1.
  "Labor is the source of wealth and all culture, and since useful labor is possible only in society and through society, the proceeds of labor belong undiminished with equal right to all members of society."
 「労働はあらゆる富とあらゆる文化の源泉である。そして有用な労働は社会の中でのみ、そして社会を通じてのみ可能であるから、労働の収益は全て、平等の権利に従って、社会の全構成員に帰属する」。
 First part of the paragraph: "Labor is the source of all wealth and all culture."
 この節のはじめの部分、「労働はあらゆる富とあらゆる文化の源泉である」(について考察する)。
 Labor is not the source of all wealth.
 Nature
is just as much the source of use values (and it is surely of such that material wealth consists!) as labor, which itself is only the manifestation of a force of nature, human labor power.

 the above phrase is to be found in all children's primers and is correct insofar as it is implied that labor is performed with the appurtenant subjects and instruments.
 労働はあらゆる富の源泉ではない。
 自然は、労働と丁度同じほど、使用価値の源泉であり(そして確かに、物質的富を成り立たせているものは使用価値である)、労働そのものが、人間の労働力という、自然力の現われに過ぎない。

 先の決まり文句はどんな子供向け入門書で見受けられるものである。そして、労働がそれに必要な諸対象と諸手段とで遂行されていると仮定される限りで、正しい。
 But a socialist program cannot allow such bourgeois phrases to pass over in silence the conditions that lone give them meaning.

 And insofar as man from the beginning behaves toward nature, the primary source of all instruments and subjects of labor, as an owner, treats her as belonging to him, his labor becomes the source of use values, therefore also of wealth.
 しかし、社会主義的綱領というものは、それだけがその言い方に意味を与えている諸条件を隠し立てするようなブルジョア的な言い方を許してはならない。

 そして、人は、あらゆる労働手段と労働対象の第一の源泉である自然に対して、初めから所有者としてふるまい、それを自分のものとして取り扱う限りでのみ、彼の労働は使用価値、従ってまた富の源泉となる。
 The bourgeois have very good grounds for falsely ascribing supernatural creative power to labor; since precisely from the fact that labor depends on nature it follows that the man who possesses no other property than his labor power must, in all conditions of society and culture, be the slave of other men who have made themselves the owners of the material conditions of labor.

 He can only work with their permission, hence live only with their permission.
 ブルジョアジーは、労働に対する超自然的創造力なる愚説を唱えるはなはだもっともな理由がある。なぜなら、まさに労働が自然に依存しているということから、自分の労働力以外に如何なる財産を持っていない人は、どんな社会や文化状態においても、労働の物質的諸条件の所有者となった他の人達の奴隷とならなければならないということが、結論として出てくるからである。

 彼は、彼らの許しを得てのみ働くことができ、従って彼らの許しを得てのみ生きることが出来るのである。
 Let us now leave the sentence as it stands, or rather limps.
 What could one have expected in conclusion? Obviously this:
 そこでこの文章をあるがままに、あるいはむしろ不完全なままにしておこう。
 結論として、どんなことが期待されたであろうか。明らかに次の事である。

 "Since labor is the source of all wealth, no one in society can appropriate wealth except as the product of labor.
 Therefore, if he himself does not work, he lives by the labor of others and also acquires his culture at the expense of the labor of others."

 Instead of this, by means of the verbal river "and since", a proposition is added in order to draw a conclusion from this and not from the first one.

 「労働はあらゆる富の源泉であるから、社会においても、労働生産物以外の富を、誰も、我が物とすることはできない。
 従ってもし彼が自分で労働しないならば、彼は他人の労働で生活し、他人の労働の犠牲で彼の文化的生活をも我が物とするのである」。

 こういう代わりに、「そして云々から」という言葉を使うことによって、ある命題が、この文章から結論を導き出す為に付け加えられる。が、それは第一の文章からではない。

 Second part of the paragraph: "Useful labor is possible only in society and through society."

 According to the first proposition, labor was the source of all wealth and all culture; therefore no society is possible without labor.
 Now we learn, conversely, that no "useful" labor is possible without society.

 この節の第二の部分。「有用な労働は社会の中でのみ、又社会を通してのみ可能である」。

 最初の文章によれば、労働はあらゆる富と文化の源泉であり、又、如何なる社会も労働なしには不可能であった。
 今や我々は逆に、如何なる「有用な」労働も社会無しには不可能であるということを聞かされる。

 One could just as well have said that only in society can useless and even socially harmful labor become a branch of gainful occupation, that only in society can one live by being idle, etc., etc. -- in short, once could just as well have copied the whole of Rousseau.

 全く同じようにこうも云うことができるであろう。即ち、社会において無用な、また公共を害しさえする労働のみが、有利な職業としての一部門となる。社会において怠惰であることによって生活することが出来る等々のような、要するに、ルソーの全著作を書き写すことができたであろうような労働のみが。

 And what is "useful" labor?  Surely only labor which produces the intended useful result.
 A savage -- and man was a savage after he had ceased to be an ape -- who kills an animal with a stone, who collects fruit, etc., performs "useful" labor.

