II

 "Starting from these basic principles, the German workers' party strives by all legal means for the free state?and?socialist society: that abolition of the wage system together with the iron law of wages -- and?exploitation in every form; the elimination of all social and political inequality."

 「これらの諸基本的原理から出発して、ドイツ労働者党は、あらゆる合法的な手段を駆使して、自由な国家??社会主義的社会を、賃金制度と共に賃金鉄則の廃止-- 及び?あらゆる形態における搾取の廃止を、あらゆる社会的、政治的不平等の除去を目指して努力する」。

 I shall return to the "free" state later.

 So, in future, the German Workers' party has got to believe in Lassalle's "iron law of wages"!

 That this may not be lost, the nonsense is perpetrated of speaking of the "abolition of the wage system" (it should read: system of wage labor), "together with the iron law of wages".

 If I abolish wage labor, then naturally I abolish its laws also, whether they are of "iron" or sponge.

 But Lassalle's attack on wage labor turns almost solely on this so-called law.

 In order, therefore, to prove that Lassalle's sect has conquered, the "wage system" must be abolished "together with the iron law of wages" and not without it.

 「自由な」国家には後で立ち返ろう。

 さぁ、今後は、ドイツ労働者党は、ラサール的「賃金鉄則」を信じなければならなくなった"!

 この法則が見失われないように、「賃金鉄則」と共に「賃金制度(賃労働制度というべきであった)の廃止」についても語らねばならないという馬鹿げたことになった。

 賃労働を廃止するならば、「鉄の」であろうと海綿(スポンジ)であろうと、当然その法則をも廃止することになる。

 しかし、ラサール的賃労働に対する闘争は、ほとんど、このいわゆる法則だけを中心としていた。

 従って、ラサール宗派が勝利したということを証明するために、「賃金鉄則と共に」「賃金制度」が廃止されなければならないことになった。
 It is well known that nothing of the "iron law of wages" is Lassalle's except the word "iron" borrowed from Goethe's "great, eternal iron laws".

 [1] The word "iron" is a label by which the true believers recognize one another.
 周知のように、「賃金鉄則」のうちでラサールに属するのは、ゲーテの「偉大な、永遠の鉄の諸法則」から借りてきた「鉄の」という言葉以外には何も無い。

 「鉄」のという言葉は、ラサール派のしるし(ラベル)であり、それで正統信者達は自分たちを他の者と識別するのである。

 But if I take the law with Lassalle's stamp on it, and consequently in his sense, then I must also take it with his substantiation for it.

 And what is that?  As Lange already showed, shortly after Lassalle's death, it is the Malthusian theory of population (preached by Lange himself).

 But if this theory is correct, then again I cannot abolish the law even if I abolish wage labor a hundred times over, because the law then governs not only the system of wage labor but every social system.

 Basing themselves directly on this, the economists have been proving for 50 years and more that socialism cannot abolish poverty, which has its basis in nature, but can only make it general, distribute it simultaneously over the whole surface of society!

 だが、もしこの法則をラサールの刻印つきで、従ってラサールの意味で受け入れるとすれば、ラサールの論拠つきでも、この法則を受け入れなければならないことになる。

 では、その論拠とは何か。ランゲが既にラサールの死後間もなく示したように、(ランゲ自身が説教した)マルサスの人口論である。

 しかし、もしこの理論が正しいならば、賃労働を百回廃止するとしても、この法則を廃止することなどできはしない。なぜなら、この法則は、この場合には、賃労働制度ばかりでなく、全ての社会体制を支配するからである。

 まさしくこの理論に基づいて、50年以上も前から、経済学者たちは、社会主義はその基盤を自然のうちに基づいている窮乏を廃止できないということ、それをただ一般化したものに作り上げ、社会の全体の表面部分においてのみ等しく配分することができるだけであるということを、論証してきたのだ。

 But all this is not the main thing. Quite apart from the false Lassallean formulation of the law, the truly outrageous retrogression consists in the following:

 しかしこうしたことの全ては、主要な問題ではない。この法則についてのラサール派の誤った理解を全く度外視しても、真にけしからぬ退歩は以下の点にある。
 Since Lassalle's death, there has asserted itself in our party the scientific understanding that wages are not what they appear to be -- namely, the value, or price, of labor?but only a masked form for the value, or price, of labor power.

