに「ルーマニア問題・緊急意見」を提出したのを手始めに遣り取りが始まる。

 いわな記者は告発の裏づけとして次のように云う。
 概要「宮本の第2回訪問の78年当時、ブカレスト駐在で、チャウシェスク同族支配と秘密警察セクリターテ網状況を把握し、党中央に定期報告していた。なぜなら一党独裁国に派遣された資本主義国前衛党機関紙特派員は、相手国から一種の外交官待遇を受け、赤旗掲載記事を送るだけでなく、国内情勢、党内情勢や秘密警察システムなどについての情報収集とその別途報告特殊任務も帯びていたからであった」。

 1979年当時の「ルーマニアの1教師、アムネスティ・インタナショナルに『国家機密』を伝えたかどで告発される」、「ブカレストで逮捕されたギリシャ正教司祭救護のアピール」を外電で党本部に送っており、これは見出しだけであるが赤旗評論版3.5日に掲載されている。

 「宮本はこうした事実をまったく知らなかったとでもいうのだろうか。それとも、チャウシェスク同志が認めない以上、アムネスティ・インタナショナルなど信用できないとでも考えていたのだろうか」と指摘した上で、次のように内部告発した。
 概要「宮本がこれらに目を通していないはずがなく、78年訪問前に、当然(私が送った)ルーマニア定期報告文書を読んでいて、チャウシェスク独裁ぶりやセクリターテの実態を十分知っていた上で、このウソと強弁を押し通している」。
 概要「あの当時、委員長はわかっていた。あの時点での訪問と賛美は誤りだった」。
 概要「宮本は、チャウシェスク独裁を美化し、その強化に一役買った。このことについて、宮本氏はルーマニア国民にたいし良心の痛みをまったく感じないのだろうか」、「ここで明らかなのは、宮本氏が、対外政策だけでなく、ルーマニアの社会主義建設、国内体制にたいする肯定的評価、ひいては、この面でのチャウシェスク体制支持にまで深くコミットしていたという事実である。これでも、宮本氏は、チャウシェスクとの親密な付き合いは、対外政策の面での一致に限られでいたと強弁するつもりだろうか」、「本当に、あなたに責任ないか」。

 いわな氏は、日本共産党のルーマニアとの共同文書の発表についても、次のように言及していた。
 概要「宮本氏の強いイニシアチブと責任で行われたものであるのに、ルーマニア問題での『当事者の一人』というのは、一種の意図的な責任のがれ、すり替えではないか。問題は、あくまで白を黒といいくるめ『宮本顕治無謬』論、『日本共産党無謬』論を押しとおそうとするところにある」云々。

 いわな氏は、更に次のような裏事情をも公開した。当時、社会主義国にいる各赤旗特派員は、宮顕の指示のもとに、「社会主義の優位性について攻勢的な宣伝を書け」と命じられていたことも明らかにした。この背景として次のように記している。
 「現在ブカレストにいる赤旗特派員・志賀重仁氏は、筆者が在任中、留学生として送られてきた青年だが、筆者は、ある日、彼をブカレスト市内のヘラストラウ湖公園に連れていき、盗聴のおそれのない青空の下で、『こんな国をつくるのだったら、人間一生を賭けるに値しない。わたしがルーマニア人に生まれていたら、今ごろは、おそらく監獄に入っているだろう。少なくとも、共産党の幹部にはなっていないよ』と語ったことがある。

 ところで、1976年9月、筆者が特派員としてブカレストに赴任する数日前、当時副委員長で国際委員会責任者だった故西沢富夫氏の部屋に呼ばれた。西沢氏からは、赴任の心得として、『君も長いことベトナムにいってたから分かっているだろうが、今の社会主義にはいろいろ問題がある。だがら、けっして美化しないように、リアルにみて欲しい』といわれた。筆者も、これには大賛成だった。

 ところが、1978年、宮本がルーマニアを訪問し、『手記』でも書いたような美化がおこなわれてから、方針が大きく変わった。とくに1980年衆参同時選挙後、『反共陣営が反社会主義宣伝をやり、社会主義のイメージ・ダウンを図ったため、選挙で後退した。今後は、社会主義の優位性について攻勢的な宣伝をやる。各特派員は、至急、任地の社会主義の優位性について企画を送れ。これは最高指示≠ナある』との指令が外信部から出された。最高指示≠ニは、いうまでもなく宮本の指示である。筆者は、このとき、帰国したら赤旗を辞めようと心に決めた。こんな国を美化させるようではどうしようもないと痛感したからだ(このことは、帰国前に、複数の党員にはっきり伝えてある。いつか、その党員たちの氏名やそのときの会話も明かせるときがくると思っている)」。
 「筆者は、1982年、まだ共産党員だった頃、イギリスの政治学者マイケル・ウォーラー著『民主主義的中央集権制……歴史的評釈』(青木書店)を翻訳紹介したが、その『あとがき』の末尾に、『既存の社会主義国で自由を拘束されている異論者[ルビ:ディシデント]たちに心からの連帯を表明しつつ』と書いた。筆者の願いは、7年後に東欧・ソ連の激動となって実を結んだ。昨年10月、改革に抵抗するホーネッカー時代に東独を訪問したゴルバチョフは、『遅れて来る者は、命であがなうことになる』と批判した。今回の宮本顕治氏に対する筆者の批判が実を結ぶにはおそらくそんなに長い年月は要しないと確信しているが、後は、すベてを第三者の積極的な討論参加と歴史の審判にゆだねることとして、この筆を置きたい」。

 いわな氏は、以上のように書き述べて、概要「どんなすぐれた指導者でも、20年もの歳月のなかでは、言説や態度に矛盾をきたし、誤りを犯すことはありえないことではない。宮本顕治議長よ、誤りを認めよ」と迫った。手記は、この間チャウシェスク政権との蜜月時代を謳歌し、同政権崩壊後その責任をとろうとしない宮顕共産党の姿勢に対して、「党員、国民を愚弄していないか」と、「歴史に立ち遅れた日本共産党を徹底批判する」論調で批判した。


 次のように指摘して締めくくっていた。
 「筆者が間題にしたいのは、そういう矛盾や誤りそれ自体ではない。そんなことは、複雑困難な革命闘争では、むしろ、あって当たり前なのである。レーニンは、必要な場合にはいつでも、『諸君、われわれは間違った』と卒直に誤りを認めたことで知られている。間題は、あくまで白を黒といいくるめ、『宮本顕治無謬』論、『日本共産党無謬』論を押しとおそうとするところにあるのではないか」。

【「いわな論文」に党中央の爬行的反論、いわな氏の反論】
 以上は、「ルーマニア問題」の前半である。これに対し、宮顕は、緒方靖夫氏(国際部長)の署名記事で、赤旗2.27日付の「変節した『元特派員』の日本共産党攻撃」を書かせ反撃した。低劣な人身攻撃で始まるその論法は、 1・天安門事件までチャウシェスクは支持でき、ルーマニアは人権蹂躙国ではなかった。2・だから、それ以前に結んだ声明・宣言は、当時も今も重要な意義をもつ 。3・したがって、宮本顕治氏はルーマニア問題で完全に正しく、まったく誤りを犯さなかった、という粗雑な三段論法であった。この時低劣破廉恥な人格攻撃を異様なまでに加えていた。変節者だとか「落第者」だとかのレッテルを貼り、社会的に批判を封殺するという「伝統的習慣」をここでも見せた。

 いわな氏は、月刊現代1990.5月号に、再反論を掲載した。「元赤旗ルーマニア特派員の『爆弾寄稿』」、「宮本顕治議長よ誤りを認めよ」、「歴史に立ち遅れた『日本共産党』を徹底批判する」で、「社会主義の優位性について攻勢的な宣伝を書け」という宮顕の指示があったこと、当時のルーマニア共産党機関紙スクンティアが「東京にも送られており、日本共産党は、異常なチャウシェスク個人崇拝を容易に知りうる立場にあった」こと、上田耕一郎副委員長が「この国はひでえんだな。女房をナンバーツーにしてんだろ」(同p.103)と発言した事実、「事実、この頃、チャウシェスクは妻のエレナ、息子のニクを始め、一族縁者三十数人を党と国家の要職につけていたこと」を知り得る立場にあった等々を明らかにした。

 この時いわな氏は、宮顕指導の変態性も次のように指摘していた。
 「今の共産党にはもう一つ特異な『民主的マナー』がある。必ず人身攻撃で反論するという『伝統的習慣』である。これまた、かってスターリン主義のソ連・東欧で異論者に“同性愛者”[ルビ:ホモセクシュアル]“寄生生活者”[ルビ:パラシット]などというレッテルを貼り、社会的に批判を封殺した手口と同じである。 要するに、『罪状』を高札に書き連ねて『罪人』の首を街角にさらす、あの中世的“さらし首”、“見せしめ”の思想である。こんな批判をすればお前らもこうなるぞという恫喝である」。

