446 マルクス主義運動の世界各国での否定的史実

通史
ソ共の党内抗争、スターリン粛清
中共の党内抗争
朝共の党内抗争
中共の内戦・文化大革命
ポルポトの大虐殺
朝共の「拉致事件」





(私論.私見)


○スターリンの拡張主義政策

○1951.12月ポーランドに非常戒厳令。救国軍事評議会の軍事独裁政権誕生。


○ソ連の第20回党大会におけるフルシチョフの秘密報告とスターリン批判。
○1963年中ソ論争
○1965年インドネシアのクーデター失敗。
○1966年毛沢東の文化大革命。
○1968年チェコスロバキアのプラハの春とソ連、ワルシャワ軍による武力的弾圧
○1970ポーランド食料品値上げ反対の労働者蜂起、ゴムルカ党第一書記退陣。
○1970.11月チリで人民連合政権成立と3年後の1973年の軍のクーデターによる崩壊。
○1974年ソ連のノーベル賞作家ソルジェニツィン逮捕、国外追放。収容所群島
○1974.4月ポルトガルに共産革命、翌1975年に同革命政権崩壊。
○1975.4月ベトナム戦争終結。
○この頃、カンボジアのポル・ポト政権による大量虐殺。
○1979年カンボジアにベトナムの傀儡政権(ヘン・サムリン)誕生、ベトナム軍のカンボジア浸入。ラオスもベトナム軍に制圧される。難民流出の激化。ベトナムのポートピープル問題。
○1979.12月ソ連軍がアフガニスタンに侵攻。アミン首相ら処刑される。
○1980年ポーランドの自主管理労組連帯、経済的窮乏を契機に市民革命に起ち上がる。

1989年ベルリンの壁崩壊。

○1991年末ソ連邦崩壊。



文化大革命考

ポルポト1977・北京演説

ポルポト演説 in 北京 1977

1977年9月28日,ポルポトの北京での演説

『北京周報』日本語版1977年10月11日号より

(強調は山下による)


敬愛する華国鋒主席
敬愛する葉剣英副主席
敬愛するトウ小平副主席
敬愛する李先念副主席
敬愛する汪東興副主席
尊敬する中国のその他の指導的同志
尊敬する使節閣下およびご夫人のみなさん


親愛なる同志のみなさん
中国共産党中央委員会および中華人民共和国政府の革命の兄弟としてのあたたかいお招きで、われわれカンボジア共産党・民主カンボジア政府代表団はこのうえない喜びを胸に、偉大な、光栄ある中華人民共和国の偉大な首都──北京を訪れました。
われわれカンボジア共産党・民主カンボジア政府代表団はここに謹んで、カンボジア共産党、カンボジア人民、民主カンボジア政府の名において、華国鋒主席をはじめとする中国共産党中央委員会に、また中国共産党、中華人民共和国政府、兄弟の中国人民に革命の兄弟として崇高な敬意を表し、みなさんに心からの革命的友情を示すものであります。

われわれの代表団は首都北京に到着後、盛大で、たのしい、熱烈なふんいきに包まれ、華国鋒主席同志、トウ小平副主席同志、李先念副主席同志はじめ多数の中国の指導者および中国の戦友、中国人民の身内のようなもっとも熱烈な、もっとも親しみのこもった歓迎ともてなしを受け、ことのほか感動し、喜んでいます。これは中国共産党および中国政府がわれわれのこの代表団をつうじ、われわれカンボジア共産党、カンボジア人民、民主カンボジア政府にあたえてくれたこのうえない栄誉です。われわれ代表団は、われわれにたいする同志のみなさんのもてなしと歓迎を、われわれカンボジアヘ中国両党、両国人民、両国政府の間のうち破ることのできない、永久不変の偉大な戦闘的団結と革命的友誼の端的なあらわれだとみなしています。これについて、われわれ代表団は心から深甚なる感謝の意を表します。
今夜、中国共産党中央委員会と中華人民共和国政府は、われわれカンボジア共産党・民主カンボジア政府代表団のために、きわめて盛大な、熱情と親しみにあふれた宴を設けてくれました。さきほど、華国鋒主席がのべられた、情熱的な、もっとも深い革命の兄弟のよしみにみちたあいきつは、われわれを大いに励ますものであり、また、われわれの革命と人民にたいする力強い支援であります。われわれは心から感謝の意を表します。

