児玉誉士夫の履歴(プロフィール)

 (最新見直し2006.9.22日)

 (れんだいこのショートメッセージ)


【児玉誉士夫(こだま よしお)の履歴】

 「右翼の大物」であったことは史実であるが、その実態は「利権商業右翼」であり、米国CIAに篭絡された売国右翼であった。
 1911(明治44).2.18〜1984.1.17日。福島県安達郡本宮町に生まれた。
 1918年、上京。朝鮮で苦学した後、内地で放浪。十五年、向島の鉄工所に見習工として勤務。労働組合活動に走るが、争議でなぜ「われらの祖国ソビエト!」と叫ぶのか違和感を抱き、次第に右翼に傾斜。

 1929(昭和4)年、憲法学者上杉慎吉博士主宰の建国会に入る。右翼活動を開始する。当時、頭山満の「玄洋社」、内田良平の「国竜会」などの右翼組織があったが、児玉は天皇中心主義をスローガンに掲げる建国会を選ぶ。本部は東京・三河島。幹部に赤尾敏らがいた。

 同年11月3日天皇直訴事件で懲役6ヶ月。31年、津久井龍雄主宰の「急進愛国党」に移籍。蔵相井上準之助に短刀を送り懲役5ヶ月(井上準之助蔵相脅迫事件)。1932年2月釈放。その後満洲に渡る。大雄峯会に入る。帰国後、8月に独立青年社を結成。天行会の頭山秀三とくみ政府要人の暗殺を計画するが発覚。逃亡中に自殺未遂。検挙され、内大臣・宮内大臣暗殺未遂事件等で起訴され、懲役3年6ヶ月の実刑に服す。

 1937(昭和12)年、出獄。外務省情報部長河相達夫の知遇を得て、中国行きを勧められて中国に渡る。

 1939(昭和14)年、河相の斡旋で外務省情報部嘱託となり、上海を拠点に情報活動に従事する。陸軍参謀本部より汪兆銘の重慶脱出支援を依頼されるが果たせず。参謀本部、外務省の嘱託となり汪兆銘政権樹立のために動く。

 1941(昭和16)年、開戦直前、国粋党総裁・笹川良一の推薦で海軍航空本部嘱託となり、海軍航空本部大西中将の依頼を受け、軍需物資調達のための児玉機関を上海に作る。後に児玉の片腕となる岡村吾一も児玉機関の幹部の一人であった。児玉機関は海軍向けの銅、潤滑油、雲母、プラチナ等の軍需物資を海軍へ渡していた。「児玉機関」は最盛時2000人を擁した。

 1942年、翼賛選挙に落選。

 1945年8月、終戦時には児玉機関を通じて莫大な資金(ダイヤ.プラチナ等を持ち帰り、時の金額で約200億円、現在の額で7兆円)を得ていたといわれ、自由党結成などに資金提供している。以降、黒幕に位置することになる。東久迩内閣参与(顧問)。内閣総辞職で解任。

 12月、A級戦犯指定で入獄。この巣鴨には、 笹川良一、岸信介もいた。「児玉は、巣鴨プリズンで尋問された際、CIAの前身の情報機関(OSS)にタングステンを提供している。これを国防総省に売却したCIAはその資金を対日工作の秘密資金にあてた」と云われている。
笹川良一も同様。

 48.12月に釈放。「隠匿物資と機密情報の提供を条件に、1948年にはGHQから釈放されています。一説には、現在価格で7兆円以上という隠匿物資は、戦後日本の政治家の操作に使われた」。

 この収容期間中に通訳として知り合ったのが、後にロッキード社の日本向け広報業務を請け負い、児玉とロッキード社との仲介役を果たすことになるジャパン・パブリック・リレーションズ社の社長で、日系二世の福田太郎。

 以後、新立川航空株買い占め事件、東洋精糖株買い占め事件、第1次FX選定問題、吹原産業事件、ジャパンライン株買い占め事件などのスキャンダルに関与。

 児玉は、岸と大野らとの政権移譲の「密約」に立ち会っている。1958年からロッキード社の秘密代理人として軍用機などの日本への売り込みの便宜を図っていたことが今日明らかになっている。

 1959年には全日本愛国者団体会議顧問、60年安保闘争では「左翼対策」のために右翼や仁侠を集め「右翼の親玉」的地位を見せ付ける。61年には青年思想研究会を結成した。日韓条約締結の背後でも暗躍した。
対韓経済援助リベート問題、インドネシア賠償リベート問題など、対外スキャンダルにも黒幕として関わったといわれる。

 1968年、統一協会の主導により、児玉誉士夫・笹川良一・岸信介らが「勝共連合」を結成し、これと日米韓の軍部とCIAが連携プレーをするようになった。

 1976.2月、ロッキード事件が発覚。一連の政界スキャンダル問題に関与したことが明らかにされた。同社から巨額の対日工作資金を受け取ったとして脱税と外国為替管理法違反で起訴された。児玉はP3C軍用機の購入にも暗躍しており、児玉が受け取った報酬は23億円と推定される。「田中角栄が受け取ったと『される』5億円の4倍以上だった」ことになる。

 同年3.23日、自邸(東京都世田谷区等々力)にロッキード事件に反発した映画俳優・前野光保(当時29歳)の操縦する小型機が特攻し、炎上する事件が起こる。旧陸軍航空隊の飛行服と日の丸のハチ巻きで身を固めた特攻隊スタイルで、突っ込む直前、無線を通じ、「天皇陛下 万歳」 と叫んだという。事件の前に、前野は「児玉は右翼などではない。天皇の名を利用した利権屋だ」 と、罵っていたらしい。背後関係も注目されたが、単独犯行と警視庁は断定。

 1977.2.16日、衆議院予算委員会は、事件関係者としてアメリカで名前があがった、田中角栄の刎頸の友であった国際興業社長小佐野賢治、全日空社長若狭得治、副社長渡辺尚次、丸紅社長檜山広(ひやまひろ)を証人喚問。病床にあった児玉は病院で尋問(臨床取調べ)される。

 1977.6.2日、初公判(児玉ルート)が東京地裁で開かれた。病気を理由に自宅にこもりきりで、公の場に姿を見せたのは、ロッキード事件発覚以来これが初めてだった。

 1984.1.17日、死去。同事件裁判中であり、被疑者本人死亡により控訴棄却となる。

児玉誉士夫、児玉機関、小型飛行機がぶち込まれた、ロッキード事件





(私論.私見)