【「ルーマニア問題」に対して木村愛二氏が参戦】
 この一連の経過に対して、党員ジャーナリスト・木村愛二氏(その後離党)が参戦する。この経緯について、木村愛二氏自身が、日本共産党『二重秘密党員』の遺言で明らかにしている。それによると、木村氏は、埼玉県委員会宛てに「ルーマニア問題・緊急意見」を提出したのを手始めに合計3通提出した模様である。いわな氏と赤旗の遣り取り(2.27日の論文及び赤旗評論特集、3.5日の緒方靖夫氏名による論文)に対して、次のように宮顕の責任に言及していた。
 概要「『サンデー毎日』の主張を取る以外にない。ルーマニアの独裁専制支配問題について、少なくとも1979年前後には、かなりの情報が得られていた筈であり、ルーマニアの独裁政権ぶりを疑う材料が十分過ぎるほどあったと判断できるので、党は早めに『情報収集の努力不足と分析の遅れについての反省』を発表すべきである」。
 「『裏切り者へのプライバシー暴露攻撃』もほどほどにしないと、世間常識からかけはなれる。もっと穏やかに、論議になっている主題に関する事実で反論すべき。常に正確な事実を追及し続けるべき。読者に事実が全く分らない人格攻撃から始めている赤旗(2.27日付け)及び『赤旗評論集』(3.5日付け)の緒方靖夫氏名論文の手法を疑問とする」。

 この「木村意見書」は封殺され、逆にこの意見書を提出したことにより木村氏は中央委員会から代々木の本部への出頭を求められた。この時の事を、木村氏は次のように伝えている。
 「そこで経験したのは、それ以前の私の想像を上回る官僚主義の壁の厚さであった」。

 すったもんだの挙句ではあるが、木村氏の意見書「第19回党大会議案についての意見−ルーマニア問題について」が、赤旗評論特集版(特集・臨時増刊第1号に掲載された。次のような文面であった。
 概要「私は、第19回大会決議案(以下、単に『案』)中、ルーマニアに関する部分の大幅な修正を求めます。『案』は、日本共産党がルーマニア共産党と一連の共同文書を発表するなどの友好関係を保ってきた経過についての党内外の疑問を意識しながら、1966年の第10回党大会で定めた『外国の党と関係を結ぶ基準』(以下、単に『基準』)に照らして、いささかの手落ちもないという論調を貫いています。しかし、常識的に考えても、『基準』の適用には自ずからなる限界がありますし、特に日本共産党の場合には、長年にわたって築いてきた『自由と民主主義』の原則を逸脱すべきではありません。いかに生成期社会主義国の限界があろうとも、相手の党が自国内の民主主義と人権を踏みにじり、到底その国の人民を代表すると判断できない場合においては、その状態を単に路線や内政として見逃してよいとするものではないはずです。

 ルーマニアのチャウシェスク政権は、その最後の状況からみて。明らかに『基準』から適用除外されるべき典型例でありました。現在の『案』は、ルーマニアのチャウシェスク政権の変質が『国際的にはっきりあらわれたのは』、昨年の6月の天安門事件にたいしてこれを支持する態度を表明したことだった」(『 』付けは筆者)と記述していますが、これは非常に曖昧です。また、日本共産党が『機敏』な対応をしたと主張するのは、かなり無理があると思います。やはり、遅きに失したという事実を率直に認めるべきでしょう。そういう誠実さこそが日本共産党の伝統でなければなりません。『 』内の部分は「最早だれの目にも明らかになったのは」と修正すべきであって、専門的に国際問題を担当する中央委員会としては、その何年か前に事態を正しく分析して対応していなければなりません。その点の責任と反省を明らかにし、今後の教訓とすべきではないでしょうか。その際、真に問われるものは、事実に対する誠実さであり、今後の情報収集と分析能力改善への期待と信頼ではないでしょうか」。

 木村氏は、国際部の大沼作人氏に呼ばれ、4.13日、和田正名(わだまさな、副部長・中央委員)と勝間田昭(都委組織副部長)が同席、本部会議室にて2時間半の説明を受けた。和田正名の履歴は次の通り。「1929年東京都生れ。1955年から82年まで赤旗編集局。整理部長、外信部長、編集局次長などを歴任。1968年、赤旗特派員として北ベトナム、カンボジア取材。1982年から90年まで日本共産党国際部。同副部長など。現日本共産党中央委員会顧問。以上の経歴から判断して、問題のルーマニアと日本共産党の蜜月時代には、宮本顕治の腰巾着を勤め上げたことが明らかである」とある。

 この和田氏から、すでに赤旗紙面で何度も読んだのと同じ国際問題の基本方針と、「いわなは党破壊の攻撃をしている」、「誤りはない」等の説明とともに「勉強して下さい」、「(権利ばかり主張せずに)党員の義務を果して下さい」との注意を受けた。大沼作人は、前回批判した元赤旗記者の和田とは違って、誠実そうな人柄と見受けたので、少しは期待が持てるのかなと思っていたら、これも前回の意見書で示したように、「国際部長交代。しかし、再び唖然」と言う状態になったともある。

【党中央と木村氏の遣り取り続く】 

 木村氏のこの意見書に対して、中央委員「増田紘一(中央)」の名による反論赤旗評論特集版(特集・臨時増刊第2号「第19回党大会議案についての意見」)に「ルーマニア問題での大きな誤解」が5日後の同誌に掲載された。これに木村氏が反論し、さらに再反論が為されるという具合にエスカレートしていくことになった。

 増田紘一(中央)の「ルーマニア問題での大きな誤解」は、次のように反論している。

 概要「わが党の自主独立の国際路線は人権問題を国際問題としても重視しており、『ルーマニア問題』の場合、人権問題の経緯の中に質的な大きな変化があったこと、国際友党精神から『各国の歴史的条件の違いを無視して、自分を国際的な審判官とする立場をとったり、自己の見解や判断を他に押しつけたりすることはしないという立場』を採ったこと、『チャウシェスク政権末期では実態もことされに隠蔽されていて、人権蹂躙の決定的証拠の把握もきわめて困難』であった。実際には、ルーマニアでの人権蹂躙は、『世界政治』88.9月上旬号で特集的に報道したこと、天安門事件に対する支持表明に対する批判をしている」。

 木村氏は、概要「反論の内容が空疎であり、要するに私が要約して指摘した『資料』問題への具体的な答えはなかった」として、「増田紘一(中央)の名による『ルーマニア問題での大きな誤解』に対する再反論」を送り、これも「赤旗評論特集版・臨時増刊第2号」に掲載された。次のように述べていた。

 概要「私は怒っていたから、当然、手厳しい表現を用いた。この期に及んでも増田(中央)氏は『チャウシェスク政権末期では実態もことさらに隠蔽されていて、人権揉爛の決定的な証拠の把握もきわめて困難』といい張っている。『決定的な証拠』という表現で逃げを打つ用意をしているのかもしれないが、最高裁の真似だけはやめて欲しい。物的証拠資料としてアムネスティ・インタナショナルの年次報告書があるのに、『「実は資料を見ていませんでしただの年次報告書を所持していない』などというのは非礼に失する」。
 「最後に、百聞は一見に如かず、とか。今や日光東照宮よりも著名な「チャウシェスグ宮殿」の敷居を跨ぎながら、その背景に想いを致す点で不十分だった諸氏を、このまま先見性を旨とする科学的社会主義の党の専従者として置くには大いに不安があるので、大会は諸氏に自己批判書と進退伺いの提出を求め、特別監査委員会を設置して個別審議するのが筋であろう」。

 これに対してまたまた再反論が為された。木村氏は次のように評している。

 概要「今度ははっきりと『嘘を付く』に至った(中央)からの再反論が、同誌同特集7号に掲載された。しかし、大会開催の期限の関係で、私からの反論は、最早、受け付けられなかった。そこで、私は、『嘘は許せん。最早、一般のメディアに暴露する以外にない』と電話で抗議し、またもや、代々木本部への出頭を指示されるに至った」とある。

 その後の経過からして問題となったところは、木村氏が「党中央はアムネスティ・イシタナショナルの年次報告書を所持していない」と指摘していたのに対して、増田氏が再再反論で、「それは、客観的事実の間題として間違っているのです。日本共産党本部にはアムネスティ・インタナショナルの年次報告書があります」と述べた上で、「鵜呑みにしない」と付け加えていた下りであった。

 その後の経過からして問題となったところは、「党中央はアムネスティ・イシタナショナルの年次報告書を見ていたのか」から「少なくとも所持していたのか」につき、党中央の見解がくるくると変わることであった。木村氏は、このたびの「意見書」提出よりもずっと以前に代々木の本部への出頭を指示された直後に、文中のように、「中央はアムネスティ・イシタナショナルの年次報告書を所持していない」ことを国際部に確かめていた。ところが、増田は、「それは、客観的事実の間題として間違っているのです。日本共産党本部にはアムネスティ・インタナショナルの年次報告書があります」と見得を切ったことになる。ただし、よく見ると、「あります」という現在形になっており、「当時あった」とは書いていない。