同志のみなさん、友人のみなさん。
われわれカンボジア人民は、兄弟の中国人民が中国共産党および華国鋒主席をはじめとする中国共産党中央委員会の英明な指導のもとに、毛沢東主席の輝かしい路線にしたがって、社会主義革命と社会主義建設のなかで努力を重ねていることに、つねに注目しています。毛沢東主席の逝去ののち、中国共産党と中国人民は「四人組」反党グループ粉砕の偉大な勝利をおさめました。こうした状況のもとで、華国鋒主席の主宰で中国共産党第十一回全国代表大会が開催されました。この大会は、毛主席の偉大な革命の旗じるしを高くかかげ、諸方面で偉大な勝利をかちとりました。
また、この大会で崇高な革命的品性を身につけた華国鋒主席が毛沢東主席のあとを継いで、中国共産党中央委員会主席という崇高な職務に就いたことを、われわれはことのほか喜ぶものであります。
これは毛主席の崇高な遺志に合致し、中国共産党、軍隊、全国人民のさし迫った要望に合致するものであります。華主席は、毛主席のもっとも信頼する後継者であり、中国の党と軍隊および八億人民のもっとも信頼する英邁な指導者です。われわれはこのことにたいし、心からの熱烈な祝意を表します。
中国の同志のみなさんが昨年一年間に、各方面で偉大な勝利をおさめたことを、われわれは兄弟の中国の党、軍隊、人民と同様にことのほかうれしく思っています。同志のみなさんは、みずからの偉大な指導者、教師毛主席を失い、周恩来同志、朱徳同志その他の指導者を失ったこのうえない悲しみを、全民族、全人民の大きな力に変え、もっとも崇高な革命的英雄主義の精神をもって、毛主席の偉大な赤旗を高くかかげ、大地震、大干ばつなどのきびしい自然災害を乗り越え、その他さまざまの大きな困難を克服して、敬服に値する偉大な勝利をかちとりました。
中国の党と軍隊および兄弟の中国人民のすべてが、華主席をはじめとする党中央の指導のもとに、戦いの旗じるしを高くかかげて、「四人組」の卑劣かつ陰険な策謀、活動を完全に粉砕したことを、われわれは大いに喜ぶものです。この偉大な勝利のおかげで、中国にはすばらしい情勢が現われています。英邁な指導者華国鋒主席をはじめとする中国共産党中央の指導のもとに、貴国では全国、全人民、全軍が毛主席の輝かしい路線にしたがい、革命的楽天主義の精神で、一致団結し、社会主義革命と社会主義建設の任務を達成すべく奮闘努力しています。
兄弟の八億中国人民がすべての積極性を発揮しているなかで、華主席と中国共産党中央の指導のもとに、農業はターカンに学ぶ第二回全国会議、工業は大慶に学ぶ全国会議その他のスケールの大きな会議が成功りに開催されたことは、熱烈な革命的楽天主義にもえる八億中国人民が一致団結し、堂々と、整然と前進するための、すばらしい条件をととのえました。われわれはこれを喜んでいます。
こうしたすばらしい情勢のもとで、《毛沢東選集》第五巻が正式に出版され、各地で発売されました。これは中国人民と世界の革命的人民にとって政治的意味をもつ大きな出来事であります。
偉大な八億中国人民が社会主義革命と社会主義建設の諸戦線で団結統一をうち固め、強化し、積極的に戦っている時点に、中国共産党第十期三中総が全面的な偉大な勝利を獲得し、とりわけ中国共産党第十一回全国代表大会がひらかれ、偉大な勝利をおさめたことを、われわれは喜んでいます。これは中国共産党の歴史におけるきわめて偉大な勝利であるばかりでなく、世界のマルクス・レーニン主義政党と革命的人民にとっても偉大な勝利であります。
ほかでもなく、こうしたすばらしい情勢のもとで、毛主席記念堂が完成し、中国人民と世界の友人は崇敬と敬慕の気持と、偉大な中国革命および世界革命運動にたいする確信を抱いて、毛主席の遺容を拝し、革命的敬意を表することができるようになりました。われわれは、中国共産党第十期三中総および中風共産党第十一回全国代表大会が毛主席の偉大な旗じるしを高くかかげ、「四人組」粉砕後における中国の社会主義革命と社会主義建設の任務──「プロレタリア階級とブルジョア階級との闘争を堅持し、プロレタリア階級のブルジョア階級にたいする独裁を堅持し、プロレタリア階級独裁下の継続革命を堅持する」とともに、「かならず今世紀中に、中国を農業、工業、国防、科学技術の諸方面で現代化した、強大な社会主義国に築きあげ、中国の経済を世界の最前列に立たせる」──をいっそう明確な形でうち出したことを、喜ぶものであります。

