V

 "The German Workers' party, in order to pave the way to the solution of the social question, demands the establishment of producers' co-operative societies with state aid under the democratic control of the toiling people.

 The producers' co-operative societies are to be called into being for industry and agriculture on such a scale that the socialist organization of the total labor will arise from them."

 「ドイツ労働者党は、社会問題の解決に道を開くために、労働人民の民主的管理の下にある国家援助によって生産協同組合を設立する事を要望する。

 これらの生産協同組合は、そこから総労働の社会主義的な組織が生じるような規模で、工業と農業の為に、創設されなければならない」。

 After the Lassallean "iron law of wages", the physic of the prophet.  The way to it is "paved" in worthy fashion.

 In place of the existing class struggle appears a newspaper scribbler's phrase: "the social question", to the "solution" of which one "paves the way".

 ラサール的「賃金鉄則」のあとに、預言者の救済策。 威厳にみちた遣り方で「道が開かれる」。

 現に存在する階級闘争の代わりに、その「解決」に「道を開く」「社会問題」という新聞記者的常套語がやってくる。

 Instead of arising from the revolutionary process of transformation of society, the "socialist organization of the total labor" "arises" from the "state aid" that the state gives to the producers' co-operative societies and which the state, not the workers, "calls into being".

 It is worthy of Lassalle's imagination that with state loans one can build a new society just as well as a new railway!

 社会の質的転換における革命的過程の代わりに、「総労働の社会主義者的組織」が「国家援助」から「生じる」。国家は、生産協同組合を与える。その組合は、労働者達ではなく国家が「創設する」と云うのだ。

 新しい鉄道と全く同様に、国債で首尾よく新しい社会を建設することができるというのは、ラサールの空想に相応しいことではある。

 From the remnants of a sense of shame, "state aid" has been put -- under the democratic control of the "toiling people".

 In the first place, the majority of the "toiling people" in Germany consists of peasants, not proletarians.

 恥じらいのなごりから、「国家援助」が−「労働人民」の民主的管理の下に置かれる。

 第一に、ドイツでは「労働人民」の大多数は、農民から成り立ち、プロレタリアートからではない。

 Second, "democratic" means in German "Volksherrschaftlich" [by the rule of the people].

 But what does "control by the rule of the people of the toiling people" mean? And particularly in the case of a toiling people which, through these demands that it puts to the state, expresses its full consciousness that it neither rules nor is ripe for ruling!

 第二に、「民主的」とはドイツ語では、「人民支配的」という意味である。

 しかし、「労働人民の人民支配的管理」とはどういう意味であろうか。まして特に、国家に向けてこのような要求をするけれども、支配してもいなければ、支配するほど成熟してもいないということを十分に自覚していることを表明している労働者人民の場合には。
 It would be superfluous to deal here with the criticism of the recipe prescribed by Buchez in the reign of Louis Philippe, in opposition to the French socialists and accepted by the reactionary workers, of the Atelier.

 The chief offense does not lie in having inscribed this specific nostrum in the program, but in taking, in general, a retrograde step from the standpoint of a class movement to that of a sectarian movement.
 ルイ・フィリップの時代に、ビュシェがフランスの社会主義者たちに対抗して指示し、「アトリエ」誌の復古的な労働者達によって受け入れられた処方箋の批判に立ち入ることは、ここでは不必要である。

 又、つまずきのもとは、綱領にこのような特殊な奇跡療法を書いたということにあるのではなく、そもそも階級運動の観点から宗派運動の観点に坂戻りしているということにあるのである。

 That the workers desire to establish the conditions for co-operative production on a social scale, and first of all on a national scale, in their own country, only means that they are working to revolutionize the present conditions of production, and it has nothing in common with the foundation of co-operative societies with state aid.

 But as far as the present co-operative societies are concerned, they are of value only insofar as they are the independent creations of the workers and not proteges either of the governments or of the bourgeois.

 労働者が協同組合的な生産の諸条件を社会的な規模で、さしあたり自国で、従って国民的な規模でつくりだそうとすることは、彼らが現在の生産諸条件を革命化することつにつとめることのみを意味しており、国家援助による協同組合的団体の設立と共通するものはいささかもない。

 しかし、現在の協同組合的団体に関しては、自主的な労働者の創造物である限りでのみ価値を有する。それらは、政府からもブルジョアからも庇護されない。

Next: Section IV





(私論.私見)