IV
 I come now to the democratic section.
 今や民主主義の章にきた。

 A.
  "The free basis of the state."

 First of all, according to II, the German Workers' party strives for "the free state".

 Free state ? what is this?

 A 「国家の自由な基礎」

 まず、第二章によれば、ドイツ労働者党は、「自由な国家」を目指して闘う。自由な国家 ? それは何か ?
 It is by no means the aim of the workers, who have got rid of the narrow mentality of humble subjects, to set the state free.

 In the German Empire, the "state" is almost as "free" as in Russia.

 Freedom consists in converting the state from an organ superimposed upon society into one completely subordinate to it; and today, too, the forms of state are more free or less free to the extent that they restrict the "freedom of the state".
 国家を「自由に」するなどということは、偏狭な臣民的思考を脱却した労働者の目的では決して無い。

 ドイツ帝国では、「国家」はロシアでとほとんど同じくらい「自由」である。

 自由とは、国家をして社会の上位に君臨した機関から社会に完全に従属した機関に転化することにある。そして今日でさえ、国家の諸形態は、その諸形態が「国家の自由」を制限している程度に応じて、より自由であったり、より不自由であったりしているのである。

 The German Workers' party ?  at least if it adopts the program ?  shows that its socialist ideas are not even skin-deep;

 in that, instead of treating existing society (and this holds good for any future one) as the basis of the existing state (or of the future state in the case of future society), it treats the state rather as an independent entity that possesses its own intellectual, ethical, and libertarian bases.

 ドイツ労働者党は、少なくとも、もしこの綱領を採用するならば、党にとって、社会主義者的諸理念が如何に皮膚一重の深さほどにも食い込んでいないかを示す事になる。

 ここで党は、現存の社会(そして、それはどんな未来の社会にもあてはまる)を現存の国家(又は、未来の社会の場合の未来の国家)の基礎として取り扱わずに、むしろ国家を、それ独自の精神的な、倫理的な、自由な基礎を有する自立的な存在として取り扱っている。

 And what of the riotous misuse which the program makes of the words "present-day state", "present-day society", and of the still more riotous misconception it creates in regard to the state to which it addresses its demands?

 ましてこの綱領がおかしている「今日の国家」、「今日の社会」という言葉の粗雑な誤用、及び自己の諸要求を向けている国家について、綱領がしでかしている一層粗雑な誤解ときては。
 "Present-day society" is capitalist society, which exists in all civilized countries, more or less free from medieval admixture, more or less modified by the particular historical development of each country, more or less developed.
 「今日の社会」とは資本主義社会である。資本主義社会は全ての文明国に存在し、多かれ少なかれ中世的な混ぜ物から解放され、多かれ少なかれそれぞれの国の特殊な歴史的発展によって変更を蒙り、多かれ少なかれ発展を遂げているものである。
 On the other hand, the "present-day state" changes with a country's frontier.

 It is different in the Prusso-German Empire from what it is in Switzerland, and different in England from what it is in the United States.

 The "present-day state" is therefore a fiction.

 それに対して、「今日の国家」とは国境とともに変化する。

 それはプロイセン−ドイツ帝国ではスイスでと異なったものであり、イギリスでは合衆国でと異なったものである。

 従って、「今日の国家というもの」は一つの虚構である。

 Nevertheless, the different states of the different civilized countries, in spite or their motley diversity of form, all have this in common: that they are based on modern bourgeois society, only one more or less capitalistically developed.

 They have, therefore, also certain essential characteristics in common.

 In this sense, it is possible to speak of the "present-day state" in contrast with the future, in which its present root, bourgeois society, will have died off.
 とはいえ、種々の文明国の種々の国家は、全て、それらの多様な形態の差異にも拘らず、多少の差はあれ凡そ資本主義的に発展した限りでの近代ブルジョア社会の土台の上に存立するという、共通点を持っている。

 従って、それらはある本質的な性格をも共有している。

 この意味では、「今日の国家」制度の現実の根底であるブルジョア社会が死滅してしまっている未来との対比において、「今日の国家制度」について語る事が出来る。

 The question then arises: What transformation will the state undergo in communist society? 

  In other words, what social functions will remain in existence there that are analogous to present state functions?

