32515 革命論

 (最新見直し2006.5.20日)

 マルクス主義の精髄は、革命論にある。その革命論とは、旧体制の改良にエネルギーを費やす愚昧さを退け、真に生産階級にして資本主義の進むところ否応無く圧倒的な人口を構成することになる労働者階級に社会の主人公としての自覚を与え、新社会の運営能力を啓発させ、そのウェイブを巻き起こすことを通じて旧体制を転覆させ、新社会体制を構築させるという論にある。

 そのプロセスには旧権力の抵抗が不可避であり、否応無く暴力革命的にならざるを得ない、又その渦中から新社会体制構築能力を形成していかねばならない、と示唆しているところに白眉なものがある。そういう意味で、
マルクスの「労働者階級の解放は、労働者階級自身の事業である」、「歴史は一瞬にして数世紀を飛躍する」という名言は不朽の金言であろう。

 次のレーニンの言葉も味わい深い。レーニンは世界の、とりわけロシアの革命の経験を総括して「革命的情勢の指標」について次のように述べている。
 「搾取され圧迫された大衆がこれまでどおりに生活ができないということを意識して変更を要求するというだけでは、革命にとって不十分である。革命にとっては、搾取者がこれまでのように生活し支配することができなくなる、ということが必要である。『下層』が古いものを望まず、『上層』がこれまでのようにやっていけなくなった場合にはじめて、その時にはじめて、革命は勝利することができる。いいかえれば、この真理は、――革命は、全国民的な(被搾取者も搾取者をもまきこむ)危機なしには起こり得ないという言葉によって表現される」(『共産主義における「左翼」小児病』)。  

 今日段階で云える事は、マルクスは社会主義革命の歴史的不可避性に言及していた。しかし、その具体的展開は後世に委ねた。後世の者は己の理解の仕方に応じて、マルクス主義を右派的にあるいは左派的に適用せんとしていった。右派系は、ベルンシュタイン、カウッキー、ロシアのプレハノフ等が代表し、西欧民主主義との兼ね合いを重視していったように思われる。今日に続く構造改革論、先進国革命論はこの系譜であろう。これに対し、ロシアのレーニンは暴力革命こそマルクス主義の真髄であるとして一瀉千里に建国革命へと雪崩れ込んでいった。この時打ち立てられたソビエト連邦は50年後あえなく潰えることになったものの。毛沢東の中国建国革命もこの系譜に属する。

 この両経過について今日様々に評価されているが、革命の成功事例は暴力革命の系譜以外に無いことを史実として確認しておかねばならないだろう。もっとも、このことは、いわゆる先進資本主義諸国の議会統治制度の活用に背を向け、その欺瞞を暴くのが革命的闘争であるという錯覚に陥ることを意味していない。左派運動にいつも現われる傾向であるが、そういうのを小児病的教条主義と云うのだろう。労働者階級は武器を選ばない。革命に有利な状況をこじ開ける為に、「あれもやってみなはれ、これもやってみなはれ」で何ら構わない。

 問題は、議会闘争活用論者がその美名の下で大衆闘争との結合を切り離す悪意にこそある。日共不破式「人民的議会主義論」なるものはその典型的な教本であった。例に漏れず玉虫色に書き上げているので真意が分からなくされているが、その狙いが議会活用を誇大宣伝し、大衆闘争を逼塞させる代償の道具としての論にあったことが今日明白である。そうではないのだ。議会を活用することが他の諸闘争を排撃しない形で併用すればよいという単純な話なのだ。相互に立て合ってそれぞれの闘争がより機能化させるような活用を心掛けるべきなのだ。

 エセマルキストは難しく理屈をこねて二者択一式に持っていこうとする。その結果、右派は議会専一万能論を唱え、左派は議会排撃論を主張するという按配で棲み分けしようとする。申し訳ないが、革命闘争はオマンマの種にするものではない。我々の生活と人生の充足を賭けて、もっと大袈裟に云えば人類史の未来を賭けて、野蛮な時代を終わりにさせようとする極めて能動的戦闘的な営為に関わる運動なのだ。その任に耐えざる者は党派の指導者になるべきではない。己の痴愚を歴史に押し付けようとするとはあまりに傲慢不遜であろうから。

 2003.1.22日 れんだいこ拝


【マルクスの革命論における言及と不言及について】
 マルクスは、「哲学の貧困」の最後の結びで次のように述べている。
 「闘いかしからずんば死、血なまぐさき闘争かしからずんば無、このように問題が厳しく提起されている」。

 「共産主義者の宣言」では次のように述べている。
 「共産主義者は自分の見解や意図を秘密にすることを軽蔑する。共産主義者はこれまでの一切の社会秩序を強力的に転覆することによってのみ自己の目的が達成されることを公然と宣言する。支配階級をして共産主義革命の前に戦慄せしめよ」。

 これまでの歴史的運動というのはみんな、少数者の運動か、少数者の利害のための運動であった。プロレタリアの運動は、大多数者の、大多数者の利害のための、自覚的で自主的な運動である。現在の社会の最下層であるプロレタリアートは、公的社会の全上部構造を空中に飛ばさなければ、身動きすることも、起き上がることもできない。

 Though not in substance, yet in form, the struggle of the proletariat with the bourgeoisie is at first a national struggle. The proletariat of each country must, of course, first of all settle matters with its own bourgeoisie.