 また「有用な」労働とは何か。確実に云える事は、目論んだ通りの有益な効果を生み出す労働であるということのみである。
 未開人(人は、猿でなくなった後は、未開人となった)は、動物を石で殺し、果実を集めたりなどして、「有用な」労働を行う。

 Thirdly, the conclusion: "Useful labor is possible only in society and through society, the proceeds of labor belong undiminished with equal right to all members of society."

 第三、結論。「有用な労働は社会の中でのみ、そして社会を通じてのみ可能であるから、労働の収益は全て、平等の権利に従って、社会の全構成員に帰属する」。
 A fine conclusion!
 If useful labor is possible only in society and through society, the proceeds of labor belong to society -- and only so much therefrom accrues to the individual worker as is not required to maintain the "condition" of labor, society.
 素晴らしい結論である。
 もし有用な労働が社会の中でのみ、社会を通してのみ可能であるのなら、労働収益は社会に帰属する。そして、そのうち、労働の「条件」、つまり、社会を維持するために必要でないものだけが、個々の労働者の手に入る。
 In fact, this proposition has at all times been made use of by the champions of the state of society prevailing at any given time.

 First comes the claims of the government and everything that sticks to it, since it is the social organ for the maintenance of the social order; then comes the claims of the various kinds of private property, for the various kinds of private property are the foundations of society, etc.

 One sees that such hollow phrases are the foundations of society, etc.
 One sees that such hollow phrases can be twisted and turned as desired.
 実際この命題も、あらゆる時代に、その時々において社会的に支配的であった国家の王者達によって、利用されてきた。

 最初に、政府と政府に付きまとうあらゆる要求が出てくる。なぜなら、政府は社会秩序を維持するための社会的機関だからである。次に、各種の多様な私的所有者たちの要求がでてくる。なぜなら、各種の多様な私的所有は社会の基礎であるから、など。

 このような中身が空っぽの決まり文句は、社会の基礎である。
 このような中身が空っぽの決まり文句は、お望み通りにひねりだすことができる。

 The first and second parts of the paragraph have some intelligible connection only in the following wording: "Labor becomes the source of wealth and culture only as social labor", or, what is the same thing, "in and through society".

 This proposition is incontestably correct, for although isolated labor (its material conditions presupposed) can create use value, it can create neither wealth nor culture.

  この節の第一の部分と第二の部分は、次のような言い回しでのみ、どうにか道理にかなった関連を持つ。「労働は、社会的労働としてのみ」、あるいは同じ事であるが、「社会の中で、又社会を通してのみ」、「富と文化の源泉となる」。

 この命題は争う余地無く正しい。というのは、孤立した労働が(その物質的諸条件が前提されているとして)使用価値を創りだすことが出来るとしても、それは富も文化も創りだすことはできないからである。 

 But equally incontestable is this other proposition: "In proportion as labor develops socially, and becomes thereby a source of wealth and culture, poverty and destitution develop among the workers, and wealth and culture among the nonworkers."

 しかし、全く同様に、次の命題も争う余地が無い。「労働が社会的に発展するにつれて、そしてそれによって富と文化との源泉となるのに応じて、労働者の間には貧困と荒廃とが進み、非労働者の側では富と文化とが発展する」。
 This is the law of all history hitherto.
 What, therefore, had to be done here, instead of setting down general phrases about "labor" and "society", was to prove concretely how in present capitalist society the material, etc., conditions have at last been created which enable and compel the workers to lift this social curse.
 これが、これまでのあらゆる歴史の法則である。
 従って、「労働」とか「社会」について一般的な文句をあてがう代わりに、ここで為されねばならなかったことは、労働者にこの歴史的災禍を打破する能力を与え、又打破せざるを得ないようにする物質的その他の諸条件が、どのようにして現在の資本家社会の中に遂に創りだされたのかを具体的に証明することであった。

 In fact, however, the whole paragraph, bungled in style and content, is only there in order to inscribe the Lassallean catchword of the "undiminished proceeds of labor" as a slogan at the top of the party banner.

 I shall return later to the "proceeds of labor", "equal right", etc., since the same thing recurs in a somewhat different form further on.

 しかしながら、実際には、文体的にも内容的にも不細工にしたこの節の全体は、「減じない労働収益」というラサール派の標語をスローガンとして党旗の先端に書き記すために、ここにあるに過ぎない。

 私は、「労働収益」、「平等の権利」など、同じ事がやや違ったかたちで先で繰り返されているので、後で立ち返らねばならない。

2.

 "In present-day society, the instruments of labor are the monopoly of the capitalist class; the resulting dependence of the working class is the cause of misery and servitude in all forms."

 「今日の社会では、労働手段は資本家階級が独占している。その結果としての労働者階級の従属は、あらゆる形態での悲惨と隷属との原因である」。

 This sentence, borrowed from the Rules of the International, is incorrect in this "improved" edition.

 In present-day society, the instruments of labor are the monopoly of the landowners (the monopoly of property in land is even the basis of the monopoly of capital) and the capitalists.

 In the passage in question, the Rules of the International do not mention either one or the other class of monopolists.

 They speak of the "monopolizer of the means of labor, that is, the sources of life."
 The addition, "sources of life", makes it sufficiently clear that land is included in the instruments of labor.