 Thereby, the whole bourgeois conception of wages hitherto, as well as all the criticism hitherto directed against this conception, was thrown overboard once and for all.
 ラサールの死後、我が党内に、次のような科学的洞察が地歩を築き上げてきた。即ち、労賃は、そうであるように見えるもの、つまり、労働の価値又は労働の価格ではなく、労働力の価値、又は労働力の価格の覆い隠された形態に過ぎない、という洞察である。

 それと共に、これまでの労賃に関するブルジョア的理解は、この理解に対して向けられたそれまでの一切の批判も又同様に、最後的に覆されることになった。
 It was made clear that the wage worker has permission to work for his own subsistence? that is, to live, only insofar as he works for a certain time gratis for the capitalist (and hence also for the latter's co-consumers of surplus value); that the whole capitalist system of production turns on the increase of this gratis labor by extending the working day, or by developing the productivity? that is, increasing the intensity or labor power, etc.;

 that, consequently, the system of wage labor is a system of slavery, and indeed of a slavery which becomes more severe in proportion as the social productive forces of labor develop, whether the worker receives better or worse payment.
 次のことが明らかになった。即ち、賃金労働者は、己の生存の為に働くことを許されているのだろうか? それは、生きるということが、ある時間を資本家(資本家は剰余価値にたかる伴食家である)の為に無償で働くという限りでのみ許されている。全資本主義的生産体制は、労働日の延長によって、あるいは生産の発展、労働能力の強化による増大などによって、この無償労働を次第に増大せしめる。

 従って、賃労働制度は一つの奴隷制度であり、しかも、労働者が多い支払いを受けようとも少ない支払いを受けようとも、労働の社会的生産諸力が発展するに連れて、ますます過酷となる奴隷制度であるということ、これらのことが明らかにされたのである。

 And after this understanding has gained more and more ground in our party, some return to Lassalle's dogma although they must have known that Lassalle did not know what wages were, but, following in the wake of the bourgeois economists, took the appearance for the essence of the matter.

 そして、こうした洞察がわが党の間でいよいよ地歩を築き上げた後で、いくつかのことがラサールの教条(ドグマ)に坂戻りしている。ラサールが労賃の何であるかを知らず、ブルジョア経済学者たちに追随して、外見を事物の本質とみなしたということが今では知られているはずなのに。

 It is as if, among slaves who have at last got behind the secret of slavery and broken out in rebellion, a slave still in thrall to obsolete notions were to inscribe on the program of the rebellion:

 Slavery must be abolished because the feeding of slaves in the system of slavery cannot exceed a certain low maximum

 それはあたかも、遂に奴隷制の秘密を見破って反乱に立ち上がった奴隷達の間で、一人の、時代遅れの観念にとらわれた奴隷が、反乱の綱領に次のように書くようなものである。

 奴隷制は廃棄されなければならないなぜなら、奴隷制の下では、奴隷の給養は、一定の低い限界を超えることはありえないからと!
 Does not the mere fact that the representatives of our party were capable of perpetrating such a monstrous attack on the understanding that has spread among the mass of our party prove, by itself, with what criminal levity and with what lack of conscience they set to work in drawing up this compromise program
 わが党の代表者たちが、党員大衆間に広がった理解に対して、このように全く言語道断な封殺の企てを犯すことができたというあからさまな事実は、それだけで、どんな不埒な軽率さとどんな不誠実さとで、彼らが妥協的綱領の作成仕事にあたったかを証明していないだろうか

 Instead of the indefinite concluding phrase of the paragraph, "the elimination of all social and political inequality", it ought to have been said that with the abolition of class distinctions all social and political inequality arising from them would disappear of itself.

 「あらゆる社会的及び政治的不平等の除去」という、この節の曖昧な結びの句の代わりに、階級的差別の廃止と共に、それに起因するあらゆる社会的及び政治的不平等はおのずから消滅する、というべきであった。


Footnotes

[1] Quoted from Goethe's Das Gottliche


Next: Part III






(私論.私見)