徳田書記長時代の党人脈図


総合評価 革命戦略 組合闘争 議会闘争 大衆運動 自主独立 党内統制
徳田系 徳田
伊藤律
志田重男
西沢
椎野悦郎
中西
山本
志賀
野坂
宮本系 宮本
袴田
春日(庄)系 春日(庄)
亀山
神山系 神山
中野

 



 

@・徳田球一・伊藤律系
岩田英一
市川義雄 市川正一の実弟 「生粋党員」 戦後、死んだ兄正一の分まで背負って徳田の相談相手になり、党内では「気のいいおじいさん」で通っていた。しかし、六全協後は、宮本・袴田ラインに干され、一切の職を解任され、パチンコの景品で生計を立てる状態に追い込まれた。71.11.4日「早く徳田君のところにいきたい」とつぶやきつつ77歳で逝去した。
黒木重徳 「生粋党員」 46.2月の5回大会で、中央委員、書記局員に選任され、4月に行われる22回総選挙に東京から立候補することになり、なれない選挙準備で忙殺された。三越で行われた各党代表の立会演説会で演説中に倒れ、3.16日逝去した。
伊藤憲一 「生粋党員」 徳田を支える「両伊藤」と命名されていたほどの徳田系で、六全協後は「変節した共産党本部の敷居は二度とまたがない、本当の共産党はここにあると胸を張っていた」と伝えられている。
伊藤律 「生粋党員」
長谷川浩 中央委員、政治局員 「生粋党員」 戦後の党運動では労働運動の指導に専念。常に徳田書記長と行動を共にする。60年の安保闘争では党青年学生部長として羽田空港でのハガチー来日抗議のデモを指揮。61年に党の綱領に反対して除名された。67年に共産主義労働者党に参加したが、極左方針に反対して労働者党全国連絡協議会を結成。81年に労働者党を結成して全国委員として活動していた。84.2.25日逝去。
白川晴一 中央委員、政治局員 「生粋党員」 国際派ばかりか志田派からも疎外され、51.10.27日結核が悪化して病死。
渡辺四郎 「生粋党員」
久保寅吉 「生粋党員」
前田俊彦 「生粋党員」 87.7.16逝去。宮顕、袴田から受けたスパイ嫌疑を晴らすことなく寂しく生を終えた。
椎野悦郎 「生粋党員」
A・徳田球一・志田系 「胡散臭い」
水野進
丸山一郎
吉田四郎
岩本巌
桝井とめ
松本一三
牧野弘之
杉本文雄
多田留治 六全協後、宮本系へ転換。
B・徳田球一・中立派系
紺野与次郎 「強・胡散臭い」 六全協後、宮本系へ転換。
竹中恒三郎 六全協後、宮本系へ転換。
春日正一 「強・胡散臭い」 六全協後、宮本系へ転換。
C・徳田球一・その他系
西沢隆司 「強・胡散臭い」
志賀義雄系
松本惣一郎
野坂参三系 「超・胡散臭い」
中西系






(私論.私見)