 インタナショナルの規約から借りてきたこの命題は、この「改訂」版では誤っている。

 今日の社会では、労働手段は土地所有者(土地所有の独占は資本独占の基盤でさえある)及び資本家が独占している。

 質疑審議中であるが、インタナショナルの規約は、一方あるいは他方の独占者について述べていない。

 それは、「労働手段即ち生活諸源泉の独占」と云っている。「生活諸源泉」という補足は、土地が労働手段に含まれていることを十分に示している。

 The correction was introduced because Lassalle, for reasons now generally known, attacked only the capitalist class and not the landowners.

 In England, the capitalist class is usually not even the owner of the land on which his factory stands.

 この改訂は、ラサールが、その諸理由は今日一般的に知られていないが、資本家階級だけを攻撃し、土地所有者を攻撃しなかったせいで導入された。

 イギリスでは、資本家はたいていの場合、彼の工場が立っている所有者ですらない。

3.

 "The emancipation of labor demands the promotion of the instruments of labor to the common property of society and the co-operative regulation of the total labor, with a fair distribution of the proceeds of labor.

 "Promotion of the instruments of labor to the common property" ought obviously to read their "conversion into the common property"; but this is only passing.

 「労働の解放は、労働諸手段の増進を社会の共有財産に高める事、及び総労働を協同組合的に法制化し、労働収益を公正に分配する事を要求している」。

 「労働手段を共有財産に高めること」とは、明らかに労働手段を「共有財産へ転換する事」という風に読み取らねばならない。しかしこれは、単にそれだけのことに過ぎない。

 What are the "proceeds of labor"? The product of labor, or its value? And in the latter case, is it the total value of the product, or only that part of the value which labor has newly added to the value of the means of production consumed?

 "Proceeds of labor" is a loose notion which Lassalle has put in the place of definite economic conceptions.

 「労働収益」とは何か? 労働生産物の事か、それともその価値の事か? そして後者の場合であるとすれば、生産物の総価値のことか、それとも消費した生産手段の価値に労働が新たに付け加えた価値部分だけの事か?

 「労働収益」とは、ラサールがはっきりした経済学的な概念の代わりにもってきた曖昧な概念である。

 What is "a fair distribution"?

 Do not the bourgeois assert that the present-day distribution is "fair"? And is it not, in fact, the only "fair" distribution on the basis of the present-day mode of production?

 Are economic relations regulated by legal conceptions, or do not, on the contrary, legal relations arise out of economic ones?

 Have not also the socialist sectarians the most varied notions about "fair" distribution?

 「公正な分配」とは何か?

 ブルジョアジーは、今日の分配は「公正」であると主張してはいないか? そして、それは、事実、今日の生産様式の基礎上では唯一の「公正な」分配ではないのか
?

 
経済的諸関係が法的概念によって規定されるのか、あるいは逆に、法的諸関係は経済的なものから生起しているのではないのか?

 又、社会主義者の諸宗派の者達は、「公正な」分配に関して、極めて多様な諸概念をもっていないだろうか?

 To understand what is implied in this connection by the phrase "fair distribution", we must take the first paragraph and this one together.

 The latter presupposes a society wherein the instruments of labor are common property and the total labor is co-operatively regulated, and from the first paragraph we learn that "the proceeds of labor belong undiminished with equal right to all members of society."
 「公正な分配」という文句で示されるこの関係で何が述べられているのかを理解するに、最初の節をこの節とつき合わせてみなければならない。

 後者は、労働諸手段が共有財産であり、そして総労働が協同組合的に法制化されているという意味での社会を仮定している。そして最初の節からは、「労働の収益は全て、平等の権利に従って、社会の全構成員に帰属する」ということが教えられる。
 "To all members of society"? To those who do not work as well? What remains then of the "undiminished" proceeds of labor? Only to those members of society who work? What remains then of the "equal right" of all members of society?
 「社会の全構成員に」とは? 労働しないものにも同様になのか? その場合、「労働の減じない収益」はどうなるのか。労働する社会の全構成員だけになのか? その場合、社会の全構成員の「平等の権利」はどうなるのか?
 But "all members of society" and "equal right" are obviously mere phrases.
 The kernel consists in this, that in this communist society every worker must receive the "undiminished" Lassallean "proceeds of labor".
 しかし、「社会の全構成員」とか「平等の権利」とかいうことは、明らかに単なる慣用句である。
 核心は、ここにある。即ち。この共産主義者の社会においては、あらゆる労働者が、「減じない」というラサール的な「労働収益」を受け取らなければならないということにある。

 Let us take, first of all, the words "proceeds of labor" in the sense of the product of labor; then the co-operative proceeds of labor are the total social product.

 From this must now be deducted: First, cover for replacement of the means of production used up. Second, additional portion for expansion of production. Third, reserve or insurance funds to provide against accidents, dislocations caused by natural calamities, etc.

 さしあたり、「労働収益」という言葉を労働生産物の意味にとるならば、その場合、協同組合的労働収益とは社会的総生産物のことである。

 さて、ここから次のものを控除しなければならない。第一に、消耗した生産手段を補うための補填資金。第二に、生産を拡大するための追加部分。第三に、事故、自然災害による撹乱などに対する予備基金又は保険基金。
 These deductions from the "undiminished" proceeds of labor are an economic necessity, and their magnitude is to be determined according to available means and forces, and partly by computation of probabilities, but they are in no way calculable by equity.
 「減じない労働収益」からのこれらの控除は経済的に必要なことであり、その大きさは持ち合わせの手段と力とに応じて、又一部は確率計算によって、決定されなければならないのであって、しかし、決して公正から算定されはしない。
 There remains the other part of the total product, intended to serve as means of consumption.