 This question can only be answered scientifically, and one does not get a flea-hop nearer to the problem by a thousand-fold combination of the word 'people' with the word 'state'.

 そこで次のことが問題となる。共産主義社会では国家制度はいかなる変化を辿るであろうか。

 言い換えれば、そこでは現存の国家の諸機能に類似した如何なる社会的諸機能が残るであろうか。

 この問いは科学的にのみ答えることができるのであり、「人民」という言葉と「国家」という言葉を千回組合わせてみても、ノミの一跳ねほどすら問題に接近しはしない。

 Between capitalist and communist society there lies the period of the revolutionary transformation of the one into the other.

 Corresponding to this is also a political transition period in which the state can be nothing but the revolutionary dictatorship of the proletariat.

 資本主義者社会と共産主義者社会との間には、一方から他方への革命的転化の時期がある。

 その時期に又政治的な過渡期が対応するが、この過渡期の国家は他の何ものでも無いプロレタリアートの革命的全権支配(ディクタトゥールシップ)以外にはありえない。

 Now the program does not deal with this nor with the future state of communist society.

 ところで綱領は、ここでもどこでも共産主義社会の未来の国家について取り扱っていない。
 Its political demands contain nothing beyond the old democratic litany familiar to all: universal suffrage, direct legislation, popular rights, a people's militia, etc.

 They are a mere echo of the bourgeois People's party, of the League of Peace and Freedom.
 綱領の政治的諸要求は、あまねく世に知られた民主主義的な繰り言のほかには、何も含んでいない。普通選挙権、直接立法、人民の諸権利、民兵制など。

 これらの諸要求は、ブルジョア的な人民党、平和自由同盟の単なる受け売りに過ぎない。

 They are all demands which, insofar as they are not exaggerated in fantastic presentation, have already been realized.

 Only the state to which they belong does not lie within the borders of the German Empire, but in Switzerland, the United States, etc.

 This sort of "state of the future" is a present-day state, although existing outside the "framework" of the German Empire.

 それらは、空想的な観念の中で誇張されていない限り、既に実現されている要求ばかりである。

 但し、それらが属する国家はドイツ帝国の境界の中には無く、スイス、合衆国などにある。

 この種の「未来国家」は、ドイツ帝国の「枠」の外に存在するとはいえ、今日の国家である。
 But one thing has been forgotten.

 Since the German Workers' party expressly declares that it acts within "the present-day national state", hence within its own state, the Prusso-German Empire ? its demands would indeed be otherwise largely meaningless, since one only demands what one has not got ?

 it should not have forgotten the chief thing, namely, that all those pretty little gewgaws rest on the recognition of the so-called sovereignty of the people and hence are appropriate only in a democratic republic.
 しかし一つの事が忘れられていた。

 ドイツ労働者党は、「今日の国民国家」従って、自分の国家であるプロイセン−ドイツ帝国の中で運動する、と明確に宣言しているのだから−又確かにさもなければ、その諸要求は大部分無意味であろう。というのは、人はまだ持っていないものだけを要求するのだから。

 党は、主要な問題を、即ち、あの麗しい小物の全ては、いわゆる人民主権の承認に依存しているということ、従って、民主共和制においてのみ所を得るということを、忘れてはならなかったのである。
 Since one has not the courage ? and wisely so, for the circumstances demand caution ? to demand the democratic republic, as the French workers' programs under Louis Philippe and under Louis Napoleon did,

 one should not have resorted, either, to the subterfuge, neither "honest" [1] nor decent, of demanding things which have meaning only in a democratic republic from a state which is nothing but a police-guarded military despotism, embellished with parliamentary forms, alloyed with a feudal admixture, already influenced by the bourgeoisie, and bureaucratically carpentered, and then to assure this state into the bargain that one imagines one will be able to force such things upon it "by legal means".
 人は、勇気を持っていないのではなかろうか ? それは賢くも、状況が慎重さを求めているからであろうか ? ルイ・ナポレオン時代のフランスの労働者の諸綱領がしたように、民主共和制を要望する勇気を持っていない。


 人は、「誠実」でもなく、品位もない術策に頼ったりごまかすべきではなかった。民主共和制においてのみ意味を持つ事柄を、議会制度の諸形態で縁取られていようとも警察に維持された軍事的専制政治以外の何ものでもない国家に対し要求するなどということは。封建的な混ぜ物を併せ持ち、既にブルジョアジーによって影響され、且つ官僚的に組み立てられている国家だというのに。その上更に、「合法的な手段によって」先のような事柄を強制し得ると思い込み、こうした国家に協定を取り付け保証を得ようとしている。

 Even vulgar democracy, which sees the millennium in the democratic republic, and has no suspicion that it is precisely in this last form of state of bourgeois society that the class struggle has to be fought out to a conclusion ?

  even it towers mountains above this kind of democratism, which keeps within the limits of what is permitted by the police and not permitted by logic.