 木村氏は、次のように指摘、批判している。

 「この実に下らないごまかしは、それ以前の現衆議院議員、緒方靖夫のごまかしに発していた。当時の赤旗外信部長・緒方は、ルーマニア特派員の『いわなやすのり』が送ってきたアムネスティ・インタナショナルの報告書の原文などを確かめもせずに、紙屑箱に放り込んでは、チャウシェスク狂いのミヤケンの茶坊主を努め、御殿詣でに付き添っていたらしいのである」。
 「緒方の『嘘』を簡単に繰り返すと、元ルーマニア特派員の『いわなやすのり』の方が挙げたアムネスティ報告の数々と、緒方の反論に出てくるアムネスティ報告は、数だけでなく質も違っているのである。特に、ルーマニアにおける残虐行為についての特集報告が欠落しているのは、致命的である。しかも、この連載で先に記した通りに、1990年春の段階でさえ、中央委員会の国際部を代表し、かつ私をわざわざ呼び出して同じ代々木の本部の一室で会った責任者自身が、日本共産党中央委員会は『アムネスティ報告を所持していない』と答えているのである」。

 党大会後、木村氏は代々木本部の一室で、増田紘一と名乗る反論執筆者本人の中央委員と対決した。この時のことを次のように述べている。
 概要「この時緒方は出てこなかった。最初に増田が、勢いのない声で、弁解とも説教とも付かぬ『日本共産党のルーマニア問題に対する態度』を、おどおど、くだくだ、繰り返した。『いい加減にテープレコーダーを止めろ。こちらは貧乏暇無しで、呼ばれたから仕方無しに来たんだ。そんな弁解は聞き飽きている。緒方がアムネスティの報告を読まずに嘘を付いたことを、党として認めるのか。認めないのか。謝るのか。謝らないのか!』。

 すると、突然、これもどちらか覚えていないのだが、多分、増田が命じて、もう一人のお付き風の男が電話をした。その雰囲気で警備員を呼んでいることが、すぐ分かった。私の叱り声に増田が震え上がっていたからだ。私は、その無礼なやり方に対しても厳しく叱り付けた。確か、『俺は声が大きいが、それはカンカンに怒っているからだ。暴力を振るったわけでもないのに、失礼じゃないか。どうせ呼ぶなら、もっと呼べ。中央委員全員を呼べ。皆の前で同じことを言ってやる!』と言った」。

 この経過で、木村氏は離党していくことになった、とのことである。

【木村氏の貴重見聞証言】
 木村氏はこの時の遣り取りで、ルーマニア問題とは別の次のような貴重証言をしている。
 「その後、日本共産党中央委員会の方が、歯切れは悪いが、ともかく、スターリン批判に転じ、ハンガリー動乱におけるソ連の武力干渉についての当時の見解を修正した。その時に初めて、私は、樺美智子らの除名の政治的経過を知ったのである。以後、特に興味があったわけもないし、忙しくて調べる機会もなかった。そこで、来たついでに聞いてみたのである。それならばなぜ、ささいな規約違反だ何だかんだの経過にこだわらずに中央委員会の方が誤りを認めて謝罪して、樺美智子らへの除名処分や、その後の『トロツキスト批判』を撤回しないのかというのが、私の質問もしくは意見の主旨だった。

 増田との話が、そこまで進んだ時、それまで黙っていたお付きの方が、口を挟んだ。どうやら、そちらの方が年長だったようで、樺美智子らが属していた東大細胞の一団が代々木本部に来て、揉めた時のことを言い出したのである。簡単に言えば『ここで暴力を振るった』というのだが、私が、『若いのが怒れば手ぐらい出るだろ。誰が手を出したのか。誰か怪我でもしたのか』と聞くと、それには返事がない。まるで具体的ではない。誰かが手を出したから、しめたとばかりに、まるごと除名処分して片付けたという感じだった。いずれにしても、警察に届けたわけではないから、何の公式記録もない。ともかく、些細な衝突を根拠に、その後の経過から見れば、正しい主張をしていた若者のグループが、まるごと日本共産党から排除され、しかも、以後どころか、私も直接その姿を見ている樺美智子の場合には、国会の構内で警察官の軍靴と同様の固い靴で蹴り殺され、車の下に蹴り込まれていたというのに、死後にも『トロツキスト』呼ばわりされ続けているのである」。

 木村氏はその後の遣り取りで、次のようなことを明らかにしている。木村氏はその後、「ルーマニア問題」当時『赤旗』の外信部長だった緒方靖夫現衆議院議員と出会う機会があった。その時次のように述べた。
 「ご存じかどうか、私は、例のルーマニア問題では、あなたを党内で批判しましてね。大会向けの意見書ではペンネームの徳永修になっていますが、その関係で2度も代々木に呼び出されたこともあるんですよ。お調べになれば分かるはずです。その後も、日本ジャーナリスト会議で、あなたの衆議院立候補の推薦の要請があった時に、ルーマニア問題での経過から、あなたをジャーナリストの風上にも置けないと批判して反対しました」。 

 緒方の反応を次のように記している。
 「緒方の顔は、当然、明らかに青ざめた。しかし、そこは商売人、周囲には気付かれないように、またしてもニッコリ笑顔を作って、「これからもよろしく」とか何とかしゃべって、私の側を離れた。その動きは、先程よりも、ぎこちなかった。ところが、その間のやりとりを通じて、緒方が、批判の相手の元ルーマニア特派員「いわなやすのり」が挙げたアムネスティ・インターナショナルの報告に関して、その全部、特に重要な特集や、年度報告を読まずに、批判論文を書いていることが、はっきりしたのである。これは、普通の議論でも許せないことだが、緒方の立場ならば日本共産党の規約にも反する行為となる」。


【カストリアディス著「東欧の変革、私たちの変革」】
 カストリアディス著、江口幹訳「東欧の変革、私たちの変革、第一部 私たちにとっての東欧変革」(カストリアディス著、江口幹訳、1990年、径書房)は次のように記している。
「ここは一九六七年以来、共産党書記長、国家評議会議長であり、一九七四年三月に憲法改正で新設された大統領に就任した、チャウシェスクの支配下にあった。東欧ではアルバニアと並ぶ反改革派で、東欧諸国の民主化の動きにもかかわらず、全体主義的な体制は揺るがぬかに見えた。

 しかし、抑圧が激しければ激しいだけ、抵抗は爆発的なものになる。そのきっかけは、西部の都市ティミショアラでの、一九八九年十二月十七日の、チャウシェスク政権反対の大規模なデモだった。軍隊がこれを弾圧、四○○○人を越える死者をだす。二十日、ティミショアラ一帯に非常事態が宣言されるが、同市ではふたたび数万人規模のデモ。

 二十一日、体制維持のための、チャウシェスク大統領の官製演説会が、ブカレストで一○万人を集めて開かれるが、彼の演説の最中、「ティミショアラ万歳! 人殺しチャウシェスク打倒!」の叫び声があがる。会場はたちまち混乱状態におちいり、それを機にブカレストの三、四箇所で数万人が反政府デモをはじめる。治安部隊がそれを弾圧し、翌二十二日にはルーマニア全土に非常事態が宣言されるが、ブカレスト中心部は数十万人のデモ隊に制圧されていた。国軍が民衆側につき、二十数年にわたるチャウシェスク体制は、あっけなく崩壊した。「独裁は倒れた」と、市民たちの間に歓喜の声が沸きあがる。

 ただちに救国戦線が実権掌握を宣言。国軍と治安部隊の戦闘がつづく。二十四日、救国戦線が全土の戦略拠点の制圧を発表。二十五日、チャウシェスク前大統領とエレナ夫人の処刑。二十六日、救国戦線評議会議長(国家元首)に元共産党中央書記のイエリスクが就任する。新政権は1複数主義を進める、2三権分立を徹底する、3新憲法、選挙法制定作業に着手する、などと発表。一九九○年一月十二日、共産党は非合法化される。

 二月九日、救国戦線の政党化にともない、各政党、各少数民族代表を加えた国民統一暫定評議会が、新しい暫定政権として発足。同評議会議長には、十三日、救国戦線評議会議長イエリスクが就任。

 五月二十日、大統領と上、下両院の選挙。救国戦線は旧共産党の影がちらついている、と批判を受ける。しかし、大統領にはイエリスクが得票率八五・一%で当選、救国戦線は上院でほぼ四分の三を、下院では三分のニを占めた。

 その救国戦線の実態をさらけだす事件が、六月十三日、ブカレストで起きる。「形を変えた一党独裁」と新政権を非難する反政府デモ隊を、軍と警察が武力で制圧、五○○人以上の死傷者をだしたのだった。旧体制からの独裁体質が引きつがれているのではないか、チャウシェスクから救国戦線への権力の移行は、旧共産党内の《宮廷革命》だったのではないか、と疑問の声もあがりはじめた。(17〜18p)


【「いわなやすのり氏の告発文全文】
 いわなやすのり氏の告発文「『チャウシェスク問題での宮本顕治批判』元赤旗ルーマニア・ブカレスト特派員による告発」は次の通り。(れんだいこ責編集)
 チャウシェスク問題で宮本顕治批判 はじめに
 1989年11月9日、ベルリンの壁が崩壊し、東欧諸国の民主化が急速に進んだ。「壁」崩壊から1ヵ月半後の12月25日、東欧共産主義独裁政権の牙城ルーマニアで独裁者チャウシェスクが銃殺された。日本共産党は、この独裁者チャウシェスクと1971年の最初の宮本顕治代表団の訪問以来、20年近くにわたり、蜜月のような関係にあった。宮本顕治氏自身が、「赤旗祭り」の講演で直接ルーマニアの社会主義をほめたたえたこともあった。