 Before this is divided among the individuals, there has to be deducted again, from it:
 全生産物のうち、消費手段として役立つように予定された他の部分が残っている。

 個々人に分配される前に、その中からもう一度、次のものが差し引かれる。

 First, the general costs of administration not belonging to production.
 This part will, from the outset, be very considerably restricted in comparison with present-day society, and it diminishes in proportion as the new society develops.

 Second
, that which is intended for the common satisfaction of needs, such as schools, health services, etc.
 From the outset, this part grows considerably in comparison with present-day society, and it grows in proportion as the new society develops.

 Third, funds for those unable to work, etc., in short, for what is included under so-called official poor relief today.

 第一に、直接に生産に属さない一般的な管理費用。
 この部分は、現在の社会に比べると初めから極度に限られ、新しい社会が発展するのに対応して減少する。

 第二に、学校、健康維持設備などのような、諸欲求を共同でみたすためにあてられる部分。
 この部分は、現在の社会に比べると初めから著しく増大し、新しい社会が発展するのに対応して増加する。

 第三に、労働不能なものなどのための、要するに、今日のいわゆる公的な貧民救済にあたることの為の基金。

 Only now do we come to the "distribution" which the program, under Lassallean influence, alone has in view in its narrow fashion -- namely, to that part of the means of consumption which is divided among the individual producers of the co-operative society.

 ここでようやく我々は、「分配」にたどり着く。綱領は、ラサール派の影響で、偏狭にもそれしか眼中においていないのだが、即ち、協働組合の個々の生産者達の間に分配される消費手段の部分にたどりつく。

 The "undiminished" proceeds of labor have already unnoticeably become converted into the "diminished" proceeds, although what the producer is deprived of in his capacity as a private individual benefits him directly or indirectly in his capacity as a member of society.

 Just as the phrase of the "undiminished" proceeds of labor has disappeared, so now does the phrase of the "proceeds of labor" disappear altogether.

 労働の「減じない」収益」は既に、気が付かないようにこっそり「削減された収益」に変えられている。生産者は、私的個人としてその能力を奪われているものは、社会の構成員としての能力において、彼に、直接又は間接に恩恵をもたらしてくるのだけれども。

 労働の「減じない」収益」文句が消えうせてしまったように、凡そ「労働収益」という文句も消える。

 Within the co-operative society based on common ownership of the means of production, the producers do not exchange their products; just as little does the labor employed on the products appear here as the value of these products, as a material quality possessed by them, since now, in contrast to capitalist society, individual labor no longer exists in an indirect fashion but directly as a component part of total labor.

 The phrase "proceeds of labor", objectionable also today on account of its ambiguity, thus loses all meaning.

 生産諸手段の共有を基礎とする協同組合的な社会の内部では、生産者達は彼らの生産物を交換しない。同様に、ここでは生産物に費やされた労働はこれらの生産物の価値として、即ち生産物が持つ一つの物質的特性として現われない。というのは、今では、資本主義社会とは反対に、個人的な労働は、もはや間接にではなく、直接に、総労働の構成部分として存在するからである。

 「労働収益」という文句は、今日でさえその曖昧さの故に不愉快なものであるが、こうしてあらゆる意味を失う。
 What we have to deal with here is a communist society, not as it has developed on its own foundations, but, on the contrary, just as it emerges from capitalist society; which is thus in every respect, economically, morally, and intellectually, still stamped with the birthmarks of the old society from whose womb it emerges.
 我々がここで取り扱っているものは、それ自身の基礎の上で発展した共産主義社会ではなく、反対に、資本主義社会から生まれたばかりの共産主義社会であり、従って、この共産主義社会は、あらゆる点で、経済的にも、道徳的にも、精神的にも、この共産主義社会が生まれてきた母胎である古い社会の母斑を未だに刻印している。
 Accordingly, the individual producer receives back from society -- after the deductions have been made -- exactly what he gives to it.

 What he has given to it is his individual quantum of labor.

 For example, the social working day consists of the sum of the individual hours of work; the individual labor time of the individual producer is the part of the social working day contributed by him, his share in it.
 それ故に、個々の生産者は、-彼が社会に与えるものを-控除したあと-まさにその同じだけのものを社会から取り戻す。

 彼が社会に与えたものは、彼の個人的労働量である。

 例えば、社会的労働日は個人的労働時間の合計から成り立つ。個々の生産者の個人的労働時間は社会的労働日の彼が給付した部分であり、社会的労働日のうちの彼の持分である。

 He receives a certificate from society that he has furnished such-and-such an amount of labor (after deducting his labor for the common funds); and with this certificate, he draws from the social stock of means of consumption as much as the same amount of labor cost.

 The same amount of labor which he has given to society in one form, he receives back in another.

 彼は、(共同の基金のために彼の労働を控除したあとで)これこれの量の労働を給付したという証明書を社会から受け取り、そして、この証明書で消費手段の社会的貯えの中から、等量の労働価値を要するものを引き出す。

 個々の生産者は、彼がある形態で社会に与えたのと同じ量の労働を、他の形態と交換するのである。

 Here, obviously, the same principle prevails as that which regulates the exchange of commodities, as far as this is exchange of equal values.

