別章【保田與重郎ワールド考】

 (最新見直し2012.06.21日)

 (れんだいこのショートメッセージ)
 ここで、保田與重郎を確認しておく。「ゆめさめて うつつの花の すさまじさ 何に流しし 泪なりけむ 」(保田與重郎)。戦前に於ける日本浪漫派の総帥にして「日本の心、民族的な日本精神」の根底に於ける良き理解者であったと思われる保田與重郎の履歴と思想を確認する。戦後日本は皇国史観と共に並走していた「もう一つの日本論」をも放擲してしまった。そのツケが自家撞着し現代日本を混乱させていると思われる折柄、必要な検証ではなかろうか。

 2012.06.21日 れんだいこ拝


関連サイト 邪馬台国の研究 日本神話考 上古代史書研究

目次

コード 中項目
れんだいこの保田與重郎論
保田與重郎の履歴考
保田與重郎の著作考
保田與重郎の文芸論その1
保田與重郎の歴史論その1
保田與重郎の時評その1
保田與重郎のマルクス主義批判と絆その1
インターネットサイト
関連著作本




(私論.私見)