 民主共和制を千年王国であるかのようにみなしている通俗的な民主主義ならば、ブルジョア社会のこの最後の国家形態においてこそ、階級闘争が最終決着的に闘い抜かれなければならないということを夢にも思わない。

 警察によって許されているが論理によって許されていないという制限内に有るこの種の民主主義者よりも更に山のように高くそびえているならば。
 That, in fact, by the word "state" is meant the government machine, or the state insofar as it forms a special organism separated from society through division of labor, is shown by the words "the German Workers' party demands as the economic basis of the state: a single progressive income tax", etc.
 実際に「国家」の意味を政府機構ととり、あるいは、労働の分業によって社会から分離した独自の組織体を形づくっている限りでの国家と理解していることは、既に次の言葉が証明している。「ドイツの労働者党は、国家の経済的基礎として、単一の累進所得税などを要望する等々」。
 Taxes are the economic basis of the government machinery and of nothing else.

 In the state of the future, existing in Switzerland, this demand has been pretty well fulfilled.

 Income tax presupposes various sources of income of the various social classes, and hence capitalist society.

 It is, therefore, nothing remarkable that the Liverpool financial reformers ? bourgeois headed by Gladstone's brother ? are putting forward the same demand as the program.
 租税は、政府機構の経済的基礎であり、それ以外のものの経済的基礎ではない。

 スイスに現存する未来国家においては、この要求はかなり実現されている。

 所得税は、種々の社会的諸階級の種々の所得源泉を前提とし、つまり資本主義社会を前提としている。

 それゆえに、リバプールの財政改革論者たち−グラッドストンの兄を長に抱くブルジョア達-が綱領と同じ要求を掲げているのは、何ら驚くべきことではない。

 B.
  "The German Workers' party demands as the intellectual and ethical basis of the state:
 "1. Universal and equal elementary education by the state. Universal compulsory school attendance. Free instruction."

 B.
 「ドイツ労働者党は、国家の精神的及び道徳的基礎として、次のことを要望する」
 「(1)、国家による普通・平等の国民教育。一般的就学義務。無料教育」。
 "Equal elementary education"?  What idea lies behind these words?

 Is it believed that in present-day society (and it is only with this one has to deal) education can be equal for all classes?

 Or is it demanded that the upper classes also shall be compulsorily reduced to the modicum of education ? the elementary school ? that alone is compatible with the economic conditions not only of the wage-workers but of the peasants as well?
 「平等の国民教育」? これらの言葉の奥にはどういう考えが横たわっているのか? 

 今日の社会において(今日の社会だけが問題にされているのだが)、教育はあらゆる階級にとって平等でありうると信じているのか?

 あるいは、賃金労働者だけでなく農民達の経済的な境遇と相容れる僅かな教育?、小学校?に、より上層の諸階級も又強制的に引き下げられるべきである、と要望しているのだろうか。
 "Universal compulsory school attendance. Free instruction." The former exists even in Germany, the second in Switzerland and in the United States in the case of elementary schools.

 If in some states of the latter country higher education institutions are also "free", that only means in fact defraying the cost of education of the upper classes from the general tax receipts.
 「一般的就学義務。無料教育」。 第一のものはドイツにすら存在し、第二のものは小学校についてスイスや合衆国に存在する。

 合衆国のいくつかの州では、「より上級の」学校も無料であるが、それは実際には、より上層の諸階級だけの為に、彼らの教育費を租税から支払う事を意味する。

 Incidentally, the same holds good for "free administration of justice" demanded under A, 5.

 The administration of criminal justice is to be had free everywhere; that of civil justice is concerned almost exclusively with conflicts over property and hence affects almost exclusively the possessing classes.