 Content and form are changed, because under the altered circumstances no one can give anything except his labor, and because, on the other hand, nothing can pass to the ownership of individuals, except individual means of consumption.

 But as far as the distribution of the latter among the individual producers is concerned, the same principle prevails as in the exchange of commodity equivalents: a given amount of labor in one form is exchanged for an equal amount of labor in another form.

 ここでは明らかに、商品交換を法制化することが等価物の交換である限りにおいて同じ原理が支配している。

 内容と形態は変化させられている。なぜなら、適合変化した状況の下では、誰も自分の労働のほかに何も与えることができないからであり、又他方で、個人的な消費手段のほかに何ものも個々人の所有になりえないからである。

 しかし、個々の生産者達の間への個人的な消費手段の分配に関しては、商品等価物の交換のときと同じ原理が支配している。

 ある形態の等量の労働が他の形態の等量の労働と交換されるのである。
 Hence, equal right here is still in principle -- bourgeois right, although principle and practice are no longer at loggerheads, while the exchange of equivalents in commodity exchange exists only on the average and not in the individual case.

 
In spite of this advance, this equal right is still constantly stigmatized by a bourgeois limitation.

 The right of the producers is proportional to the labor they supply; the equality consists in the fact that measurement is made with an equal standard, labor.
 従って、ここでは、平等の権利は相変わらず原理的には-小ブルジョア的権利である。ここでは原理と実践とはもはや争いあったりしないのではあるが、しかるに商品交換における等価物の交換は、、平均においてだけ存在し、個々の場合には存在しないのである。

 こうした進歩にも拘らず、この平等の権利はまだ常にそのブルジョア的制限にとりつかれている。

 生産者達の権利は彼らの労働の給付に比例している。平等とは、尺度が労働という同じ基準で測られるということにある。
 But one man is superior to another physically, or mentally, and supplies more labor in the same time, or can labor for a longer time; and labor, to serve as a measure, must be defined by its duration or intensity, otherwise it ceases to be a standard of measurement.

 This equal right is an unequal right for unequal labor.

 It recognizes no class differences, because everyone is only a worker like everyone else; but it tacitly recognizes unequal individual endowment, and thus productive capacity, as a natural privilege.
 しかし、あるものは他のものに比べて肉体的に、又は精神的にまさっており、従って、同じ時間により多くの労働を給付し、あるいはより長い時間、労働することができる。労働は、基準として役立つためには、長さ又は強度に従って規定されなければならない。さもなければ、労働は尺度基準ではなくなるであろう。

 この平等の権利は、等しくない労働に対しては、不平等の権利である。

 階級的差異が存在しなくなるや、全ての人はみんなと同じような一労働者であることになる。しかしそれは、労働者の不平等な個人的天分と、又従って、不平等な個人的給付能力を、生まれながらの特権として暗黙のうちに認める。
 It is, therefore, a right of inequality, in its content, like every right.

 Right, by its very nature, can consist only in the application of an equal standard; but unequal individuals (and they would not be different individuals if they were not unequal) are measurable only by an equal standard insofar as they are brought under an equal point of view, are taken from one definite side only -- for instance, in the present case, are regarded only as workers and nothing more is seen in them, everything else being ignored.
 従ってそれは、あらゆる権利と同じく、内容の点では不平等の権利である。

 権利とは、その本性上、同じ基準を適用するということにおいてのみ成り立ちうる。しかし、不平等な諸個人(そしてもし彼らが不平等でないなら、相異なる個人にはなり得ないであろう)は、同じ基準によって測定できはするが、それはただ、彼らを同じ視点のもとにおき、ある特定の側面からだけ捉える限りでのことであって、例えば今の場合では、彼らを労働者とのみみなし、そして、彼らの中にそれ以外のものを一切見ず、他の一切のものを度外視する限りでのことである。

 Further, one worker is married, another is not; one has more children than another, and so on and so forth.

 Thus, with an equal performance of labor, and hence an equal in the social consumption fund, one will in fact receive more than another, one will be richer than another, and so on.

 To avoid all these defects, right, instead of being equal, would have to be unequal.

 更に、ある労働者は結婚しているが、他の労働者は結婚していないとか、一方の者は他方のものより子供が多い、等々。

 従って、相等しい労働を遂行して、それ故に社会的消費基金に同じ持分を有する場合でも、一方の者が他方のものよりも事実上多く受け取り、一方のものが他方のものよりも豊かである、など。

 これらの欠点の全てを避ける為には、権利は、平等である代わりに、むしろ不平等でなければならなくなるでであろう。

 But these defects are inevitable in the first phase of communist society as it is when it has just emerged after prolonged birth pangs from capitalist society.

 Right can never be higher than the economic structure of society and its cultural development conditioned thereby.

