文革直前の日中両共産党首脳会談の様子
 2002.9月の日共議長不破ら一行の「北京の五日間」の際に、貴重な文革情報が明らかにされた。これを掲載しておく。


【2002.9.24日、赤旗「北京の五日間(8)中央委員会議長 不破哲三 遠い歴史となった『文革』(上)」

 昼食会で「文革」経験談を語ることに……

 講演が終わったあとは、社会科学院副院長の李慎明(りしんめい)さんが主催する昼食会に招かれた。つまり、私の分類法によれば、「宴会」方式の意見交換である。会場は、社会科学院に近い国際ホテルの二階の「双魚座の間」。ここで、いちばん盛り上がったのは、私の「文化大革命」経験談だった。話の糸口となったのは、李慎明さんの一つの質問だった。

不破さんが最初に中国を訪問したのは、いつですか。
不破 一九六六年です。
すると、「文革」の前ですか、あとですか。
不破 「文革」の真っ最中、いや、「文革」が私たちの目の前で始まった、といった方がよいかもしれません。
というと、それはどういうことですか。

 ここまで聞かれると、私の経験した全いきさつを話さないわけにはゆかなくなる。

 三国訪問が、「文革」発動の歴史と重なり合った

 一九六六年二月〜四月、ベトナム支援の国際統一戦線の問題を話し合うため、日本共産党の代表団(団長・宮本顕治書記長)の一員として、ベトナム、中国、北朝鮮の三国を歴訪した。この歴訪の経過が、実は、いまでは中国で、毛沢東らが「間違ってひき起こし、それが反革命集団に利用されて、党と国家と各民族人民に大きな災難をもたらした内乱」(第十一期六中総の「建国以来の党の若干の歴史問題についての決議」、一九八一年六月)という公的な規定が与えられている「文化大革命」の発動の歴史と、不可分に重なりあい、毛沢東の国内、国際両面での無法を浮き彫りにしていたのである。

 もちろん、昼食会の席では、経過の詳細な説明は不可能だから、「私たちの目の前で始まった」というさわりを中心に紹介した。なかでも、とくに同席した人たちの興味を引いたのは、次の二つの事実だったようだ。

 彭真が熱烈に毛沢東路線を語る

 一つは、私たちが上海に上陸してそこに滞在中の二月十三日、私たちの宿舎となった錦江飯店に彭真(ほうしん)が現れたときのことである。彼は毛沢東を訪問しての帰りで、毛と会ってきた喜びを全身で表しながら、中国がいまとっている路線について熱弁をふるった。国内政策で彼が主題としたのは、「いま自分たちは、『資本主義の道を歩む実権派』とのたたかいに全力をあげている」という問題だった。

 彭真は、当時党の政治局員かつ北京市長で、この時の毛沢東訪問も文化戦線の対策の相談に行ったのだった。ところが、四カ月後の六月には、反革命の巨魁(きょかい)として糾弾され、真っ先に紅衛兵を動員しての打倒作戦の対象となった。そして、二月の毛沢東訪問そのものが、反毛沢東の陰謀の一こまとされ、その罪状にあげられた。

 私は、会食の席で、この事実を紹介し、「その時、彭真は、四カ月後に自分がこの名前で呼ばれ、攻撃されるようになるとは夢にも思わなかった」と述べたが、これも、「文革」の目撃者として、私が責任を負える証言の一つだった。

【2002.9.25日赤旗、「北京の五日間(9)中央委員会議長 不破哲三 遠い歴史となった『文革』(下)」】

 帰国直前の毛沢東訪問

 もう一つは、三月二十八〜二十九日、私たちが、儀礼的なものだと説明されて、北京からの帰路、上海の毛沢東を訪ねたときのことである。

 そこにいたる経緯を簡潔に説明すると、日中両党会談は、三月三日〜八日、劉少奇(りゅうしょうき)、トウ小平らとのあいだでおこなわれたが、意見不一致のままで終わっていた。私たちは、その後、第三の訪問国である北朝鮮との会談を終え、残してあった荷物を引き取って帰国するつもりで、北京に引き返したのだった。ところが、北京空港に到着したとたん、中国側の様子が変わっていた。空港に出迎えにきた彭真が、今度は、周恩来(しゅうおんらい)が責任者になって、共同コミュニケ作成の会談をやりたい、というまったく様変わりの申し入れ。さきの会談の当事者だった劉少奇はパキスタン訪問で、トウ小平は地方出張で、ともに不在だと説明された。