われわれは、兄弟の八億中国人民がかならずこの崇高な革命的任務を達成できるものと確信します。なぜなら、
──各方面における偉大な人民の革命運動、とりわけ農業はターカンに学ぴ、工業は大慶に学ぶ偉大な革命運動がめざましいいきおいで、たえず発展しており、
──毛主席の偉大な旗じるしのみちぴきがあり、
──中国共産党中央と華主席の英邁な指導があり、
──戦闘意欲に燃える三千五百万の党員があり、
──勇敢な人民解放軍があり、
──さまざまな物質的条件の基礎がある、
からです。
われわれは、中華人民共和国の国際的地位と名声が日ましに高まっているのを目にして、心から喜んでいます。これは中国共産党および中華人民共和国がマルクス・レーニン主義を堅持し、真のプロレタリア国際主義を堅持し、平和共存の五原則を堅持した結果であります。世界のマルクス・レーニン主義政党、革命的人民、被抑圧人民、第三世界人民、五大陸のいろいろな友人のすべてが中国の党と政府のこの立場と政治路線を歓迎し、尊重し、称賛しています。

同志のみなさん、友人のみなさん。
中国革命がひとつの段階からつぎの段階へとおさめてきた偉大な勝利のすべては、中国人民の偉大な指導者、教師毛沢東主席の偉大な業績に帰せられます。新民主主義革命の範鷹において、毛主席は貴重な経験を総括し、中国人民を指導して全中国の解放という偉大な勝利をかちとり、偉大な、光栄ある中華人民共和国を築きあげました。その結果、アジアと世界の情勢には天地をくつがえすような変化がおこり、それはなによりも全世界の被抑圧人民の人民民族解放の革命闘争運動を大いに鼓舞し、促進しました。マルクス、エンゲルス、レーニン、スターリンにつづき、毛沢東主席とその思想は、革命のあらしの不断の試練を勝利のうちにのりきり、すでに全世界の人民、民族解放をめざす革命の道を照らす輝きにみちた燈台となっています。いっそう具体的にいいますと、それは闘争を勝利へと導く、もっとも効果的な、もっとも鋭いわれわれの思想的武器であり、政治的武器でありました。
われわれは、わが国における革命闘争の実践の中で、創造的に成功裏に毛沢東思想を運用し、徒手空拳の状態から出発して一九七五年四月十七日、アメリカ帝国主義とその手先を完全にうち負かし、わがカンボジアの国と人民を完全に解放し、労働者、農民に全国の権力を握らせました。わが国人民と世界の革命的人民は毛沢東思想、それもまず、党を確固たる指導的中核に築きあげることにかんする論述、強大な民族統一戦線を樹立することにかんする論述、英雄的な革命の軍隊を建設することにかんする論述、社会の階級分析にかんする論述、矛盾にかんする論述、実践にかんする論述、農村革命根拠地を樹立することにかんする論述、革命闘争における農村と都市の役割にかんする論述、革命的暴力にかんする論述、人民戦争の戦略戦術にかんする論述、革命の文化、文学・芸術にかんする論述などは、依然として有効で鋭利な、必勝不敗の武器であると確信しています。