 しかしこうした欠点は、長い産みの苦しみの後に資本主義社会から生まれたばかりの共産主義社会の第一段階では、避けることができない。

 権利というものは、社会の経済的な構造、及びそれによって条件付けられる社会の文化的発展よりも決して高度では有り得ないのである。
 In a higher phase of communist society, after the enslaving subordination of the individual to the division of labor, and therewith also the antithesis between mental and physical labor, has vanished; after labor has become not only a means of life but life's prime want; after the productive forces have also increased with the all-around development of the individual, and all the springs of co-operative wealth flow more abundantly -- only then then can the narrow horizon of bourgeois right be crossed in its entirety and society inscribe on its banners: From each according to his ability, to each according to his needs!
 共産主義者社会のより高次な段階において、即ち、分業の下への個人の奴隷的な従属が解放され、それと共に、精神的労働と肉体的労働との対立も無くなった後で、労働が単に生きるための手段だけでなく、労働そのものが生活の第一の欲求となった後で、諸個人の全面的な発達に伴って彼らの生産諸力も増大し、あらゆる協同組合的富の源泉が一層あふれるほど湧き出るようになった後で、−−その時初めて、ブルジョア的権利の狭い地平的限界が完全に乗り越えられ、そして社会はその旗の下に次のように書くことができる。各人はその能力に応じて、各人はその必要に応じて

 I have dealt more at length with the "undiminished" proceeds of labor, on the one hand, and with "equal right" and "fair distribution", on the other, in order to show what a crime it is to attempt, on the one hand, to force on our Party again, as dogmas, ideas which in a certain period had some meaning but have now become obsolete verbal rubbish, while again perverting, on the other, the realistic outlook, which it cost so much effort to instill into the Party but which has now taken root in it, by means of ideological nonsense about right and other trash so common among the democrats and French socialists.

 私は一面で「減じない労働収益」ということに、他面で、「平等の権利」、「公正な分配」ということにかなり詳細に立ち入ってきたが、それは、一方で、ある時期には何らかの意味を持っていたが、今では時代遅れの決まり文句のがらくたとなってしまった観念を、わが党に再び教義として押し付けようとし、他方で、常に非常に苦労して伝えられ、党内に根付いた現実的な見解を、空理空論的な、権利とかそのほかの、民主主義者やフランスの社会主義者にお馴染みの戯言で再び歪曲するとき、どれほどひどい罪を犯しているかを示すためである。
 Quite apart from the analysis so far given, it was in general a mistake to make a fuss about so-called distribution and put the principal stress on it.
 これまで述べてきた分析は別としても、いわゆる分配の事で大騒ぎしてそれに教条的な力点をおくことは、凡そ誤りであった。
 Any distribution whatever of the means of consumption is only a consequence of the distribution of the conditions of production themselves.

 The latter distribution, however, is a feature of the mode of production itself.

 The capitalist mode of production, for example, rests on the fact that the material conditions of production are in the hands of nonworkers in the form of property in capital and land, while the masses are only owners of the personal condition of production, of labor power.
 どのような消費手段であろうといかなる分配であろうとも、生産諸条件そのものの分配の結果に過ぎない。

 しかしながら、生産諸条件の分配は生産様式そのものの一つの特徴である。

 例えば、資本主義的生産様式は、物質的生産諸条件が資本や土地所有という形態で非労働者達に配分されているが、他方、大衆は、人的生産条件、つまり労働力の所有者に過ぎない、ということに基づいている。

 If the elements of production are so distributed, then the present-day distribution of the means of consumption results automatically.

 If the material conditions of production are the co-operative property of the workers themselves, then there likewise results a distribution of the means of consumption different from the present one.

 Vulgar socialism (and from it in turn a section of the democrats) has taken over from the bourgeois economists the consideration and treatment of distribution as independent of the mode of production and hence the presentation of socialism as turning principally on distribution.

 After the real relation has long been made clear, why retrogress again?

 生産の諸要素がこのように分配されているならば、消費手段の今日のような分配がおのずから生じる。

 物質的生産諸条件が労働者自身の協同組合的所有であるならば、同じように、今日のものとは異なった消費手段の分配が生じる。

 俗流社会主義(そして俗流社会主義から民主主義者の一部に転ずるとしたものだが)は、ブルジョア経済学者から分配の熟慮と取り扱いを生産様式から独立したものとしてみなすことを受け継いだ。だから、社会主義の叙述を原理的に分配として転化させることを受け継いだ。

 真の関係がとっくに明らかにされている後で、なぜ再び逆戻りするのか。

4.

 "The emancipation of labor must be the work of the working class, relative to which all other classes are only one reactionary mass."

 The first strophe is taken from the introductory words of the Rules of the International, but "improved".

 There it is said: "The emancipation of the working class must be the act of the workers themselves"; here, on the contrary, the "working class" has to emancipate -- what? "Labor." Let him understand who can.

 In compensation, the antistrophe, on the other hand, is a Lassallean quotation of the first water: "relative to which" (the working class) "all other classes are only one reactionary mass."

 「労働の解放は労働者階級の事業でなければならない。労働者階級に対して、他のあらゆる階級は一つの復古的な大衆に過ぎない」。

 最初の一句はインタナショナルの規約の前文からとられたのであるが、しかしそれを「改訂」している。

 規約前文では次のように云われている。「労働者階級の解放は労働者自身の行為で無ければならない」。それに対して、ここでは「労働者階級が」解放しなければならないのは何か?
「労働」である。これでは誰が理解できようか。

 他方、対句は、埋め合わせのために、生粋のラサール派からの引用である。「それ(労働者階級)に対して」、「他のあらゆる階級は一つの反動的な大衆を為すに過ぎない」。

 In the Communist Manifesto it is said:

 "Of all the classes that stand face-to-face with the bourgeoisie today, the proletariat alone is a really revolutionary class.

