別章【タルムード考】

 (最新見直し2006.11.10日)

 (れんだいこのショートメッセージ)
 いわゆるユダヤ教に対する認識を正確に為さねばならない。正典としては、トーラーと云われる旧約聖書、モーゼ諸律法、それらの注釈書が挙げられる。他にタルムードと云われる小訓話を集成した裏教本がある。更に、黒魔術的秘儀に関するカバラなるものがある。ユダヤ教及びその思想は、この三体系法から形成されている。このうちで、裏教本のタルムードこそが実践的な指針書であり、いわゆるユダヤ教とはむしろタルムード教と云い代えても良いほどである。それはサタニズム(サタン信仰)に導かれている。当然ながら、「シオンの議定書」の背後にある思想はタルムード思想である。それほどにタルムードの値打ちは高い。

 そのタルムードは部外には秘されており門外不出にされている。下手に読むと迷路への陥穽が敷かれている。ここではぼちぼち考察していきたい。

 2005.2.23日、2006.11.10日再編集 れんだいこ拝

  ユダヤ教のラビとして来日していたマービン・トケイヤーは、タルムードは、著書「ユダヤ製国家日本」の中で次のように述べている。
 「ユダヤ人にとって聖書に次いでタルムードが、重要な本となっている。ユダヤ五千年の智恵が、込められている本だ。ユダヤ人であれば、子供の頃からタルムードを学ぶが、この本には機知と機転に溢れた発想法をどのようにして身につけたらよいか、という教えが満載されている」。

 つまり、概要「宗教の経典。人類の叡智」として褒めたたえている。確かに、タルムードは、旧約聖書と並んでユダヤ人の生活を律する規範となっている。れんだいこは、「タルムード」を目にしたことも読んだことが無いので軽々に論ずる事は出来ないが、恐らくユダヤ人の生活規律、規範について思案を深めるよう、実践指針になるよう纏められた独特の訓話文書群ではないかと思っている。

 問題は、その中身である。「タルムード」について、イルミナティ(啓明会)の創設者(アダム・ワイスプト)の手紙サイトでは次のように記されている。
 「一般には”悪”とされる事が、自分達には”善”、その逆に一般には”善”とされる事が自分達には”悪”ーーこういう二重論理が何を元にして作られるかを伺わせるのは、『タルムード』である。(次に引用する『タルムード』の文言は、現在入手出来る版からはおそらく削ってある。戦前から『タルムード』の新しい版毎に削除されている箇所が増えている事が、しばしば指摘されている)」。

 小石泉牧師の教説(「角笛」「キリスト教への攻撃」あやしいメシアニックジュー)の一節で、次のように云われている。
 今、我々に何が出来るというのか。この世は完全に彼らに握られてしまった。この日本でさえ、ユダ ヤに関する批判はもはや大ぴらには出来ない。この国の支配者はだれなのか。今、我々は自民党や小渕恵三氏の悪口なら何の妨げもなく 言う事ができる。しかし、ユダヤに関しては〃良いことも悪いことも〃言えないのである。昔から本当の支配者の悪口は言えないものだ。
 
 以下、これを解析する。

 2004.2.22日 れんだいこ拝


 関連サイト
パレスチナ問題考 「ユダヤ人問題」考
「シオンの議定書」考 歴史再検証論(主義)考
ブッシュの戦争絵巻考 「ホロコースト、逆ホロコースト考」
ヒトラー考 「ネオコン」考
イエス・キリスト論

コード 中項目
「タルムードの位置づけ」
「タルムードの中身その1、処世訓」
「タルムードの中身その2、悪の論理」
「水の戒律」
別章【デ・グラッペ著、久保田栄吉訳編「世界撹乱の律法 ユダヤのタルムード」
ユダヤ教教師の臓器売買考
キリスト教側からのタルムード排斥史
ルターの「タルムード観」
小石泉牧師の「タルムード観」
現代のタルムード狂考
ユダヤ思想対古代ギリシャ思想の相互排斥考
インターネットサイト
関連著作本




(私論.私見)