中国の社会主義革命と社会主義建設においても、毛主席はこのうえなく偉大な功績をたてています。毛主席は、人民内部の矛盾と敵味方の矛盾を区別する問題を正しく提起し、これらの矛盾を正しく処理しました。中国革命の過程において、毛主席は生前、一回目から十回目までの、革命と反革命の二つの路線の闘争を勝利のうちに展開しました。毛主席は社会主義革命運動を展開しました。社会主義教育運動、とりわけ重要なプロレタリア文化大革命をつうじ、毛主席は革命の旗を高くかかげ、階級闘争をおしすすめ、プロレタリア階級独裁のもとで社会主義革命を続行することを強調しました。この路線は、つぎのように指摘しています。「社会主義の歴史的段階には終始、階級、階級矛盾、階級闘争が存在する。かならずプロレタリア階級のブルジョア階級にたいする闘争を堅持し、プロレタリア階級のブルジョア階級にたいする独裁を堅持し、プロレタリア階級独裁下の継続革命を堅持しなければならない」。この路線は権力を握ったプロレタリア階級にとってこのうえなく正しい、英明なものであります。毛主席は、中国共産党と中国人民を指導する輝かしい実践の中で、革命勢力をマルクス・レーニン主義の道から逸脱させようとする中国国内および世界の反革命勢力とプロレタリア革命に背く勢力と断固として対決し、それに反対しました。マルクス、エンゲルス、レーニン、スターリンにつづき、毛主席は中国の社会主義革命と世界の社会主義革命のために偉大な貢献をしたのであります。

われわれカンボジアの革命についていうならば、毛主席、中国共産党、中国人民がわれわれにあたえたもっとも貴い援助は、毛沢東思想をもたらしたことにほかなりません。毛主席は一貫してわれわれを支持し、励ましてくれました。それゆえに、われわれは謹んでこの中国の偉大な、強じんな、英雄的な共産主義戦士、偉大な、傑出したプロレタリア国際主義戦士、現代の偉大なマルクス・レーニン主義の教師、カンボジア人民のもっとも偉大な戦友に、心からの敬意を表するものであります。毛主席が国際プロレタリア階級と世界の革命的人民のためにうちたてた数々の偉大な業績は、万古不滅であります。

