最近のキリスト教福音主義、原理主義のヌエ論理考
現代キリスト教原理派批判
今時のキリスト教原理主義の噴飯もの考

 (最新見直し2006.8.11日)

Re:れんだいこのカンテラ時評199 れんだいこ 2006/08/11
 (れんだいこのショートメッセージ)
 【今こそイエスの論理論法に耳を傾けよう】

 第二次世界大戦後、韓国、米国に新興「キリスト教福音主義」なるものが相次いで誕生した。これを凝視せねばならない。無知な自称知識人が、時にこれを原理主義とみなして評する向きがあるが、何でキリスト教原理主義であるものかは。開祖イエスを知らないにも程があろう。

 近時の新興「キリスト教福音主義」なるものは、はっきりしていることは、原理的に矛盾であるキリスト教の名を被せてのユダヤ教との融合化であり、それはとりもなおさずキリスト教の解体の道でしかない。それを許しているのは、よほどキリスト教側が腐敗しているからであろう。

 キリスト教の開祖イエスは去る日、ユダヤ教の選民主義的枠組みを食い破って、世界市民及び諸民族に通じる愛の信仰を掲げ、ユダヤ教パリサイ派に濃厚な徹底報復主義に対峙した。その他諸々ユダヤ教の否定の上に新宗を成立させた。近時のキリスト教側からのユダヤ教との親和は、イエス新宗の歴史的意義を否定するものであり、それでもキリスト教原理主義呼ばわりし続けるのは為にする邪悪な意図に基づいているとしか云いようがない。

 あるいはそういうことも分からず、キリスト教を信仰している単なる馬鹿かも知れない。歴史がまるで分かっていない。そういう認識では全てが却って混乱させられる。れんだいこは、憤然とナンセンスと指弾したい。

 れんだいこは、このことを論証する為に2004.11.15日、「イエス論」をサイト化した。読む者には何らかの認識改めを提供できたと自負している。2006.8.11日、二度目の読み直しをして相当部分書き直した。読み手の欲求に耐え得るものを草稿化できたと思っている。

 現在、パレスチナで第6次中東戦争が行われている最中であり、イスラエルの得手勝手な独善と報復主義が時空2千年を超えて相も変わらず続いていることに憤然としつつ、イエスならどう難詰するだろうかと思いつつ再弁証した。

 まことに今や、イエスの登場が望まれていると思った。彼の当時の警句は今も素晴らしい。ズバリ当っている。パリサイ派の論理論法の将来に於ける危険を指摘しているが、歴史はその通りになった。ネオコン及びネオ・シオニズムは、当時のパリサイ派の典型的な末裔である。改めてイエスの凄さが分かった思いがする。

 それにしても、日本のジャーナリズムは、中東問題に及び腰であり過ぎる。思えば、1970年代まではNHKなら少なくとも世界の動きを伝えていた。今めっきり報道番組が少なくなった気がする。民間テレビは言わずもがなの愚民化番組のオンパレードで、現代パリサイ派の世界支配戦略に迎合している。

 その及び腰の中で、イスラエルの先制攻撃を支持し、日本の一蓮托生を唱える論調のみ聞こえてくる。馬鹿馬鹿しいことこの上ない。下手に学べば阿呆になる典型だろう。日本のメディアにただの一社でもよいからアルジャジーラ型が生まれることを切に願う。

 「最近のキリスト教福音主義、原理主義のヌエ論理考」(http://www.marino.ne.jp/~rendaico/religion_christ_fukuinhaco.htm)

 2004.11.15日、2006.8.11日再編集 れんだいこ拝

【太田龍・氏の指摘】
 太田龍・氏は、2006.8.2日付「時事評論bP760」の「米国は、神権体制国家に変身した(ケヴィン・フィリップス)と言うことの意味を日本人は真剣に検証すべき時」は次のように述べている。(れんだいこが再編集)。
 米国の代表的政治評論家の一人、ケヴィン・フィリップスが、最近の著作の中で、米国は、神権体制国家に変身した、と断定して居ることについては、既に当「時事寸評」で紹介した。ここで「神権体制国家」と言う場合の「宗ヘ」は、日本では「キリスト教原理主義」と通称されて居る。

 しかし、この言い方は、事の本質を隠蔽するものであろう。それはむしろ、キリスト教シオニズム、シオニスト的キリスト教、と、定義されなければならないが、日本人は、絶対にこの表現を受け付けない。更により深く検証して行くと、それは、シオニストユダヤ化されたキリスト教。キリスト教の完全抹殺としてのシオニストユダヤ教に毒され、同化され尽したキリスト教、と言うべきである。これは、別の言い方をすれば、イルミナティ化されたキリスト教、サタニズム(悪魔主義)に純化したものとしてのキリスト教、と成るであろう。