 ところが、チャウシェスク独裁の崩壊後、日本共産党はそれまでの兄弟的友好関係には口をつぶり、手のひらを返したようにチャウシェスク独裁批判を始めた。1977〜80年、赤旗ブカレスト特派員を務め、宮本氏の第2回ルーマニア訪問の随行取材もしたわたしとしては、日本共産党と宮本顕治氏のこうした無責任・無反省の態度は絶対に許せなかったし、わたしがやらなければだれもできないという思いから、『サンデー毎日』1990年3月4日号に、「私のルーマニア警告はこうして無視された」と題する手記を寄せ、宮本顕治氏と日本共産党を批判した。

 これにたいし共産党は、「赤旗」2月27日付で、「変節した『元特派員』の日本共産党攻撃」と題する緒方靖夫氏(当時、国際部長。現副委員長)署名の「反論」をのせ、低劣な中傷・人身攻撃をおこなった(緒方氏単独署名になっているが、実際は数人による集団執筆で、とくに人身攻撃の部分は、宮本顕治氏自身がつよく介入して加筆させたといわれる。いずれにせよ、宮本氏が全文チェックしたものであり、わたしは宮本論文だと思っている)。

 そこで、『月刊現代』90年5月号に「『宮本顕治議長よ誤りを認めよ』 歴史に立ち遅れた日本共産党を徹底批判する」と題して寄稿し、これに反論した。以下は、その「手記」と「寄稿」の全文である(見出し・前文・小見出し等はいずれも両誌の編集部によるもの)。時間の経過とともに、原文は図書館でも探しにくくなっているので、ここに掲載することにした。日本共産党の「上意下達」の官僚的体質、「共産党無謬論」はいまなお健在であり、私の批判はいまも有効だと思っている。

(1990.3.4日号サンデー毎日)
◆元赤旗ブカレスト特派員が宮本共産党を告発!「私のルーマニア警告はこうして無視された」
 「両被告は人間の尊厳および社会主義の諸原理とあい入れない行為を行い、ルーマニア国民の名において指導者と自称しながらその国民を破滅させる方向で、決定的に暴君として、犯罪者として行動しました」――『チャウシェスク軍事法廷記録』から

  総選挙の結果はご存じの通り。日本共産党は大いに苦戦した。共産党の苦戦については、東欧・ソ連で起きた歴史的激変が社会主義・共産主義のイメージダウンとなり、大きくマイナスに作用したとの見方がもっぱらだが、なかでも、20年来親密な友好関係にあったルーマニアの
チャウシェスク独裁政権崩壊にあたって同党指導部がとった姑息(こそく)な「辻つま合わせ」が、支持者をふくめ国民多数の理解と納得を得られなかったことが、重要な一つの要因としてあげられている。

  そこで、この際、問題をルーマニアにしぼり、「私自身も当事者の一人であった」(『赤旗』2月8日付)宮本顕治氏に尋ねたい。 とりあえず以下の6点について宮本氏の明確な返答を聞きたいと思う。

  〈一〉、日本共産党は、1971年、1978年、1987年の3回にわたり、チャウシェスクとの間で共同コミュニケ、共同宣言を結んでいる。前2回は宮本氏みずからが代表団長としてルーマニアを訪問して調印し、最後の1回はチャウシェスクと宮本氏のあいだの書簡のやりとりを中心に、両氏間の共同宣言という形で行われている。

  前2回については、宮本氏自身、「個人的にもぜひくるようにとくりかえし招待をうけて」(『日本共産党重要論文集G』(280n)、「言わば首脳会談のための訪問」(宮本顕治『激動の世界、日本の進路』152n)と語っている。3回目の共同宣言についてはいわずもがな、いずれも、宮本氏の強いイニシアチブと責任で行われたものである。その意味で、宮本氏の先に引用した「当事者の一人」という言い方は、一種の意図的な責任のがれ、すり替えではないか。

  〈二〉、宮本氏は、『赤旗』に載った今年の新春インタビューのなかで、「そういう態度の変化(天安門事件の擁護、東欧の動きに軍事介入しようという態度などを指す――筆者)が……はっきりしたので、わが党は、過去はどうあろうと、き然とした正論にたって、すぐそれを公然と批判しました」と述べている。「世界の公理に……反する」(同インタビュー)ルーマニアの態度を批判したこと自体、いわば世間の常識からみて当たり前のこと(だからこそ「公理」といえる)で、なにもことさら「き然として行動する党」などと力んで自慢するにはあたらない。

  むしろ、ここで重要なのは、「過去はどうあろうと……」というさりげない一言で、19年間もチャウシェスク独裁体制と友好関係を続けてきたことについての責任を一括棚上げしてしまっていることである。 宮本氏にとって、まさに「過去こそが問題」なのであり、問われているのは「宮本氏の過去」なのである。


 チャウシェスク独裁を美化!

  〈三〉、ルーマニアにおけるチャウシェスク独裁体制・個人崇拝の確立は、概略、次のような過程を経ている。

1967.12月  大国民議会で、先輩のキブ・ストイカをしりぞけてみずから国家評議会議長となり、党書記長との兼務により、党と国家の権力を掌握。
1969.8月  第10回党大会で、それまで中央委員会の互選によっていた書記長を大会代議員による直接選挙制に改め、書記長を中央委員会より上位におき、党にたいする絶対的支配を確立。
1973.6月  中央委員会総会で、妻のエレナ・チャウシェスクを政治執行委員会のメンバーに加え、現代世界であまり例をみない一族支配に乗り出す。
1974.3月  大国民議会で、それまでの国家評議会議長からルーマニア社会主義共和国初代大統領となり、いっさいの国家大権を一身に集中、個人独裁体制を完成。

  ところで、宮本氏は、1971年の最初のルーマニア訪問のあと、1971年10月11日付の『赤旗』に載ったインタビューのなかで、「ルーマニア解放記念のパレードをみて、……あそこで示されたルーマニア共産党指導部にたいする大衆の支持の感情というものは自発的なものです。……党指導部にたいする熱烈な支持をあらわしていると感じました」と述べている。

  この発言は、チャウスシェスク個人崇拝・個人独裁体制にたいする支持、美化以外のなにものでもない。ルーマニア国民は、チャウシェスクの圧制下で6万人(『チャウシェスク軍事法廷記録』)ともいわれる人命の犠牲を払った。宮本氏は、みずからがチャウシェスク独裁を美化し、その強化に一役買ったことについて、ルーマニア国民にたいし良心の痛みをまったく感じないのだろうか。

  〈四〉、宮本氏は、今年の新春インタビューのなかで、「当時対ソ追随が多いなかで、ルーマニアがチェコ侵略に反対という公正な立場にたったこと、……核兵器廃絶の問題でも、共産党間の誤った干渉に反対する立場でも、正当なことをいっていたから、われわれもそういう立場で交流してきたわけです」と述べている。

  どうやら宮本氏がここで強調したいのは、ルーマニアの国内体制を支持したわけではないということのようである。事実はどうか。

  1971年の共同コミュニケには、「日本共産党代表団は、ルーマニア共産党が……多面的に発展した社会主義を建設するうえで、注目すべき成果を上げていること、人民を国の政治生活に広範に参加させる社会主義的民主主義を拡大していること……を心から喜んだ」(『世界政治資料』71年9月下旬号)と述べられている。

  1978年の共同宣言では、「宮本顕治委員長は、ルーマニア共産党の指導下で……社会主義建設においてかちとられた大きな成果、社会主義の魅力の高まりにたいして、……心のこもった祝意を伝えた」(『日本共産党国際問題重要論文集J』462〜463n)と述べられている。

  それだけではない。1979年6月3日の第20回赤旗祭りでは、数万人の聴衆を前に記念演説を行い、このなかで、「私はルーマニアで見たのでありますが、日本の4DKぐらいの大きさの団地の部屋が200万円から300万円くらいの値段で勤労者に渡されている。私は、社会主義がこういう国民生活を守る点では、資本主義が太刀打ちできないすばらしい達成をしていることを、人類のために喜びたい」とまでほめあげている(宮本氏が訪ねた家は入居後15年のアパートで、新築の場合は、もちろん日本ほどではないが、宮本氏があげている例よりは高く、家計収入対比でもそれなりの負担になっている)。

  また、第2回訪問の際、筆者も随行したブカレストのデパート視察で、宮本氏は、見るもの見るもの、「安い」「安い」の連発だった。この「安い」は価格を公定レート(当時、1レイは約0円)で日本円に換算してのことで、労働者の月収との比較はまったく欠落している。当時、労働者の平均賃金は約2000レイ。これにたいし、一例をあげれば、筆者が実際に買った、肩がこるほど重い100%合繊の粗悪なブレザーが485レイ。平均賃金の四分の一に相当する。ルーマニアの勤労者にとって、決して生活は楽ではなかった。

  いずれにせよ、ここで明らかなのは、宮本氏が、対外政策だけでなく、国内体制にたいする肯定的評価、ひいては、この面でのチャウシェスク体制支持にまで深くコミットしていたという事実である。 これでも、宮本氏は、チャウシェスクとの親密な付き合いは、対外政策の面での一致に限られていたと強弁するつもりだろうか。