同志のみなさん、友人のみなさん。
ここ数年らい、世界情勢は人民と革命にとってますます有利で、帝国主義とすべての反動派にとってますます不利な方向に発展しています。
世界の被抑圧入民、非同盟諸国人民、第三世界人民の革命闘争の運動、民族解放闘争の運動、独立、主権、領土保全を守り、みずからの運命を手中にする権利をめざす闘争と、自国の建設をめざす闘争はすでにはっきりした形をとり、たえず大きく発展し、盛んなもりあがりをみせています。これはいかなる勢力も阻止しえない強大な潮流であり、全世界の人民はこの新しい情勢を喜ぴ、このうえなく確信を深めていますが、帝国主義者、拡張主義者、種々さまざまの反動派はいっそう恐れおののいています。世界人民、とりわけアジア、アフリカ、ラテンアメリカの非同盟諸国人民と第三世界人民は、たたかう姿勢を堅持し、つぎつぎと勝利をおさめ、情勢を世界の革命事業と人民民族解放の事業により有利なものに変えつつあります。
こうした情勢のもとで、崩壊したか、崩壊しつつある帝国主義者、拡張主義者、種々さまざまな反動派は、ひきつづき世界の諸地域で卑れつかつ陰険な動きをつよめ、人民闘争の運動を阻止しようとしています。かれらはあれこれの転覆、威かく、デマ宣伝などに狂奔し、かれらに依存し従属する思想を人民に植えつけようとしています。かれらは干渉、挑発、矛盾の醸成など、あらゆる手口で人民の運動を分裂させ、非同盟諸国と第三世界諸国の分化を策しています。しかしながら、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの非同盟諸国と第三世界諸国の人民は、ますます経験を積み、ますます帝国主義者、拡張主義者、さまざまの反動派の本質、その凶悪、野蛮、頑迷ぶり、侵略と拡張を企む野望、権謀術数、その陰険さ、悪らつさを見抜くようになっています。したがって、世界人民、とりわけ非同盟諸国と第三世界諸国の人民は、つぎつぎと決起してかれらに反対する闘争をおしすすめています。
われわれカンボジア共産党と民主カンボジア政府は、その過去において帝国主義者、拡張主義者、反動派の残虐行為の被害を受けたことがあります。それと同時に、われわれは世界じゅうの被搾取、被抑圧人民と団結してともに戦ったこともあります。われわれは終始一貫、断固として世界じゅうの被抑圧人民、とりわけ非同盟諸国および第三世界諸国の人民の側に立ち、断固として人民民族解放の革命事業のため、独立、主権、領土保全をまもり、みずからの運命を握る権利をめざす事業のために闘ってきました。
われわれは断固として中国人民の側に立ち、中華人民共和国の厳然たる立場にもとづいて台湾問題を解決することを断固として支持します。
われわれは断固として朝鮮人民の側に立ち、全日成主席の提起した正しい政策にのっとりみずからの祖国を統一することを断固として支持します。
われわれは断固として東チモール人民の側に立ち、東チモール独立革命戦線の正義の立場にのっとり東チモール問題を解決することを断固として支持します。
われわれは断固としてパレスチナ人民の側に立ち、自民族の権利とみずからの運命を握る権利を獲得する闘争とパレスチナの土地に自分たちの独立国家を樹立する闘争を断固として支持します。それと同時にわれわれは断固としてアラブ人民の側に立ち、イスラエル・シオニストに占領されている領土の解放をめざすかれらの闘争を断固として支持します。われわれは断固としてジンバブエ人民、ナミビア人民、アザニア人民の側に立ち、フォルステルの野蛮な植民地主義的アパルトヘイト制度とスミスの人種主義に反対します。
われわれは断固としてすべての貧しい国と団結し、富める大国の弱いものいじめの略奪的経済制度を根こそぎにし、真に平等な、正義の新しい国際経済秩序を樹立するために闘います。
われわれは断固としてすべての貧しい国の人民と団結し、自国の海域における主権と海洋資源を守り、二百カイリ専管経済水域を画定し、海洋を独占、支配する富める大国の特権を排除するため、公正かつ合理的な新海洋法の制定をめざして闘います。
われわれは、石油およびその他の原料を武器として、帝国主義者、拡張主義者、その他の反動派に反対する闘争をすすめることを全面的に支持します。
われわれは独立自主、自力更生、みずからの運命を握るという原則を堅持し、自国の革命をりっぱにおしすすめることに努め、自国を守り、りっぱに建設することに努め、人民の生活問題をすみやかに解決することに努め、さまざまな困難を克服して、全世界人民、とりわけアジア、アフリカ、ラテンアメリカの非同盟諸国および第三世界諸国人民の革命闘争の運動、人民民族解放闘争の運動、独立、主権、領土保全を守る闘争の運動のために微力ながらも寄与するでありましょう。
われわれの革命運動の歴史的実践の経験はわれわれにはっきりつぎのことを教えています。それは世界の革命闘争により大きく寄与するためには、われわれは自国の革命を積極的に、断固としてりっぱにおしすすめなければならない、ということです。革命はある国から輸入したり、他の国へ輸出したりすることはできません。したがって、世界じゅうの遠いまたは近いところにある友人に迷惑をかけずに、世界人民の革命運動と闘争になんらかの寄与をするため、わが国人民は何層倍も努力してきまざまの困難と障害を乗り越え、独立自主、自力更生の精神にのっとって、わが国の革命事業をさらに促進するでありましょう。