 今日のキリスト教は、カトリックも、プロテスタントも、殆んど完全に、このようなものに化けて居るのである。フィリップスが、米国は神権体制国家に変身した、と言うとき、その意味は、米国がサタニズムの国家として完成された、と言うことなのである。

 この見方は、デーヴィッド・メイヤー(ラスト・トランペット・ニューズレター)及び、テックス・マーズのような種類の米国のキリスト教伝道者によって、二十年以上も前から発信され続けて居る。フリッツ・スプリングマイヤーも、この中に含めることが出来るであろう。

 FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER By David Allen Rivera(一九八四年、一九九四年、一九九七年、二〇〇四年増補版)

 これは、五百頁超の大著であるが、この著者、デーヴィッド・アレン・リベラも、D・メイヤー、T・マーズ、F・スプリングマイヤーと同じ次元の反ユダヤ反イルミナティ反NWO的キリスト教著述家である。

 日本のキリスト教徒の間には、こうした水準の明確な反ユダヤ反イルミナティ的キリスト教徒は、ただの一人も存在しない。日本のキリスト教徒で、少々反ユダヤ的もどきに見える人々は、すべて、「キリスト教原理主義」のカテゴリーに含まれる。むしろ日本のキリスト教界は、ほぼ完璧に、イルミナティサタニストの厳重な指揮下にある、と見るべきであろう。とりわけ問題は、日本の「カトリック」である。この問題については、鬼塚英昭著「天皇のロザリオ」(上下二巻、成甲書房)、参照のこと。(了)

【参考文献】
○American Theocracy:
 The Peril and Politics of Radical Religion, Oil, and Borrowed
 Money in the 21st Century
 by Kevin Phillips (2006/3/21)

  太田龍・氏は、2006.8.6日付「時事評論bP764」の「今、日本のエリート権力階級の中にカトリックが急速に拡大しつつあると言う、そのことの意味」は次のように述べている。(れんだいこが再編集)。
 最近のある雑誌の記事によると日本人のエリート権力階級、いわば、特権的貴族階級の中で、カトリックキリスト教に入信する人々が増えて居る、と言う。日本のカトリックは或る種の「秘密結社」のようだ、とも言う。そして、この記事の中で、「秘密結社的」日本カトリックの信者の例の一人として、「山本正」の名前がある。この「山本正」は、一般の日本人は誰も知らないが、ユダヤイルミナティサタニスト世界権力の重要陰謀組織の一つ、日米欧三極委員会日本支部の「事務局長」格の、超重要人物である。

 明治初年、日本に於けるキリスト教の布教が解禁されると、カトリックは日本のエリート権力階級を狙い、プロテスタントは、中流インテリ階級を標的とした。敗戦後、マッカーサーが、米国政府の承認のもと、ローマ法王庁と協力して、昭和天皇をカトリックに入信させ、それを契機として、一挙に日本をキリスト教国に変質させる占領政策を追及したことは、鬼塚英昭著「天皇のロザリオ」(成甲書房、上下二巻)の中に記述されて居る。

 昭和天皇はカトリックに入信することはなかったが、皇太子=平成天皇はキリスト教徒と成り、皇太子妃=皇后は、聖心女子大学時代かられっきとしたカトリックであろう。

 渡部悌治著「ユダヤは日本に何をしたか(攘夷の流れ)」(成甲書房)には、ユダヤは日本を滅ぼすために、

 (1)佛教、神道を廃止して、キリスト教を日本の国教とする。そのためにまず、皇室にキリスト教を入れる。
 (2)米食を止めさせてパン食とさせる。
 (3)日本語をなくして、英語を日本人の国語とする。

 以上の三項目の方針を立てた、とある。いずれも、敗戦占領六十年の間に、長足の「進歩」を遂げた。

 靖国神社問題の核心は、「神道」にある。日本のエリート権力者の中の極悪売国奴的な人々は、日本の戦没者の慰霊を、神道から切り離したい。A級戦犯合祀=分祀。これは中心問題ではない。イルミナティサタニスト世界権力とその手先にとっての中心問題は神道としての靖国神社そのものを抹殺することである。要するにこれは、キリスト教を日本の国教とするための布石の一つ、なのである。

 現在のキリスト教は、サタニズムである。現在のフリーメーソン化されたキリスト教徒が崇拝する神は、サタン=ルシファーである。日本のエリート権力階級の中でカトリックが主流と成りつつあると言う。そのカトリックはサタン=ルシファー崇拝者以外の何者でもない。故に、いま、日本全国民大衆の中にサタニズム=ルシファー主義が異常な速度で拡大しつつあるのだ。

 (了)

[参考文献]
○ローマ法王庁、ヴァチカン、カトリックキリスト教徒のサタニスト的正体を知るための必須の参考文献は、

  The Two Babylons. By Alexander Hilsop(一九一六年)(未邦訳)




(私論.私見)