 内容においてではなく形式上は、プロレタリアートとブルジョワジーとの闘争は、まずは民族的闘争である。個々の国のプロレタリアートは、もちろんなによりもまず、その国のブルジョワジーと片をつけなくてはならない。

 In depicting the most general phases of the development of the proletariat, we traced the more or less veiled civil war, raging within existing society, up to the point where that war breaks out into open revolution, and where the violent overthrow of the bourgeoisie lays the foundation for the sway of the proletariat.
 プロレタリアートの発展のもっとも一般的な諸段階を描写するとすれば、我々は、現下の社会内で盛んになったり下火になったりする隠された市民戦争(内乱)を跡づけて、内乱が公然たる革命を勃発させ、ブルジョワジーの暴力的打倒がプロレタリアート支配の基礎を築く地点に到達する。

 暴力革命の必然性を明確に指針させていることになる。


【エンゲルスの革命論における言及と不言及について】


【レーニン主義としての暴力革命論】
 レーニンは、来る革命の態様について次のように述べている。
 「全ての国家は不可避的に社会主義革命に到達する。しかし、全ての国家が全く同じような形式で、また、同じような形態で到達するという訳ではない」。

 これによれば、「革命には多様性が有る」ということであろうか。「革命の多様性」も革命方式論(戦略論)、革命手法論(戦術論)の両面において考察される必要がある。

 爾来、この問題は、「過渡期論」的に議論されてきているところのものであるが、れんだいこ観点に拠れば穏健派系革命論と急進主義派系革命論に仕分けして整理する方が分かりやすい。穏健派系革命論は次々に編み出されており、1・ブルジョア民主主義革命経由論、2・構造改革論による漸次社会主義化論、3・議会主義的先進国革命論の三分類できるようである。これに対して、急進主義派系革命論の方は、1・武力闘争的人民民主主義革命経由論、2・内乱・武装蜂起型暴力革命的直接社会主義革命への雪崩れ論のどちらかで定式化されている。これらを革命方式論(戦略論)とすれば、革命手法論(戦術論)として様々の共同戦線論がある。1・反帝・反ファシズム闘争論、2・労農学による共同戦線論、3・議会制民主主義論、4・ゼネスト論等々。
 
 このことを踏まえつつレーニンは、既存国家がなぜ暴力的に破壊されねばならないのかについて次のように語っている。
 「国家が階級対立の不可融性の産物であるならば、奴隷化された階級の解放は暴力的革命なくしては不可能であることは自明的に明白である。プロレタリア革命はブルジョア国家機関を暴力的に破壊し、これを新しい機関によって置き換えることなしには不可能である」(「国家と革命」)。

 つまり「出来合いの国家機関」を利用するのではなく、「革命政府による新国家機関の創出」の必要を説いていることになる。

 レーニンは、祖国ロシアの革命的情勢を「左」から引き寄せていったが、その時の理論は次のようなものであった。
 「闘争の基本的方向はプロレタリアの大衆行動であり、資本家の国家権力に対し、武器を手にして公然と立ち向かうことを辞さないことである」(1919年、コミンテルン第一回大会召集の檄文の「目的と戦術」 )。
 「労働者階級は、単にゼネストと腕組戦術のみによってはブルジョアジーに対して完全に勝利を得ることは出来ない。プロレタリアートは武装蜂起に訴えなければならない」(1920年、コミンテルン第二回大会での「プロレタリア革命における共産党の役割に関する決議」)。
 「プロレタリアートによる権力の獲得は、議会の多数を獲得することによってブルジョア国家機関をそのまま平和的に獲得することは出来ない。ブルジョアジーは、自己の財産及び政治的支配を保護し、且つ、強化するためにあらゆる圧迫、テロ手段を用いる。プロレタリア階級による権力の獲得は、暴力によるブルジョア権力の打倒であり、資本主義国家機構の破壊である」(1928年、コミンテルン第6回大会で採択された「コミンテルン綱領」)。
 「革命派、新しい階級が、旧国家機構の助けを借りて、命令し、統治することではなくて、新しい階級が、この国家機構を粉砕し、新しい国家機構の助けを借りて命令し、統治することで無ければならない」。