同志のみなさん、友人のみなさん。
一九七五年四月十七日、われわれがわが国とその人民を完全に解放したのち、われわれは革命の勝利の成果を守り、わが党の労農政権を守り、民主カンボジアを守るという新しい時期における革命任務をひきつづき完成しなければなりませんでした。それと同時に、われわれはカンボジア国内で社会主義革命と社会主義建設を続行しなければなりませんでした。これらのすべては、当面におけるわがカンボジアの国と社会の具体的状況にもとづいて、独立自主、自力更生、みずからの運命を握るという確固たる基本原則にもとづいてすすめられました。
われわれのような、アメリカ帝国主義による壊滅的戦争からぬけ出たばかりの立ちおくれた農業国からみれば、当面のカンボジアにおける革命の全般的情勢はすばらしいといえます。国家防衛の面では、われわれは数々の困難を克服して革命の勝利の成果を守り抜き、党の労農革命政権を守りぬくとともに、完全に自主的にわれわれ民主カンボジアの現国境内の独立、主権、領土保全を守り抜きました。国内の治安状況も良好で、昼でも夜でも、外国のお客さんは数百キロ、数千キロに及ぶ距離を無事に旅行することができます。過去百余年にわたる封建主義、資本主義、植民地主義、半植民地主義制度のゆえに、カンボジアは多くの領土を失いました。現在の縮小された国境は過去百余年の情勢のもたらした悪い結果であります。しかしながら、一九七五年四月十七日、わが国が完全な徹底的な解放を獲得してからは、カンボジア人民は真に国家とみずからの運命を主宰するようになりました。だが、これは何世代もの入びとの勇敢な、はげしい、複雑な曲折した闘争、わけてもここ五年にわたる米帝とその手先の壊滅的な侵略戦争に抵抗する人民民族解放闘争によってかちとられたものです。したがって、われわれ全カンボジア人民は現領土を守り抜き、けっしてそれを失ってはならないのであります。他方、われわれカンボジア人民、民主カンボジア政府、カンボジア革命軍はいかなる遠近諸圃にたいしてもけっして侵略、挑発、干渉、転覆活動やスパイ活動をおこないません。しかし、われわれはまた、わが民主カンボジアの国と人民にたいするいかなる者の侵略、挑発、干渉、転覆活動、スパイ活動も許しません。

現在、われわれカンボジアの面積は十八万一千平方キロで、耕地面積は六百万ヘクタールにおよび、広々としたトンレサップ湖を有し、広大な海と魚、エビなどの豊かな河と湖があり、うっそうと茂る森林があり、豊かな天然資源があります。この土地に暮らすカンボジア人民はわずか八百万で、すでに開墾された土地だけを計算の対照として、一農家当り五ヘクタールの土地をもっていることになります。わが国の国土と資源からすれば、われわれはおよそ二千万の人口がなければ、これらの土地と資源を適切に利用する力をもちえないことになります。他方、壊滅的な戦争が終結してまもないこの時点において、われわれはいち早く国の建設をすすめ、人民の生活水準を向上させるために、時間を要しわれわれ全民族、全人民の力を動員する必要に迫られています。こうした状況からしても、われわれは遠方、近隣のいかんを問わず、他国の国土を一寸たりとも侵略、拡張、占拠する必要はありません。逆にわれわれはそうした国ぐにと独立、主権、領土保全の相互尊重の関係を保つことをひじょうに必要としているのであります。それゆえに、われわれはつねに遠近の別なく世界のきまざまな国と友好関係を樹立することを求めてきたのです。一九七五年、わが国解放後まもなく、わがカンボジアの代表団がいくつかの国を友好訪問したことは、その証左であるといえます。

