448913 フリーメーソン考

 (最新見直し2006.1.3日)

 (れんだいこのショートメッセージ)
 ユダヤ人のネオ・シオニズム陰謀組織としてフリーメーソンが挙げられ論ぜられている。今日ではフリーメーソン内部から秘密組織の全容が公開されつつあるが、既に用済み組織であり公開されても痛くも痒くも無いということではなかろうか。れんだいこの見るところ、既存のフリーメーソン論はフリーメーソンとイルミナティとの識別が為されていないように思える。よって当たらずとも遠からず的なフリーメーソン論が跋扈している。日本左派運動は、この面での研究を全く放棄している。太田龍・氏は早くより言及しているが、その先見が無視されすぎている。ここで、れんだいこ式フリーメーソン論を書き付け認識を正確にしておく。

 ユダヤ人陰謀組織は幾重にも重層的に構築されている。その全貌は容易なことでは分からない。「イルミナティ」(「イルミナティ考」)との絡みで云えば、先行するフリーメーソンに対しイルミナティが結社されてより、ユダヤ人陰謀組織のフロント(玄関)部分がフリーメーソン、奥の院部分がイルミナティとなったのではなかろうか。

 フリーメーソンの場合、イルミナティに比して、イタリア発ルネサンス運動との絡みが濃いように思われる。その限りでは、その頃のフリーメーソンは近現代の扉を開く進歩的な役割を果たした面があったたのではなかろうか。しかし、そのフリーメーソン運動が次第に「シオンの議定書」派に領導され大きく変質していく。この辺りを論考しないフリーメーソン論は物足りない。従って、フリーメーソンには今日的な意味でのネオ・シオニズム的性格はぼかされるている。ネオ・シオニズム研究は今やイルミナティ考で行われるべきであろう。これがフリーメーソン論に当たって留意せねばならない要点のように思われる。

 今日に於いてはユダヤ人の陰謀組織は大きく成長し、もはやフリーメーソン時代は終わっている。然らばフリーメーソンを研究する価値も減じているというべきであるが、歴史的にフリーメーソンが果たしてきた役割の重要性そのものが減ずる訳ではないので、以下、れんだいこが理解しているフリーメーソン論を書き付ける。

 2005.4.2日、2006.1.3日再編集 れんだいこ拝


関連サイト 「ユダヤ人問題」考 イルミナティ考
コード 中項目
れんだいこのフリーメーソン論
フリーメーソンの公式ガイド
WHAT?フリーメーソン
フリーメーソンの歴史
フリーメーソン教本
フリーメーソンと他の結社との関係
フリーメーソンとバチカンの関係史
フリーメーソン著名人
フリーメーソン日本史
フリーメーソン米国史
フリーメーソン・イタリー史
シオンの議定書文中のフリーメイソンに関する記述一覧
「赤間剛・氏のフリーメーソン研究」
「西郷派大東流合気道史観」考
インターネットサイト
関連著作本




(私論.私見)