 「本当に、あなたに責任ないか」
 
  〈五〉、宮本氏は、2月8日付の『赤旗』に載った「共産主義運動の劇的な変化と日本共産党の確信」のなかで、 「ルーマニア側のガードは堅く、破局後暴露されたような、秘密警察とか内戦用地下道とかの生々しい事実を事前に知ることは不可能だった」と弁解している。

  かつてはすぐれた政治家として尊敬したことのある宮本氏から、まさかこんな子どもじみた弁解を聞かされるとは、筆者も思ってもみなかった(『ル・モンド』紙によれば、フランス共産党の指導部も、下部党員からの責任追及にたいし「知らなかった」と答え、失笑を買っているようだが)。

  秘密警察にしろ、地下道にしろ、ルーマニア側が外部の人間に簡単にその存在を明かすはずがないではないか。地下道に至っては、ルーマニア側でもチャウシェスク周辺のほんの一握りの人間しか知らなかったことだろう。 そんなことより重要なのは、アムネスティ・インターナショナルの年次報告で、1970年代以後、ルーマニアがつねに世界でも有数の人権抑圧国としてとりあげられ、チャウシェスク独裁体制の人権じゅうりんは世界周知の事実だったということである。

  たとえば、宮本氏が2回目にルーマニアを訪問した1978年の同年次報告は、次のように指摘している。

 「1977年3月の重要な人権アピールに署名した多くの人びとが拘留され、セクリターテ(治安警察、つまり、チャウシェスクの秘密警察のこと――筆者)によって計画的に殴打され、虐待された。同アピールはパウル・ゴマ(1977年後半に亡命した反体制作家)が発したもので、これには少なくとも200人が署名していた」。

  これは、ほんの一例である。アムネスティ・インターナショナルの年次報告は、毎年、数ページを割いてルーマニアの人権じゅうりんをきびしく非難している。 筆者自身、チャウシェスク政権の人権じゅうりんについて、警告の意味で何回か「情報」を送ったが、紙面に載らないのは別として、「なんでこんな余計なことをするのか」とつよく批判された経験がある。

  宮本氏はこうした事実をまったく知らなかったとでもいうのだろうか。それとも、チャウシェスク同志が認めない以上、アムネスティ・インターナショナルなど信用できないとでも考えていたのだろうか。

  〈六〉、どんなすぐれた指導者でも、20年もの歳月のなかでは、言説や態度に矛盾をきたし、誤りを犯すことはありえないことではない。 筆者が問題にしたいのは、そういう矛盾や誤りそれ自体ではない。そんなことは、複雑困難な革命闘争では、むしろ、あって当たり前なのである。レーニンは、必要な場合にはいつでも、「諸君、われわれは間違った」と率直に誤りを認めたことで知られている。

  問題は、あくまで白を黒といいくるめ、「宮本顕治無謬(むびゅう)」論、「日本共産党無謬」論を押しとおそうとするところにある。 宮本氏は、いまなお、ルーマニア問題でまったく誤りを犯さなかったといい張るのだろうか。それならそれでよい。 日本共産党は、あなたの「名誉」とともに衰退の道をたどるしかないだけのことである。


(1990.5月号月刊現代)
元「赤旗」ルーマニア特派員の「爆弾寄稿」、「宮本顕治議長よ 誤りを認めよ」 歴史に立ち遅れた日本共産党を徹底批判する
 低劣な人身攻撃、言論テロ、批判の封殺――「チャウシェスクとの共同声明」の責任もとらず、宮本氏の名誉擁護に異常な努力を払う共産党は、党員、国民を愚弄していないか
              
 特異な「民主的マナー」

 筆者は『サンデー毎日』3月4日号に手記を寄せ、ルーマニア問題での共産党中央委員会議長、宮本顕治氏の責任を問うた。これに対し、宮本氏は、「赤旗」2月27日付の「変節した『元特派員』の日本共産党攻撃」と題した緒方靖夫氏(国際部長)の証明記事で、低劣な人身攻撃で始まる「反論」をのせた(「反論」の編集部による要約は本文中に随所挿入している)。

 今回、この文章を書くにあたり、何回か「赤旗」の「反論」(以下、「反論」と略す)を読み返してみた。いろいろごちゃごちゃいっているが、結局、その趣旨は、@天安門事件まで、チャウシェスクは支持でき、ルーマニアァは人権蹂躙国ではなかったAだから、それ以前に結んだ声明・宣言は、当時も今も重要な意義をもつBしたがって、宮本顕治氏はルーマニア問題で完全に正しく、まったく誤りを犯さなかった、という粗雑な三段論法に尽きる。

 選挙で500万の得票を得ている野党第3党の最高指導者が、ほんとにこんなことでよいのだろうか。そこで、再度、宮本氏は正しかったかについて事実を明らかにし、この問題をめぐるその政治責任を問いたい。

 まず第一にいっておきたいが、一市民として宮本氏への批判を世に問うたのに対し、元党員であったというだけで、「反論」のなかで筆者が名前を呼び捨てにされるいわれはまったくない。かつて、ある演説のなかで、宮本氏は「共産党は、……除名された連中を敬称で呼ぶ習慣はない。それが共産党の伝統的な民主的なマナー」「(そんな連中まで)立派な市民……扱いはしない。(そうすることが)日本の社会発展に有益なんだ」といったことがある。

 今回の「反論」を読んでまず感じたことは、共産党が政権党になっていなくてよかったということである。筆者は1984年、日本共産党の体質が「人間の顔をした社会主義」の理想に合致しないという理由で離党を通告し、逆に不当に除籍されたが、規律違反やスパイ容疑で除名されたことはない(共産党の規約でも除籍と除名は違う)。もし共産党が政権党だったら、筆者はいまごろ、かつてのソ連・東欧の異論者たちと同様、国外亡命の道を選ぶよりほかなかったろう。

 ところで、今の共産党にはもう一つ特異な「民主的マナー」がある。必ず人身攻撃で反論するという「伝統的習慣」である。これまた、かつてスターリン主義のソ連・東欧で異論者に同性愛者(ホモセクシュアル)∞寄生生活者(パラシット)≠ネどというレッテルを貼り、社会的に封殺した手口と同じである。

 要するに、「罪状」を高札に書き連ねて「罪人」の首を街角にさらす、あの中世的さらし首∞見せしめ≠フ思想である。こんな批判をすればお前らもこうなるぞという恫喝である。万年少数党に甘んずるつもりなら別だが、いつかは政権を≠ニ本気で考えているなら、こんな世間では通用しない「民主的マナー」は早く捨てたほうがよい。


 これでも「自由と民主主義」か

 宮本氏は、2月14日、総選挙戦のさなかに出したアピールのなかで、共産党が1979年に発表した「自由と民主主義の宣言」(以下、「宣言」と略す)に関し、ルーマニア共産党機関紙「スクンテイア」の後掲紙「アデバル」の幹部が「現在の東欧諸国の直面する諸問題を基本的に解明したもの……先駆的意義をもつ」と語ったことを材料に、「わが党はこの『宣言』を日本での展望として発表したもので、世界のモデルとしたものではないが、東欧の人々がこれを、そのように受けとっていることは興味ぶかい」と、例によって「先見性」「先駆性」を自画自賛している。

 ここで、「興味ぶかい」のは、このアピールの載った同じ15日付「赤旗」外信面に、ブカレスト13日発特派員電で「先駆的意義をもつ『自由と民主主義の宣言』 ルーマニア紙副編集長かたる」という記事が同時掲載されるていること。宮本氏は、これをアピールの裏づけとしたつもりだろうが、世間では、こういうのは「やらせ」としかいわない。

 「宣言」が掲げている複数政党制、表現の自由、思想・信条の自由、その他の自由については、当然ながら、筆者をふくめだれでも賛成である。むしろ、このような自明のことをわざわざ「宣言」として出さなければならないこと自体、従来の共産主義運動がいかに歴史に立ち遅れていたかの証明だとさえいえる。

 問題は、宮本氏の率いる今の共産党がこの「宣言」をいつ実行するのかということである。日本での将来の「展望」では困るのである。少数野党に過ぎない現状ですら、元党員が宮本氏を批判したからといって、言論テロにもひとしい人身攻撃で批判の封殺を試みるような政党が政権を取ったら、日本はいったいどうなるだろうか。それとも、今は「市民扱い」しないが、政権をとったら翌日から市民にしてくれるとでもいうのだろうか。そんなことを信用する人はだれもいない。


 破廉恥な人身攻撃

 降りかかった火の粉は振り払わなければならない。今後だれに対しても二度とこのような破廉恥な手口を使えないようにもしなければならない。その意味で、若干の事実をのべておきたい。私事にわたり恐縮だが、我慢してつきあって欲しい。

 (赤旗文)
 巌名(いわな)は(『サンデー毎日』の記事で=編集部注)いかにも自分が先見性ともった大記者であるかのように書いていますが、実は在任中の1978年8月、中国の華国鋒(中国共産党主席=当時)がブカレストを訪問することを知りながら、日本の各社の特派員が取材に駆けつけたのに、唯一の常駐日本人記者であった彼がその期間にささいな私用で一時帰国して取材を放棄したりするなど、万事自分のことが先で、日本共産党の専従活動家としてはもちろん、新聞記者という社会的な使命の意味でも、落第人物だったことを、まず指摘しておきます。
         