 The other classes decay and finally disappear in the face of modern industry; the proletariat is its special and essential product."

 「共産主義者の宣言」では、次のように云われている。

 「今日ブルジョアジーに対立しているあらゆる階級のうち、ただプロレタリアートだけが真に革命的な階級である。

 他の諸階級は近代的産業と共に零落して遂には没落し、プロレタリアートは近代的産業の特別且つ本質的に重要な産物である」。

 The bourgeoisie is here conceived as a revolutionary class -- as the bearer of large-scale industry -- relative to the feudal lords and the lower middle class, who desire to maintain all social positions that are the creation of obsolete modes of production.

 thus, they do not form together with the bourgeoisie "only one reactionary mass".

 ブルジョアジーはここでは、大規模産業の担い手として把握されている限りにおいて革命的な階級として受け止められている。時代遅れの生産様式の創造者であるあらゆる社会的諸立場を維持せんと渇望している封建貴族や中間層に対しては。

 従って、封建貴族や中間層は、「一つの復古的な大衆」を為すに過ぎないが、ブルジョアジーと共に為すのではない。
 On the other hand, the proletariat is revolutionary relative to the bourgeoisie because, having itself grown up on the basis of large-scale industry, it strives to strip off from production the capitalist character that the bourgeoisie seeks to perpetuate.

 But the Manifesto adds that the "lower middle class" is becoming revolutionary "in view of [its] impending transfer to the proletariat".
 他面で、プロレタリアートはブルジョアジーに対して革命的である。というのは、プロレタリアートは、それ自身大規模産業の土壌で成長を遂げながら、ブルジョアジーが永久化しようとする資本主義者的性格を生産からはぎとるようつとめているからである。

 しかし、「宣言」は次のように付け加えている。「中間層」が革命的となるのは、「自分の前に迫っているプロレタリアートへの移行を考慮してのことである」。

 From this point of view, therefore, it is again nonsense to say that it, together with the bourgeoisie, and with the feudal lords into the bargain, "form only one reactionary mass" relative to the working class.

 Has one proclaimed to the artisan, small manufacturers, etc., and peasants during the last elections: Relative to us, you, together with the bourgeoisie and feudal lords, form one reactionary mass?

 従って、この見地からは、中間層が、「ブルジョアジーと共に」、「おまけに封建貴族と共に、労働者階級に対して「一つの反動的な大衆を為すに過ぎない」というのは、やはり馬鹿げている。

 ひとはこの前の選挙のときに、手工業者、小工業家などや農民に向かって、我々との関連において、君達は、ブルジョアや封建貴族と共に、一つの復古的な大衆を形成しているだけだ、と声明したであろうか。
 Lassalle knew the Communist Manifesto by heart, as his faithful followers know the gospels written by him. If, therefore, he has falsified it so grossly, this has occurred only to put a good color on his alliance with absolutist and feudal opponents against the bourgeoisie.
 ラサールは、彼の信者達が彼の書いた救済の諸書についてしていたように、「宣言」を暗記していた。従って、ラサールが、「宣言」をこれほどがさつに改竄したとすれば、それは、ブルジョアジーに対立する絶対主義的及び封建的敵対者達と彼が同盟したことを、言いつくろうために過ぎない。

 In the above paragraph, moreover, his oracular saying is dragged in by main force without any connection with the botched quotation from the Rules of the International.

 Thus, it is simply an impertinence, and indeed not at all displeasing to Herr Bismarck, one of those cheap pieces of insolence in which the Marat of Berlin deals.

[ Marat of Berlin a reference to Hasselmann, cheif editor of the Neuer Social-Demokrat]

 更にそれに加えて、右の節では、ラサールの金言は、インタナショナルの規約からの改悪された引用文とは何の関係も無く、無理に引っ張り込まれている。

 従って、ラサールの金言は、ここでは全くでしゃばりであり、しかもビスマルク氏には決して不愉快ではないことであって、ベルリンのマラーが売り物にしているあの安っぽい無作法の一つである。


 [ Marat of Berlin a reference to Hasselmann, cheif editor of the Neuer Social-Demokrat]

5.

  "The working class strives for its emancipation first of all within the framework of the present-day national states, conscious that the necessary result of its efforts, which are common to the workers of all civilized countries, will be the international brotherhood of peoples."

 Lassalle, in opposition to the Communist Manifesto and to all earlier socialism, conceived the workers' movement from the narrowest national standpoint.

 He is being followed in this -- and that after the work of the International! 