経済、社会問題、医療衛生、文化教育、科学技術など諸分野の建設活動においても、われわれは初歩的ではあるが、かなりよい成果をあげています。われわれはヘクタール当り三トンのコメを生産する一九七六年の計画を、すでに八〇パーセント達成しました。その結果、われわれはわが国人民の生活問題を解決するに足る十分な食糧をもつことができるようになり、一人当りのコメの量は三百十二キロに達したばかりでなく、一九七七年には、数万トンのコメを輸出するようになりました。
わが国の農地水利建設については、一九七七年の上半期に、水利問題の解決をめざす偉大な大衆運動が各地でつぎつぎとすさまじい勢いで展開されました。各地区には貯水量一億ないし二億立方ヘクタールの大型ダムが建設され、すべての地区には貯水量五千万ないし六千万立方ヘクタールの中型ダムが建設され、すべての県に貯水量万百万ないし一千万立方ヘクタールの小型ダムがつくられたほか、大・小型の貯水用堤防が数十ヵ所に建設されました。そのほかに、総延長数百キロの運河と用水路もできました。これらの水利施設は年間(雨季、乾季を含めて)およそ四十万ヘクタールの水田を灌概する能力をもっています。
工業、手工業も急速に発展しました。われわれはプノンペン市、大臣、地区、県および協同組合の工業、手工業を強化し、発展させました。われわれの大・中・小工業、手工業網は全国各地に初歩的に形成されており、われわれはこうした工業、手工業網をひきつづき強化し、発展させるでしょう。人民の諸方面の生活はりっぱに解決され、かなりはやく向上し、すべての公民の食糧は十分保証され、人民の健康水準はしだいに好転しつつあります。マラリア撲滅四ヵ年計画の最初の年──一九七七年にわれわれはマラリアを七〇ないし八〇パーセントも撲滅しました。流行病をはじめその他の病気も基本的に消滅し、今後解決を必要とする慢性病を残すのみであります。われわれの医療と製薬システムはプノンペン市、大区、地区、県および協同組合など全国各地に普及しています。すべての協同組合にはそれぞれ病院、製薬所があり、協同組合員百万ごとにベッド数二十の小医院があり、初級医療要員三名が配置され、生薬配剤室がひとつあり、薬剤師三名が配置されています。われわれは自国産の原料による生薬で、全国の需要の八〇パーセントを満たすことができます。われわれは医療と生薬配剤体制の強化に力をいれ、そのすみやかな発展を期しています。われわれはわが国の人口を急速に増やすため、つまり今後十余年間に千五百万ないし二千万人に増やすために、わが国人民の生活を保障し、解決し、向上させることをひじょうに重視しています。
文化教育もその他の面と同様に、かなりの発展をみるにいたっています。一九七五年の全国解放当時、農村の七五パセントの農民、都市の勤労人民の六〇パーセントは読み書きができませんでした。現在、文盲一掃の仕事は八割から九割かた完成しており、目下、わが国人民に読み書きと計算能力をすみやかに身につけさせるため、ひきつづき文化教育をおこなっています。科学技術の多くの分野では、すでに数万人の人びと、とりわけ青年男女が科学技術関係の仕事にたずさわり、学習しながら実践するとともに、生産運動と直結させることに努めています。一九七五年以前、ほんとうの意味で具体的な科学技術関係の仕事にたずさわっていたカンボジア人は万百名を超えなかったのであります。また、革命的愛国主義と革命的国際主義の政治思想教育にも発展がみられます。わが国人民は断固として世界の貧しい人民の側に立ち、断固として世界の革命運動の側に立っています。われわれはわが国と人民の敵と味方を見きわめ、世界における人民民族解放革命運動の敵と味方を見きわめています。帝国主義、植民地主義、その他の搾取階級の残した腐敗、堕落、窃盗、なぐりあい、けがらわしい社会的病弊、文化的なカスは、わが国においては偉大な大衆運動によってほぼ一掃されました。
それと同時に、国際舞台でもわれわれはさらに好ましい成果をあげています。五大洲におけるわれわれの友人はますます増えており、かれらはわれわれの革命への理解をふかめ、ますますわれわれを支持するようになっています。われわれは永遠に、断固として世界人民の側に立ちます。われわれは断固としてひきつづき、非同盟運動の大家庭の中に自国を位置づけるでしょう。
上記のいくつかの勝利は、わがカンボジア共産党の正しい指導のもとにある、わが国の全人民、全革命軍内部の団結・統一が好ましい状態にあることを端的に物語っています。革命は人民大衆がすすめるものであり、団結・統一の偉大な革命的大衆運動があってはじめて、革命の勝利がありえ、革命的大衆運動がなければ、革命は失敗に終わります。わがカンボジア共産党の指導のもとにある、全カンボジア人民、全カンボジア革命軍が、独立自主、自力更生の精神を発揮し、天をつく意気ごみで革命をやらなかったとしたら、われわれはこんなにすばらしい成果をあげえなかったでしょうし、また、田を守ること、国を建設すること、人民の生活問題を解決することは不可能であったろうし、世界各地の友人に歓迎されることも不可能であったことは間違いありません。われわれのこれらの勝利はまた、世界人民と五大州の友人のいろいろな支援があったからこそ獲得しえたものであり、この機会にわれわれはねんごろに心からの深甚なる感謝の意を表します。