 「反論」はまず、華国鋒訪問の取材に関し、筆者が「ささいな私用で」勝手に任務放棄したかのように攻撃している。しかし、事実は次のとおりである。
 筆者は、1976年夏、ブカレストへの赴任に際し、海外出張の手続きをした上、当時住んでいた住宅公団賃貸アパートに「赤旗」記者(その後、ワシントン特派員)を留守番のため入居させていた。本人が更新手続きをしなければ満2年以後は不正入居となるため、78年夏の一時帰国を外信部に申請。3月27日、「宮本代表団のルーマニア訪問後、ルーマニア側費用負担ならOK」との回答を得る。
 バカンス・シーズンで航空便の予約は困難をきわめたが、ルーマニア側の尽力でやっと8月16日発南回りの予約を確保。
 この頃、一時帰国が近いことからアスピリンでごまかしていた歯痛がひどくなり、アスピリンの過度服用で胃も痛み出した(一時帰国後、歯根膜炎、多発性胃潰瘍と診断され、約1ヵ月半、治療。胃潰瘍は、数年後に再発、胃を切除)。
 帰国便確保の直後、華国鋒の訪問が発表され、8月3日、チャウシェスクが党と国家の活動者会議で、国際問題について説明。従来の方針の再確認で、華国法訪問に影響されないことを示唆(この旨コメントした記事を送る)。
 8月7日、一時帰国の最終スケジュールを外信部に知らせ、承認を受ける。この際、外信部長から、国際部の要請として、約1ヵ月前にルーマニア訪問から帰った宮本氏の帰国土産が足りなくなったので、ザンフィル(世界的なパンフルート奏者)のレコードを20枚ほど買ってきて欲しいと依頼があった。急ぐかと聞くと、「お土産だから、早いに越したことはない」との返事。
 8月16日、華国鋒到着の記事を送信した後、ブカレストを発つ。
 一時帰国後数日して、ある全国紙のブカレスト臨時特派員が「華国鋒・チャウシェスクが共同声明」と誤報。宮本氏が「共同声明など出るはずがない。現地に聞け」といいだし、筆者のブカレスト不在が問題とされた。
 宮本氏のお土産の件を除き、以上の経過と反省を文書で提出。それ以後別段の追及はなかった。その後、主治医が英文診断書を持参しブカレストで治療をつづけるとの条件で筆者の帰任を許可し、国際部(つまり、宮本氏)も認めたので、10月6日、ブカレストへ戻る。その際、宮本氏がルーマニアを訪問したおり、ボディー・ガードを務めた治安警察軍少佐への宮本氏からのお礼の品物(柔道着)を託された。
 
 もちろん、以上の事実は、当時の一部関係者を除き、一般の党員も読者も知らない。事実を知らせず、一方的にゆがめるこうした手口が、宮本氏のよく口にする「フェアな」やり方といえるだろうか。「反論」全文をのせた「赤旗評論特集版」にも、いくつか低劣な人身攻撃がみられるが、手口は同工異曲。ばかばかしくて反駁する気にもならない。


 使えなかった「目、耳、足、筆」

 (赤旗文)
 「元特派員」の肩書きを使って巌名がもっとも売り込もうとしているのは、 見出しにもある「私のルーマニア警告は無視された」一件なるものです。彼は、いかにも、当時の自分だけが今日の事態を予知していたかのような大ウソを、平気で書いています。

 赤旗編集局には、巌名が当時連絡としてブカレストから送ってきた「パリ発AFP(フランス通信)」記事の和訳があります。これに添えられた本人の連絡文には「この数日間に、ルーマニアにおける人権問題にふれたAFPの報道3通の全文翻訳(見出しもAFPによる)を手便に託して送ります。もちろん、内容の真偽、確度については確認の方法がありません」とあります。彼自身なんの確信もないこの種の、未確認情報の記事の転送を、今になって「警告」だった、故意に無視されたと、勝手に作り上げているだけです。彼が「つよく批判された」のは、どこでも入手できるパリ発の外国通信の翻訳をわざわざ送ってくるよりも、自分の目、耳、足で仕事すべきだという、特派員としての仕事の仕方だったのです。(赤旗文引用以上)

 「反論」は、筆者が警告の意味でルーマニアの人権問題についてのAFP電を訳し手便に託したことについて、「目、耳、足」で仕事しないやり方を批判したのだと中傷している。

 開き直りもいいところである。その国の指導者が「わが国に人権問題など存在しない」と公言しているなかで、ブカレストを始め、当時、社会主義国に派遣されていた「赤旗」特派員が、生活費、通信費などの財政問題を含め、「目、耳、足」を使って自主的に取材できる状態にあったかどうか、筆者の口から説明するまでもなく、宮本氏のほうがよく知っているはずではないか。

 このAFP電は、あるルーマニアの教師がアムネスティ・インターナショナル(以下、アムネスティと略す)に人権侵害を訴えたため「国家機密」漏洩罪で逮捕されたとことなどを扱った記事である。電話やテレックス、郵便などで送るのは「危険」なため、信頼のおける旅行者に託したものである。

 後述するように、当時、社会主義国にいる各「赤旗」特派員は、宮本氏の指示のもとに、「社会主義の優位性について攻勢的な宣伝を書け」と命じられていた。筆者が「どこでも入手できるパリ発の外国通信をわざわざブカレストから(原文は傍点つき)送ったのは、こうした方針に対する無言の抵抗であり、警告であった。

 「内容の真偽、確度については確認の方法がありません(原文は傍点つき)」と書き送ったのも、ほめること以外に「目、耳、足」どころか「筆」も使えない「赤旗」特派員の境遇を皮肉ったものである。それとも、宮本氏は、今になって、当時、筆者が人権問題などルーマニアのひどい現実を自主的に取材することを期待していたとでもいいだすのだろうか。


 王様は裸だった?

 「反論」は、筆者が「自分が先見性をもった大記者であるかのように」書き、「当時の自分だけが今日の事態を予知していたかのような大ウソを平気で書いて」いると、口汚くののしっている。

 筆者は、1972年、ハノイ在任中、同僚の「赤旗」特派員とともに、日本ジャーナリスト会議の奨励賞を受賞したことがあるが、別に自分を「大記者」などとは思っていない。土台、チャウシェスク独裁政権がどんなにひどいものか、こんな反人民的な政権がいつまでもつづくはずがないということは、当時あの国に住んだ人ならだれでも感じていたことで、格別の能力や「先見性」など必要としない。

 ブカレスト在任中の日記の78年1月23日付に、筆者は、「英雄のなかの英雄」「天才政治家」などの賛辞であふれたチャウシェスク生誕60周年記念記録映画をみせられた感想として、「個人崇拝、窮まれり」と記している。当時のルーマニア共産党機関紙「スクンテイア」は、全ページにチャウシェスクの写真を大きく掲げ、こうした賛辞を連ねていた。

 重要なことは、こうした「スクンテイア」紙は東京にも送られており、日本共産党は、異常なチャウシェスク個人崇拝を容易に知りうる立場にあったことである。それだけではない。その半年後の宮本氏の2回目のルーマニア訪問に副団長格で同行した上田浩一郎副委員長は、他の代表団員も何人か同席した代表団宿舎での雑談で、「この国はひでえんだな。女房をナンバーツーにしてんだろう」と筆者に語っている(事実、この頃、チャウシェスクは妻のエレナ、息子のニクを始め、一族縁者30数人を党と国家の要職につけ、同族支配体制を固めており、党幹部の人事は妻のエレナがにぎっていた)。

 それ以前の77年8月、村上弘氏(当時、副委員長)がルーマニアを訪問した際にも、学生らブカレスト在住の党員数人とともに現地の実情を話し、村上氏は「よく分かりました。やはり、こういう話は代表団の公式会談だけでは分かりませんね」と納得してくれている。

 筆者が疑問に思うのは、代表団宿舎で雑談に加わっていたあの幹部諸氏や村上氏は、なぜ今日に至るまで宮本氏に率直に自分の意見をいえなかったのかということである。なぜ、王様を裸にしておいたのかということである。

 筆者は、ベトナム、ルーマニア駐在の体験から、つねづね、「人間の顔をした社会主義」実現のためには、上意下達の軍隊的、官僚的な党ではなく、人間的で、民主的な党でなければならないと考えている。政治路線の転換と民主集中制の廃止ないしは大幅手直しが並行的におこなわれたソ連・東欧の現実も、このことを証明している。

 宮本氏は、今年の新春インタビューで、「民主集中制ということは……集中民主制でもあります。みんなの意見を最大限にくみあげ、それをまとめて……同じ方向をかかげることは政党政治として当然」と大見えを切っている。だが、側近の指導的幹部でさえ宮本氏に率直にものがいえなかったとすれば、今の共産党に「民主」はなく「集中」(つまり、軍隊的・官僚的な上意下達)しかないということになりはしないか。