 「労働者階級は、自己の解放のために、さしあたって今日の国民的諸国家の枠の中で闘うが、あらゆる文明国の労働者に共通する彼らの努力の必然的名成果が、諸国民の国際的な兄弟愛となるであろうことを自覚している」。

 ラサールは、「共産主義者の宣言」とかってのあらゆる社会主義とは反対に、労働者運動をもっとも狭い国民的立場から理解していた。

 人はこの点で彼に追随している--そしてそれが、インタナショナルの活動の後で、なのである
 It is altogether self-evident that, to be able to fight at all, the working class must organize itself at home as a class and that its own country is the immediate arena of its struggle -- insofar as its class struggle is national, not in substance, but, as the Communist Manifesto says, "in form".
 次のことが自明である。凡そ闘う事ができるためには、労働者階級は自分の国で自己を階級として組織しなければならないということ、国内が彼らの闘争の直接の舞台であるということ、--その限りで、労働者階級の階級闘争は、内容としてではないが、「共産主義者の宣言」が云うように、「形式としては」国民的なのである。

 But the "framework of the present-day national state", for instance, the German Empire, is itself, in its turn, economically "within the framework" of the world market, politically "within the framework" of the system of states.

 Every businessman knows that German trade is at the same time foreign trade, and the greatness of Herr Bismarck consists, to be sure, precisely in his pursuing a kind of international policy.

  しかし、「今日の国民国家の枠」、例えばドイツ帝国の枠は、それ自体又、経済的には世界市場の「枠の中」にあり、政治的には諸国家の体制の「枠の中」にある。どんな商人でも、ドイツの商業が同時に外国貿易であるということを知っており、又ビスマルク氏の偉大さはまさに国際政治の彼のやり方にあるのである。
 And to what does the German Workers' party reduce its internationalism?

 To the consciousness that the result of its efforts will be "the international brotherhood of peoples" -- a phrase borrowed from the bourgeois League of Peace and Freedom, which is intended to pass as equivalent to the international brotherhood of working classes in the joint struggle against the ruling classes and their governments.
 それなのに、ドイツ労働者党は彼らの国際主義をどこに帰着させるのか。

 彼らの努力の成果が「諸国民の国際的な兄弟愛」となるであろうという意識に対して、ブルジョア的な自由平和同盟から借りてきた空文句が代用されている。この空文句が、支配諸階級や彼らの政府に対する共同の闘争における労働者階級の国際的な兄弟愛にかわって、それに当たる語として通用せしめんと目論まれている。

 Not a word, therefore, about the international functions of the German working class!

 And it is thus that it is to challenge its own bourgeoisie -- which is already linked up in brotherhood against it with the bourgeois of all other countries -- and Herr Bismarck's international policy of conspiracy.

 従って、ドイツ労働者階級の国際的な役目についてはただの一言も述べられていない。

 そうしておいて、ドイツ労働者党は、既に他のあらゆる国のブルジョアジーと兄弟のような交わりを結んでいる自国のブルジョアジー--そしてビスマルク氏の国際的な陰謀政治に挑もうというのである。

 In fact, the internationalism of the program stands even infinitely below that of the Free Trade party.

 The latter also asserts that the result of its efforts will be "the international brotherhood of peoples".

 But it also does something to make trade international and by no means contents itself with the consciousness that all people are carrying on trade at home.

 実際には、綱領の国際主義的な立場は、自由貿易派のそれより更に限りなく低い。

 自由貿易派も又、彼らの努力の成果は「諸国民の国際的な兄弟愛」となる、と主張している。

 しかし、彼らは商業を国際的なものとするために何事かを実行しているのであって、あらゆる国民は自国で商業を営むという意識の下に満足しようなどとは断じてしていない。

 The international activity of the working classes does not in any way depend on the existence of the International Working Men's Association.

 This was only the first attempt to create a central organ for the activity; an attempt which was a lasting success on account of the impulse which it gave but which was no longer realizable in its historical form after the fall of the Paris Commune.

 Bismarck's Norddeutsche was absolutely right when it announced, to the satisfaction of its master, that the German Workers' party had sworn off internationalism in the new program.

 労働者階級の国際的な活動は、如何なる意味においても「国際労働者協会」の存在に左右されるものではない。

 国際労働者協会は、この活動のために一つの中央機関をつくる最初の試みに過ぎなかった。それが与えた刺激によって持続的な成功を収めた一つの試みも、しかし、パリ・コミューンが崩壊した後、その最初の歴史的な形態では、もはや、やり通すことが出来なかったのである。

 ビスマルクの「ノルトドイチェ」紙は、その主人を満足させるために、ドイツ労働者党は新綱領で国際主義を放棄したと告げたが、全く正しかった。
 Next: Section II Critique of the Gotha Programme




(私論.私見)


2001年11月1日(木) 西欧政治思想史第7章 『共産党宣言』を読む(3)

「共産主義社会のより高度の段階において、すなわち諸個lが分業に奴隷的に従属することがなくなり、それとともに精神的労働と肉体的労働との対立もなくなったのち、また、労働がたんに生活のための手段であるだけでなく、生活にとってまっさきに必要なこととなったのち、また、諸個人の全面的な発展につれてかれらの生産諸力も成長し、協同組合的な富がそのすべての泉から溢れるばかりに湧きでるようになったのち──そのときはじめて、ブルジョア的権利の狭い地平は完全に踏みこえられ、そして社会はその旗にこう書くことができる。各人はその能力に応じて、各人にはその必要に応じて!・・・・・・どんなばあいにも、消費諸手段の分配は生産諸条件の分配そのものの結果にすぎないのであって、生産様式そのもののひとつの特徴をなすのは生産諸条件の分配のほうである」(『ゴータ綱領批判』岩波文庫、38-39頁)。