 Are they to carry on their litigation at the expense of the national coffers?

 ちなみに、同じ事が、Aの(5)で要望されている「無料の司法業務」についても当てはまる。

 刑事裁判はどこでも無料で行う事が出来る。民事裁判はほとんど財産権争いだけが中心となり、従ってほとんど所有諸階級にだけ関係する。

 彼らの訴訟を人民の財布の負担で行うというのだろうか。
 This paragraph on the schools should at least have demanded technical schools (theoretical and practical) in combination with the elementary school.
 学校に関する項では、少なくとも小学校と結びついた工業技術高校(理論的及び実践的な)を要望すべきであっただろう。
 "Elementary education by the state" is altogether objectionable.

 Defining by a general law the expenditures on the elementary schools, the qualifications of the teaching staff, the branches of instruction, etc., and, as is done in the United States, supervising the fulfillment of these legal specifications by state inspectors, is a very different thing from appointing the state as the educator of the people!

 Government and church should rather be equally excluded from any influence on the school.
 「国家による国民教育」とは全く排斥すべきものである。

 一般的な法律によって、小学校の財源、教員資格、教育科目などを規定すること、又合衆国で行われているように、州の視学官によってこれらの法的関係の実行を監視することは、国家を国民の教育者に任ずることとは全く別の事である。

 むしろ、政府と教会は、どちらも、学校に対して如何なる影響ももてないようにしなければならない。
 Particularly, indeed, in the Prusso-German Empire (and one should not take refuge in the rotten subterfuge that one is speaking of a "state of the future"; we have seen how matters stand in this respect) the state has need, on the contrary, of a very stern education by the people.
 それどころか実にプロイセン−ドイツ帝国では(「未来国家」のことを語っているのであるという、くだらぬ逃げ口上は役に立たない。未来国家がどんな事情にあるかは既に見た)、逆に国家が国民による手荒な教育を必要としているのである。
 But the whole program, for all its democratic clang, is tainted through and through by the Lassallean sect's servile belief in the state, or, what is no better, by a democratic belief in miracles; or rather it is a compromise between these two kinds of belief in miracles, both equally remote from socialism.
 しかし、確かに、この綱領の全体は、民主主義的な鳴り物の一切を持っているにも拘らず、国家に対するラサール宗派の臣民的信仰によって、又は、よりましなことではないが、民主主義的な奇跡信仰によってすっかり毒されており、あるいはむしろ、これらニ種の、社会主義から同じくらいかけ離れた、奇跡信仰の折衷である。

 "Freedom of science" says paragraph of the Prussian Constitution. Why, then, here?

 「学問の自由」はプロイセン憲法の条項に書いてある。それでは、なぜここに。
 "Freedom of conscience"! If one desired, at this time of the Kulturkampf to remind liberalism of its old catchwords, it surely could have been done only in the following form:

 Everyone should be able to attend his religious as well as his bodily needs without the police sticking their noses in.

 But the Workers' party ought, at any rate in this connection, to have expressed its awareness of the fact that bourgeois "freedom of conscience" is nothing but the toleration of all possible kinds of religious freedom of conscience from the witchery of religion.

 But one chooses not to transgress the "bourgeois" level.
 「信教の自由」 もし今の文化闘争の時代に、自由主義にその古い標語を肝に銘じさせようとしたのであるなら、それはやはり、次のような形でだけ為されえたのである。

 即ち、各人は、警察から余計な干渉を受ける事なしに、自分の肉体的必要と同様に、自分の宗教的必要をみたすことができなければならない、と。

 だが、労働者党はやはりこの機会に、ブルジョア的な良心の不自由を許すことに他ならないということ、党はむしろ、良心を宗教的幻影から解放することを目指して努力するということ、こうした自覚を表明すべきであった。

 ところが人は、「ブルジョア的」水準を越える事は好まないのである。
 I have now come to the end, for the appendix that now follows in the program does not constitute a characteristic component part of it. Hence, I can be very brief.
 今や終わりに到達した。なぜなら、現に綱領で後に続く付録は、少しもこの綱領の特質を示す構成部分を為しては居ないからである。従って、ここではごくかいつまんで述べなければならない。


 
 Appendix(付録)

 "2. Normal working day."