 アムネスティを侮辱

 (赤旗文)
 巌名は、なんとかして自分の言い分を根拠づけるために、「アムネスティ・インタナショナルの年次報告で、1970年代以後、ルーマニアがつねに世界でも有数の人権抑圧国としてとりあげられ、チャウシェスク独裁体制の人権じゅうりんは世界周知の事実だった」から、71年、78年に、宮本議長がルーマニアを訪問したのは、チャウシェスク独裁体制を支援するものとなったのであり、その党と関係をもつことは、誤りであったといっています。

 そのアムネスティがもっとも重視して報告書を発行しているのは拷問についてですが、73年12月のパリでの国際会議に提出された報告は、ルーマニアについて「64年以前には、肉体的、精神的な拷問がおこなわれ、拷問の結果多くの人々が死んだことが明らかにされた。しかしその後、アムネスティ・インタナショナルはルーマニアから拷問に関するこれ以上の申し立ては受けとっていない」(「アムネスティ・インタナショナル拷問報告書」(1974年発行)とあります。チャウシェスクが書記長になったのは65年です。年次報告には、80年代に入ってルーマニアの記述がありますが、これは、訴えがあれば記載されるというもので、ほとんどの社会主義国、発展途上国、さらにアメリカ、フランス、イギリス、日本をふくむかなりの数の資本主義国からの個々の訴えが取りあげられているものです。ここでルーマニアがとりあげられたことをもって、即人権侵害の国と断定することができないことは明白です。

 どうみても、巌名が金科玉条とするアムネスティの資料にもとづいても、70年代以来、「チャウシェスク独裁体制の人権じゅうりんは世界周知の事実」ということにはならないのです。彼自身が、1979年、特派員時代に、確認すらできないと外電の翻訳で送っていたルーマニアでの「人権問題」を、日本共産党が71年、78年当時非難しなかったからけしからん式の断定は、まさに時間を超越した空論といわねばなりません。(赤旗文引用以上)

 周知のように、アムネスティは、不偏不党、思想・信条にとらわれないことを柱に、世界的に人権擁護のため活動している組織である。ソ連・東欧のかつての異論者たちの心の支えとなり、間接的に、今日のソ連・東欧の民主化に貢献をしてきた。ところが、「反論」は、いきりたつあまり筆をすべらし、以下の3点でアムネスティの活動を歪曲、侮辱している。

 「反論」は、アムネスティ年次報告が、「80年代に入って」初めて、ルーマニアをとりあげたかのように書いている。だが、現に、筆者の手元には1974年から89年までの英文年次報告のルーマニア部分のコピーがルある。すべて、2〜3ページを割き、人権侵害を詳細に報告している。このような公刊物の存在を共産党は知らないのであろうか。それとも、知りながら、故意に党員・読者をだましているのだろうか。

 「反論」は、アメリカ、フランス、イギリス、日本さえ載っているのだから、ルーマニアを人権侵害国とは断定できないといっている。ところが、日本、アメリカについては死刑が廃止されていないこと、フランスについては宗教上の理由からの「良心的兵役拒否」が認められていないこと、イギリスについては北アイルランド紛争で治安部隊による武器使用がおこなわれたことなどが報告されているだけである。あのルーマニアと同列に扱うことは到底許されない。

 アムネスティは1983年、「ルーマニア――80年代における人権侵害」と題する、全文27ぺーの英文パンフレットを発行している。このようなパンフレットがわざわざ発行された国は、過去にさかのぼっても、アルバニア、ケニア、バングラデシュなど数ヵ国に過ぎない。パンフレットの裏表紙には「ルーマニア当局は、国際的に承認された人権、とりわけ、表現の自由、外国移住の自由、拷問、その他、犯罪的で非人間的ないしは尊厳を傷つける取り扱いを受けない自由を、一貫して侵害してきた」とのべ、明確に人権侵害国として告発している。

 宮本氏は、これでもなおかつ、ルーマニアを人権侵害国と「断定することができない」というのか。いまなお、盟友<`ャウシェスクの名誉を擁護してやるつもりなのだろうか。


 いつから「暴君」になったのか?

 (赤旗文)
 時間をとびこえた「辻つま合わせ」

 宮本議長は、71年、78年に他の国とともにルーマニアを訪問し、共同文書を発表しました。また、87年には、両党首脳が直接の会談をすることなく、共同宣言をまとめました。これらは、世界政治と世界の共産主義運動にとって、当時も今日も重要な意義をもつものです。巌名は、こうしたルーマニア共産党との関係が、「チャウシェスク独裁を美化」しているというのです。それを「証明」しようと、巌名は、71年の訪問のさいの共同コミュニケから引用し、また、宮本議長がインタビューでのべた感想をもちだしています。

 71年というのは、68年のチェコ事件にあたってルーマニアの党が、チェコ侵略と干渉に反対してから3年後です。国内には、自主独立の路線を支持する状況がみられました。しかも宮本議長ののべたことのなかに、チャウシェスク個人の名はいっさいないにもかかわらず、巌名は、71年のこの発言をもって、「個人崇拝・個人独裁体制にたいする支持、美化以外のなにものでもない」と断定するこじつけをおこなっています。

 巌名は、宮本議長の78年のルーマニア訪問のさいにも、チャウシェスク政権の国内体制を支持したとして、 このときの共同宣言を引用しています。チャウシェスク政権が89年12月に崩壊したからといって、1965年に同政権が成立して以後、一貫して反人民的な政権であったと断定し、チャウシェスク政権下の国内問題はいっさい否定的に扱うべきだなどとするのは、事実にそってことを論じる者のやることデはありません。

 日本共産党は、チャウシェスク政権が昨年6月の天安門事件のさいの武力弾圧を支持したことを重視し、金子書記局長らを派遣して誤りを率直に指摘しました。さらには、8月のポーランドでの「連帯」主導の政府の成立を阻止するために、ワルシャワ条約機構の介入をよびかけたことを重大視し、批判的見地を「赤旗」で明らかにしました。ルーマニアがこうした動機からよびかけた「社会主義の防衛」のための諸党の国際会議の提案にたいしては、宮本議長が書簡によって、きっぱりとした反対の立場を表明しました。

 こうした事実にもとづき、宮本議長は新春インタビューで、「わが党は、過去はどうであろうと、き然とした正論にたって、すぐそれを公然と批判しました」のべました。巌名は   、「19年間もチャウシェスク独裁体制と友好関係を続けてきた」などと、チャウシェスク政権の全期間を独裁と決めつけたうえで、日本共産党の「責任」を追及したつもりでいます。(赤旗文引用以上)

  チャウシェスクは、党書記長に選ばれる前の年の1964年、ブカレストの党アカデミーでの講演で、ソ連共産党との関係悪化はスターリンの遺産との断絶を意味しないと説明し、「学生諸君が、マルクス・レーニン主義の基本文献として、スターリンの『レーニン主義の諸問題』の学習をつづけるよう、率直に提唱し呼びかける」と強調している。チャウシェスクは、根っからのスターリン主義者だった。このような人物が党と国家の権力を独占したらどうなるか。結果は、ルーマニアの悲劇が雄弁に物語っている。

 「反論」は、ごちゃごちゃ書き並べながら、「チャウシェスク政権が89年12月に崩壊したからといって、……チャウシェスク政権下の国内問題はいっさい否定的に扱うべきだなどとする」のは、「時間をとびこえた『辻つま合わせ』だと非難している。

 ところで、つい最近、「赤旗」3月4日付で興味深い記事を読んだ。昨年12月にチャウシェスク夫妻を裁いた裁判長が「神経衰弱」で自殺したという、ブカレスト特派員電による報道である。興味深かったのはその見出しである。なんと、「暴君裁いた裁判長が自殺」となっているではないか!

 そこで、逆に質問したい。天安門事件以後「変質した」というのは以前から「赤旗」でも読んだことがあるが、宮本氏は、いったい、チャウシェスクがいつから暴君になり、いつまでは暴君でなかったと考えているのか。天安門事件以前なのか以後なのか、ルーマニア国民にたいする責任上からも、はっきりしてもらいたいものである。


 ルーマニア国民を愚弄

 (赤旗文)
 巌名は最初に、日本共産党のルーマニアとの共同文書の発表について、「宮本氏のつよいイニシアチブと責任でおこなわれたものである」のに、ルーマニア問題での「当事者の一人」というのは、「一種の意図的な責任のがれ、すり替えではないか」といっています。日本共産党は、集団指導の党であり、党の最高責任者でも「当事者の一人」というのが当然です。

 巌名は、1987年の共同宣言を攻撃していますが、日本共産党が事実上イニシアチブをとったこの文書の意義を、宮本議長は、「世界情勢と世界の共産主義運動の現状を憂慮してまとめられたこの共同宣言は、わが党のイニシアティブが中心になったもので、その主題・論点いずれも、歴史的意義をもちうるものである」と堂々とのべています。

  反共に転落したものの姿
  巌名は、最後に「問題は、あくまで白を黒といいくるめ『宮本顕治無謬』論、『日本共産党無謬』を押しとおそうとするところにある」と断じて、日本共産党は、「衰退の道をたどるしかないだけのことである」とのべています。いうまでもなく、日本共産党は科学的社会主義の党であり、「無謬」論に立つものでもなく、歴史を書き替えるようなことはありません。巌名の今回の売文が示しているのは、転落者が反共キャンペーンに加担するにいたったあわれな姿だけです。(赤旗文引用以上)