 プロレタリアートが資本主義制度を打倒して社会主義制度を確立する為には、資本主義制度の階級支配を維持する為の暴力装置であるブルジョア国家機構を粉砕して、それに代わるプロレタリア国家機構を樹立しなければならない。その為に欲求されるのが暴力革命という構図になる。


 レーニンは、マルクスの暴力革命論を継承し、「プロレタリア国家のブルジョア国家との交代は暴力革命無しには不可能である」、「暴力は新しい社会を孕んでいるあらゆる旧制度の助産婦である」と、革命的プロレタリアートによる暴力革命を指針させている。

 スターリンによる「レーニン主義の基礎」でも、これが継承され次のように書かれている。
「プロレタリアートの暴力革命に関する法則、この革命の前提条件としてのブルジョア国家機関の破壊に関する法則は、世界の帝国主義諸国の革命運動の避けることの出来ない法則である」。


【暴力革命論の概念の確定考】


【マルクス、エンゲルス、レーニンの平和革命の可能性論】

 マルクスは、1872年、オランダのアムステルダムにおける労働者集会で、次のように述べているとのことである。

 概要「労働者は新しい労働の組織を築き上げるために、何時かは政治的権力をその手中に収めなければならない。労働者は古き諸制度を支えている古い政治を倒さなければならない。しかし我々は、かかる目的を達するための道程が世界中の何処においても同一であると主張するものではない。我々は、それぞれの地方の制度、習慣、伝統を考慮しなければならないということを知っている。アメリカやイギリス、オランダのように労働者が、この目的を平和的な道程によって達しえる国があるということを拒否するものではない。しかしながら、かかる場合は全ての国々に当てはまるわけではない」。

 エンゲルスは、1891.6月、ドイツ社会民主党のエルフルト綱領草案に対する批判(カウッキー宛ての手紙)の中で、次のように述べているとのことである。

 「立憲政治が完全に行われている国、すなわちアメリカ、イギリス、フランス等の国々では、平和的な社会革命が成功し得るであろう」。

 マルクスは、1891.6月、「ドイツ社会民主党のエルフルト綱領草案批判」の中で、次のように述べている。

 概要「一切の権力が国民代表機関の一身に集中されており、人が国民の大多数の支持を獲得しさえすれば直ちに憲法に思うままに行えるような国々では、古い社会が平和的に新しい社会に成長移行していくことも考えられることである。だが、ドイツで、すなわち、政府がほとんど全能であり、一方、帝国議会その他のあらゆる国民代表機関が実権を持っていないドイツで、そのようなことを宣言し、しかも何の必要も無いのにそうすることは、絶対主義からそのイチジクの葉を取り外して、自分の裸身の前に括りつけることに他ならない」。

 「資本家階級が、その制度を擁護するために必ず反抗を起すであろうことは間違いない」との留保条件もつけている。

 レーニンも、「平和革命の問題」について若干言及している。

 「ところで現在の、つまり7.14日以後のロシアの政治情勢は、2.27日から7.4日までの情勢とは、根本的に違っている。その当時、すなわち、革命のこの過ぎ去った時期には、国家にはいわゆる『二重権力』があった。これは、国家権力が不確定の過渡的な状態にあることを実質的にも形式的にもあらわしていた。権力の問題が、あらゆる革命の根本問題であることを忘れないようにしよう。その当時には、権力は動揺状態にあった。臨時政府とソビエトが、相互の自発的な協定に基づいて権力を分かちあっていた。ソビエトは、すなわち、どのような外部からの暴力も受けない、武装した労働者と兵士の大衆の代表であった。武器が人民の手に有り、外部から人民に加えられる暴力がなかったこと−まさにこの点に問題の核心があった。全革命の平和的な発展の道を開き、保障していたのは、まさにこのことであった」(1917.8.1日「スローガンについて」)

 これを「限定的条件下にその可能性を望ましいとしていた」とする見解にまで導くのは無理筋だが、若干の気遣いはしていることになる。

 しかし実際には、それは、「革命は権力の問題であって、資本家階級が平和裏に国家権力をプロレタリアートに引き渡すことは考えられない。革命は、最後は暴力革命であって、プロレタリアートの武装蜂起とゼネストの結合によって達成される」と述べている。マルクス、エンゲルスが平和革命の可能性を認めていたことに対して、「独占資本主義が存在せず、帝国主義も存在しない。従って、軍隊や官僚主義等が考えられなかった時代においては、マルクスが認めたような平和革命の可能性があつたけれども、20世紀の今日ではもはや平和革命の可能性は無い」とも鋭く批判している。



【フルシチョフ路線】
 1956.2月ソ連共産党第20回大会において、フルシチョフ路線、内戦を伴わずに権力を握る可能性が生まれてきたとして、革命の平和的移行の可能性を提起し、大会の承認を求めた。




(私論.私見)