 In no other country has the workers' party limited itself to such an indefinite demand, but has always fixed the length of the working day that it considers normal under the given circumstances.

 「(2)標準労働日」 
 他のどの国においても、労働者党は、このような曖昧な要求に甘んじはせず、常に、与えられた事情のもとで、党が標準的とみなす労働日の長さを確定している。

 "3. Restriction of female labor and prohibition of child labor."

 The standardization of the working day must include the restriction of female labor, insofar as it relates to the duration, intermissions, etc., of the working day; otherwise, it could only mean the exclusion of female labor from branches of industry that are especially unhealthy for the female body, or are objectionable morally for the female sex.

  If that is what was meant, it should have been said so.

 「(3)女性労働の制限及び小児労働の禁止」

 労働日の標準化は、労働日のうちの継続時間、休憩時間などに関する女性労働の制限を含むもので無ければならない。それ以外には、労働日の標準化は、女性の肉体の健康に特に有害な、あるいは女性の風紀に背く労働部門から、女性労働を除外する事しか意味し得ない。

 もしそのことを考えていたのなら、そういわねばならなかった。

 "Prohibition of child labor." Here it was absolutely essential to state the age limit.

 A general prohibition of child labor is incompatible with the existence of large-scale industry and hence an empty, pious wish. Its realization -- if it were possible -- would be reactionary, since, with a strict regulation of the working time according to the different age groups and other safety measures for the protection of children, an early combination of productive labor with education is one of the most potent means for the transformation of present-day society.

 「児童労働の禁止」。ここでは、年齢の限界を指示することが絶対に必要であった。

 児童労働の全般的な禁止は、大工業の存在と両立しえず、従って空虚な、叶わぬ望みである。児童労働の全般的な禁止を実行することは−もし可能であるとしても-反動的であろう。というのは、いろいろの年齢段階に応じて労働時間を厳格に規制し、また児童の保護の為にその他の予防措置をするなら、生産的労働と教育とを早期に結合する事は、今日の社会を変革するもっとも強力な手段の一つであるからである。

 "4. State supervision of factory, workshop, and domestic industry."

In consideration of the Prusso-German state, it should definitely have been demanded that the inspectors are to be removable only by a court of law; that any worker can have them prosecuted for neglect of duty; that they must belong to the medical profession.

 「(4)工場、作業場、及び家内工業の国家的監督」

 プロイセン・ドイツ国家に対して、監督官は裁判によってのみ解任できること、どの労働者も職務違反のかどで監督官を裁判所に告発できる事、監督官は医者の職業に有るものでなければならないことを、はっきりと要望すべきであった。

 "5. Regulation of prison labor."

 A petty demand in a general workers' program. In any case, it should have been clearly stated that there is no intention from fear of competition to allow ordinary criminals to be treated like beasts, and especially that there is no desire to deprive them of their sole means of betterment, productive labor.

 This was surely the least one might have expected from socialists.

 「(5)監獄労働の規制」。

 一般的な労働者綱領の中では些細な要求である。いずれにせよ、人は、競争相手に対するねたみから普通の犯罪者達が牛馬の如く取り扱われることのないよう望んでいること、又、特に犯罪者達の唯一の矯正手段である生産的労働を、犯罪者達から切り離すつもりでないことを、明言すべきであった。

 このことはごく些細な事であるが、社会主義者達から希望されるべきことであった。

 "6. An effective liability law."

 It should have been stated what is meant by an "effective" liability law.

 Be it noted, incidentally, that, in speaking of the normal working day, the part of factory legislation that deals with health regulations and safety measures, etc., has been overlooked. The liability law comes into operation only when these regulations are infringed.

 「(6)効果的な補償責任法」。

 「効果的な」補償責任法とはどういう意味であろうかを言うべきであった。

 ついでにいうと、標準労働日の項のところで、工場法のうちの衛生処置や危険防止処置などにかかわる部分が見落とされていた。補償責任法は、これらの諸規則が違反されたときにはじめて、効力を発するのである。
 In short, this appendix also is distinguished by slovenly editing.
 要するにこの付録も、だらしない編集できわだっている。

 Dixi et salvavi animam meam.[I have spoken and saved my soul.]

  私は語った、そして渡しの魂を救った。




(私論.私見)