 筆者の手記と「赤旗」の「反論」を読んで、ある法律研究者は次のように語った。「山口組が警察と喧嘩していた。共産党は山口組がやくざ組織だとは知らずに、山口組と手を結んで警察に反対する共同声明を出した。後になって、山口組がやくざ組織だとわかったが、共産党は、不当な警察に反対する正しい内容の共同声明だから当時も今も重要な意義をもっている、といいはっている」という感想である。

 「反論」は、宮本氏がチャウシェスクとのあいだで結んだ共同声明・宣言は、先に引用した要約に示されているように、「当時も今日も重要な意義をもつものです」と強弁している。

 ほんとにそれでいいのか。党員・読者、ルーマニア国民を愚弄するのもいい加減にしてもらいたい。この論法でいけば、ヒトラーとの共同声明さえ、状況が必要とし、内容さえよければ、今日でも意義があるということになってしまう。共産党は、なぜ宮本氏の名誉の擁護にかくも異常な努力を払うのか。共産党の宮本氏なのか、それとも宮本氏の共産党なのか。

 筆者は、なにも宮本氏の全生涯を否定するつもりはない。過去の一定の功績を認めるにもやぶさかではない。ただ、ルーマニア問題での「宮本顕治無謬」論だけは、絶対に許せない。間接的にしろ、ルーマニアでのチャウシェスク独裁を支え、結果として、ルーマニア国民の「魂を鉄鎖でつなぐ」(チャウシェスク軍事法廷全記録)ことに一役買い、ルーマニア国民に血の犠牲を強いたからである。「この子が大きくなる頃には、ルーマニアもいい国になってるだろうか」とブカレストで筆者に問うた、生後数ヵ月の息子をもつあるルーマニア人の父親の切ないことばが、今も耳の底に鳴りひびいているからである。


  宮本氏の「最高指示」

 現在ブカレストにいる「赤旗」特派員志賀重仁氏は、筆者が在任中、留学生として送られてきた青年だが、筆者は、ある日、かれをブカレスト市内のヘラストラウ湖公園に連れていき、盗聴のおそれのない青空の下で、「こんな国をつくるのだったら、人間一生を賭けるに値しない。わたしがルーマニアに生まれていたら、今ごろは、おそらく監獄に入っているだろう。少なくとも、共産党の幹部にはなっていないよ」と語ったことがある。

 ところで、1976年9月、筆者が特派員としてブカレストに赴任する数日前、当時副委員長で国際委員会責任者だった故西沢富夫氏の部屋に呼ばれた。西沢氏からは、赴任の心得として、「君も長いことベトナムにいってたから分かっているだろうが、今の社会主義にはいろいろ問題がある。だから、決して美化しないように、リアルにみて欲しい」といわれた。筆者も、これには大賛成だった。

 ところが、1978年、宮本氏がルーマニアを訪問し、「手記」でも書いたような美化がおこなわれてから、方針が大きく変わった。とくに80年衆参同日選挙後、「反共陣営が反社会主義宣伝をやり、社会主義のイメージ・ダウンを図ったため、選挙で後退した。今後は、社会主義の優位性について攻勢的な宣伝をやる。各特派員は、至急、任地の社会主義の優位性について企画を送れ。これは『最高指示』である」との指令が外信部から出された。

 「最高指示」とは、いうまでもなく宮本氏の指示である。筆者は、このとき、帰国したら「赤旗」を辞めようと心に決めた。こんな国を美化させるようではどうしようもないと痛感したからだ(このことは、帰国前に、複数の党員にはっきり伝えてある。いつか、その党員たちの氏名やそのときの会話も明かせるときがくると思っている)。

 筆者は、1982年、まだ共産党員だった頃、イギリスの政治学者マイケル・ウォーラー著『民主主義的中央集権制――歴史的評釈』(青木書店)を翻訳紹介したが、その「あごがき」の末尾に、「既存の社会主義国で自由を拘束されている異論者(ディシデント)たちに心からの連帯を表明しつつ」と書いた。筆者の願いは、7年後に東欧・ソ連の激動となって実を結んだ。

 昨年10月、改革に抵抗するホーネッカー時代に東独を訪問したゴルバチョフは、「遅れて来る者は、命であがなうことになる」と批判した。今回の宮本顕治氏に対する筆者の批判が実を結ぶにはおそらくそんなに長い年月は要しないと確信しているが、後は、すべてを第三者の積極的な討論参加と歴史の審判にゆだねることとして、この筆を置きたい。


 おわりに

 わたしのこの反論にたいして宮本顕治氏側からの再反論はなかった。たしかに、『月刊現代』が発行されて数日後、大沼作人氏署名のわたしにたいする攻撃文が「赤旗」に掲載されたが、時間的にみても、内容から見ても、わたしの反論を読んでから書かれたものではなく、それ以前に書かされ、宮本氏の検閲を受けたものであることは明らかだった。『月刊現代』編集部の担当者も「なにも新しいことはありませんね。これでは再反論に値しない」と言っていた。

 この大沼作人氏は、わたしのブカレスト特派員の前任者で、帰任後、ふたたび外信部長を務め、わたしの「一時帰国最終スケジュール」にゴーサインを出した当の責任者である。大沼論文の内容はほとんど記憶にないが、自分がゴーサインを出した事実にふれていなかったことだけは確かである。

 緒方靖夫氏についても、一言しておきたい。緒方氏は、ルーマニア語修得のためブカレストに留学生として党から派遣され、わたしがブカレストに赴任するのと入れ違いに帰国した人物である。留学生という身分上、わたしよりも自由にルーマニア人に接触する機会があり、チャウシェスク個人崇拝やルーマニア社会主義の実情について、わたし以上に知っていたはずの人物である。わたしが反論のなかで「チャウシェスク独裁政権がどんなにひどいものか、こんな反人民的な政権がいつまでもつづくはずがないということは、当時あの国に住んだ人ならだれでも感じていたことで、格別の能力や『先見性』など必要としない」と書いたのは、緒方氏を念頭に置いてのことだった。 また、「重要なことは、こうした『スクンテイア』紙は東京にも送られており、日本共産党は、異常なチャウシェスク個人崇拝を容易に知りうる立場にあったことである」と指摘したのも、ルーマニア語の専門家として、国際部の机の上で毎日「スクンテイア」紙を読むことのできた緒方氏の責任を問うためである。

 緒方氏が、共産主義者としての良心にかけて、帰国後、ルーマニアの実情を党に報告し、「スクンテイア」紙の異常なチャウシェスク個人崇拝について指導部の注意を喚起してさえいれば、日本共産党は、あそこまでいくまでに、もっと早く対ルーマニア政策を是正できたはずである。しかし、宮本氏の忠実な「お小姓」である緒方氏には、宮本氏がルーマニアにべたぼれしている以上、それは不可能だったのだろう。というよりも、そんなことに頭が働かないのが、党エリート官僚の特性といえよう。いずれにせよ、緒方氏にはわたしを批判する資格が根本的に欠けていたことをあらためて指摘しておきたい。

 最後に、わたしの反論が、当時の党内でかなりの反響を呼び、その後開かれた第19回党大会に向けての『赤旗評論版 大会議案についての意見特集』には、党員でもないわたしの意見を支持する投稿が数十通寄せられた。わたしを批判する投稿のなかにも、わたしが反論のなかで触れたマナーを踏まえ、「巌名氏」と敬称つきのものもあった。

 そして、より重要なことは、次の第20回党大会で、党規約「前文」第3項の民主集中制に触れた部分に、 「討論は、文書であれ口頭であれ、事実と道理にもとづくべきであり、誹謗、中傷に類するものは党内討議とは無縁である」という一句が挿入され、これ以後、党大会に向けての「赤旗評論版」特集では、党中央にたいする批判的言論は完全に姿を消した。いうまでもなく、「誹謗、中傷に類するもの」であるかどうか判断するのは、時の指導部である。これでは現在の多数派指導部は永久政権を保障されたようなものであり、党内民主主義のかけらもないといわざるをえない。現に、わたしが『週刊金曜日』編集部にいたころ、某国立大学の著名な学者が、わたしの宮本顕治批判にも触れ、党大会へ向けて意見書を投稿したところ、「党を誹謗、中傷するもの」との理由で掲載を拒否された事実がある。

 いま、共産党は「死滅寸前」の状態にある。下部党員のなかには党中央にたいする不満や批判がうっ積している。そんな時期だからこそ、党員の自由な意見を解放し、党の根本的再生を図るべきではないか。しかし、「そんなことをすれば自由分散主義になり、党は壊滅してしまう」というのが現指導部の危ぐするところであろう。だが、そういう党の在り方、民主集中制の在り方こそ、こんにちの党の危機を生んだ根本原因であることを知るべきである。

 ともあれ、宮本顕治氏側からの再反論はなかった。わたし自身は、いまでも宮本顕治氏側が誤っており、わたしの方が正しかったと思っている。

 (2006.8.19日)




(私論.私見)