同志のみなさん、友人のみなさん。
われわれカンボジア、中国両国人民は、われわれ両党の指導のもとに、相互支援のもっとも誠意のこもった協力関係と主権と平等の原則の相互尊重を基礎とする誠意ある、偉大な戦闘的団結と強固な、兄弟としての革命的友誼をうち固め、発展させました。他方、われわれ相互間の協力、支援、偉大な戦闘的団結、兄弟のような革命的友誼は、共通の敵にたいする長期の革命闘争の中で歴史の試練に耐えぬきました。とりわけ、われわれ両党、両国政府、両国人民は、基本的に一致した正しいマルクス・レーニン主義の立場をつらぬいています。われわれ両党、両国政府、両国人民の間には、兄弟としてのもっとも厚い革命的友誼が存在しています。わが国の一般農民はよくこういっています。「われわれは友好的な人が大好きだが、非友好的な人は大きらいです。革命の友誼は、物質的なものによって決まるものではありません。お互いの純粋で、高貴な革命的情誼こそが、確固たる恒久的な革命的友誼です」。われわれカンボジア人民は、兄弟の中国人民に深い友情を抱いています。中国人民の甘苦は、われわれカンボジア人民の甘苦でもあり、中国人民の勝利は、われわれカンボジア人民の勝利でもあります。われわれはこうした偉大な戦闘的団結と兄弟のような革命的友情を守り、うち固め発展させ、永久不変のものにするよう努める決意でいます。
われわれの民族解放革命戦争の時期と全国解放以後、われわれカンボジア人民は毛沢東主席、周恩来同志、中国共産党中央委員会、中国政府、戦友としての中国人民の各方面にわたる誠心誠意の無条件の援助を受けてきました。現在、華国鋒主席をはじめとする中国共産党中央委員会の指導下にある、中国政府と中国人民はいぜん純粋なプロレタリア国際主義の精神にもとづいて、ひきつづきわれわれにきまざまな無条件の支援をあたえてくれています。おかげでわれわれは独立自主をいっそう固めることが可能となりました。これについてわれわれは、重ねて心からの感謝の意を表します。

同志のみなさん、友人のみなさん。われわれカンボジア共産党・民主カンボジア政府代表団の今回の訪問は、われわれ両党がわれわれ両党、両国人民に利益をもたらすきまざまな問題についてお互いに意見を交換する面で、絶好の機会となるでしょう。われわれ代表団の今回の訪問は、わがカンボジア共産党の指導する光栄あるカンボジアの革命闘争が歴史的な偉大な勝利をかちとり、党成立十七周年を祝い、カンボジア共産党の公然化をおごそかに宣言する重要な時点におこなわれたものであります。今回の訪問は、兄弟の中国人民が中国共産党第十一回全国代表大会の偉大な勝利を祝い、光栄ある中華人民共和国成立二十八周年記念日──華国鋒同志が中国共産党中央委員会主席就任以後の最初の建国記念日を祝う重要な時点におこなわれたものであります。われわれカンボジア、中国両国人民はともに革命的な誇りを胸に、これらの大慶事に歓呼するものであります。

われわれは、カンボジア党・政府代表団の今回の訪問がかならず、われわれカンボジア、中国両党、両国人民の偉大な戦闘的団結と兄弟としての革命的友誼をうち固め、発展させるものと確信します。それは、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想の神聖な基礎をふまえてたえず発展し、いつまでもつづくでありましょう。
われわれはこうした感動を胸に、同志のみなさん、友人のみなさんとともに、
われわれカンボジア、中国両党、両国人民の偉大な戦闘的団結と兄弟としての革命的友誼のために、
偉大な中国共産党と中国人罠が毛沢東思想の輝きにみちた路線のもとで新しい、さらに偉大な勝利をかちとることをいのり、
中華人民共和国の繁栄のために、
華国鋒主席の健康、長寿のために、
葉剣英副主席の健康のために、
トウ小平副主席の健康のために、
李先念副主席の健康のために、
汪東興副主席の健康のために、
中国のその他の指導者の健康のために、
在席の使節閣下、夫人のみなさんの健康のために、
在席の同志のみなさんの健康のために、
乾杯しましょう。


[カンボジアトップページに戻る][インデックスページに戻る]