 私たちは、コミュニケは、一致点だけを簡単に書くものとすることを中国側に確認させ、共同作業でそれを仕上げて、三月二十七日午後、宮本顕治、周恩来の両団長のあいだで正式にこれを確認した。そのさい、コミュニケに「毛沢東を訪問した」旨の記述があるので、上海に立ち寄ってから、帰国してほしいとの申し出があり、これを受け入れて、翌二十八日の毛沢東への儀礼的な訪問となったのである。

 毛沢東、「北京は軟弱だ」と党指導部を告発

 ところが、上海で私たちが目撃した事態は、およそ正常な運営をしている共産党であるなら、考えられない異常きわまるものだった。

 毛沢東は、周恩来が中国側の責任者となって合意ずみの共同コミュニケについて、「意見がある」、「これではなんのために出すのかわからない」と難癖をつけ、毛沢東流の「修正案」をもちだした。それは、毛沢東の持論を日本語で一千字にも及ぶ文章として書き込んだもので、両党の一致点で成立したコミュニケを、毛沢東路線支持声明に変質させるものだった。

 翌日の会談で私たちがそれを拒否すると、毛沢東は、共同コミュニケを非難するとともに、「北京の連中もこれに同意したのだろう。軟弱だ」と「北京」非難をおこない、共同コミュニケを「破棄する」と宣言した。

 日本共産党との決裂の日に「文革」発動の最初の大号令が

 毛沢東が「北京」でおこなわれた日本共産党代表団と中国共産党指導部との合意の「不承認」を宣言したのは、三月二十八日。

 「文革」の歴史では、この日は、毛沢東が、中国共産党の政治局員候補で書記局員だった康生(こうせい)に、「えん魔殿を打ち倒して、小鬼を解放しよう。地方はうんと孫悟空を送り出し、天宮を騒がすべきだ」との指示を発した日として記録されている。「天宮」とは「北京」の党指導部のこと、「小鬼」、「孫悟空」とは紅衛兵のこと、つまり、この指示は、「紅衛兵を動員して北京の党指導部を打倒せよ」との号令にほかならなかった。そして、この大号令を受けた康生とは、のちに「林彪(りんぴょう)・江青(こうせい)反革命集団」の一員として断罪された人物だった。

 私は、日本共産党との決裂と「文革」発動の大号令とが同じ日になったのは、偶然のことではなく、そのあいだに不可分の関連があったことを、次の言葉で説明した。「康生は、私たちを案内して北京から上海まで同じ飛行機できた。“北京征伐”の号令は、おそらく日本共産党との決裂に前後して出されたのだろう」。これも、目撃者としての証言である。

 実際、のちに発行された「文革」史には、三月二十八日から三十日まで、毛沢東は何度も、康生、江青、張春橋(ちょうしゅんきょう)らと、「北京」打倒作戦について語り合ったと書かれている。私たちの経験と合致する記述である。

 「歴史上の人物」にまじって……

 彭真、陶鋳(とうちゅう)、劉少奇、トウ小平、周恩来、朱徳(しゅとく)、康生、毛沢東などなど、いまでは「歴史上の人物」と化した人びとである。そういう人びとを次々と登場させながら、その人たちと話したり論争しあったりした代表団の一員が、「文革」の発動の歴史を、いわば生きたドラマとして語ったわけで、会食の席では普通あまり見られない、緊張した関心が集中した。

 李慎明副院長はすぐ、「この話は、私には分かるが、若い人たちにはよい教育の場になったと思う」と述べる。

 その言葉を聞きながら、現代の中国では、あの「文化大革命」が、内外に「大きな災難」をあたえ、また多くの深刻な教訓を残したが、その諸事実そのものは、いまに生きるものにとって、すでに遠い歴史上の事件となっていることを実感した。

 中連部第二局の実際の局長である李軍さんも、この昼食会の出席者の一人だった。あとで年齢を聞いたら、「一九五九年生まれ」という答えが帰ってきた。「じゃ、『文革』の年は小学校に入ったころですね」、「そうなんです」。こういう世代が、各分野の中堅となっているのが、いまの中国である。



【れんだいこ見解】
 これは貴重な内幕話である。





(私論.私見)