4524 ロッキード事件

 (最新見直し2007.3.1日)

 (れんだいこのショートメッセージ)
 いわゆるロッキード事件とは、事件当時に現職総理であった田中角栄が、米国ロッキード社の代理店であった丸紅の請託を受けて、全日空に新型旅客機としてロッキード社製のトライスターの選定を承諾させ、その謝礼として5億円を受け取ったと「される」受託収賄罪事件である。

 この「ロッキード事件」を再検証することが今ほど望まれている事は無い。特に、
日共系のカクエイ批判の度が過ぎており、この観点と対決せずんば有益な運動を何一つ組織し得ないであろう。れんだいこは、先にれんだいこ党を旗揚げしている。参じて来る者は未だ少ないが、「田中角栄氏の歴史的再評価復権」を掲げている。れんだいこの卓見が評される時がいつかくるだろう。

 思えば、「ロッキード事件ないし角栄考」は、現代左派のリトマス試験紙になり得る。
角栄を高く評価できない者は汝が左派でないことを知れ。角栄を悪し様に云う者は、云えば云うほど汝がエセ左翼つまりサヨであることを知り恥よ。それほど観点が歪んでいるという訳だ。

 とまぁ述べたが、分からない者には分からないのだろう。そして死ぬまで正義ぶりつつ何ほどのことも為しえなかったのに自尊しつつ去っていくのだろう。れんだいことは永遠に会話が通じない手合いである。これも人の世の倣いだろう。

 2005.2.12日、2007.3.1日再編集 れんだいこ拝

 (れんだいこのショートメッセージ)
 なぜ、角栄が「悪のシンボル」としてあれほど糾弾され、汚名を残したまま去らねばならなかったのか。私も又、「ロッキード疑獄事件は、日本の近代政治史上最大の汚点=魔女狩りであった。ロッキード裁判は何から何まで滅茶苦茶であった」と考える。この魔女狩りの恐ろしきところは、法の番人をはじめとする当代の一流とされるインテリ層によって為されたそれであったことである。我が国のインテリを自称する者たちのこの悪行は、彼等のインテリの質を示すものとしてしっかりと踏まえておかねばならない。

 なお、この余韻は今も続いている。しかし、その杜撰さは、「角栄問題」より余程腐敗したその後の事象に対してはおざなりを決め込み、ダンマリあるいはフリーパスさせているという変態性の中で、ご丁寧にも今も「ロッキードを風化させるな」と云われ続けていることにある。

 私は、こうした似非インテリ層のボンクラ性と怯惰な精神に吐き気を覚えている。今日まで論調の変化を期待してきたがその兆しは無い。もはやれんだいこの出番とせざるを得ない。遅きに失するが、今からでもその解明をやらぬよりはやった方がよいから。

 その観点はこうである。
結果的に、ロッキード事件は、田中角栄という稀有な有能政治家を失わせることになった。これにより法体系の背骨が狂わされてしまった。どちらに於いても日本にとってかけがえのない損失であった。そのことがはっきりする今日に至っており、今後ますます痛恨を噛み締めることになるであろう。

 以下見ていくことになるが、
角栄追討派が、「初めに判決ありき」に従い、如何に理不尽なまでに「戦後民主主義」の諸ルールを踏みにじっていったかを明らかにしたい。仮に千歩譲って、角栄を金権の元締めとして葬らねばならない意図があったとしても、「やって良いことと悪いことがある」、というのが私の考えである。時の勢力は、この理不尽を「さも、らしく」粉飾しながら貫徹させた。為に、「さも、らしく」後遺症があらゆる分野に今も攪拌している、と私は見なしている。言い方を替えれば、真偽不明の汚濁混沌現象が全域に転移してしまったということだ。このマインドコントロールを解く力が私の筆のうちにありや否や!

 「やって良いことと悪いことがある」について若干補足したい。「やって悪いことを行うのがなぜ悪いのか」、それは脳内の思考秩序を混乱させるからである。脳内の混乱は世事雑般に対しての処世を混乱させる。この混乱は社会をアノミーにさせる。こうなると最終的に出てくるのが強権力であり、この強権力が良き指導性を発揮すればまだしもそういうことは稀である。我々を家畜にして恥じない視野狭窄権力者を生むのが常である。元に戻ってそういう意味で、「やって悪いことを行うのは悪い。結果、高くつく」ことになる。「角栄その後」はその例証であろう。

 2003.9.16日、2006.1.7日再編集 れんだいこ拝


目次

ロッキード事件の見方その1ーキッシンジャーかく語りきー
ロッキード事件の見方その2ー太田龍かく語りきー
ロッキード事件の見方その3ーれんだいこかく語りきー
事件の深層・真相と「謀略」について
徳本栄一郎ー五十嵐仁−立花隆の御用漫談考
4524111 ロッキード事件の伏線考
4524112 ロッキード事件の概要1(角栄逮捕前)
4524113 ロッキード事件の概要2(角栄逮捕ー保釈)
4524114 ロッキード事件の概要3(角栄保釈後)
4524121 田中逮捕時前後のドキュメント
4524122 稲葉法相の逆指揮権発動考
4524123 新証言続々
4524124 角栄権力失墜以降の流れ
4524131 ロッキード裁判の経過
4524132 ロッキード裁判の問題点総論
4524141 「不起訴宣明」、「嘱託尋問採用」問題考
4524142 露呈した司法当局の癒着性考
4524143 時の法務省、検察庁の捜査布陣考
4524144 コーチャン証言、クラッター証言をどう見るべきか」
4524145 大久保・伊藤・桧山・若狭被告の供述調書疑義問題
4524151 榎本秘書の政治献金収受説考
4524152 首相の職務権限・指揮監督権限の問題
4524153 全日空の新機種選定への関与の問題
4524154 補足「若狭得治考」
4524155 児玉領収書疑惑、児玉関連「P3Cグラマン事件」疑惑
4524161 ロッキード事件に果たしたマスコミ、市民運動のミスリード
4524162 ロッキード事件に果たした労働組合、知識人のミスリード
4524163 ロッキード事件に果たした日共の陰謀及び反動的立ち回り
4524164 ロッキード事件に果たした皇室のミスリード
4524165 ロッキード後遺症に悩む司法の実態
4524166 ロッキード事件が招いた世相の変貌、子供社会にイジメ発生
4524167 ロッキード事件を通じての角栄批判派と擁護派考、秦野章考
4524168 ロッキード事件に見せた大衆の感覚考
4524171 事件の変事、関係者の変死考
4524172 猪瀬直樹の「死者達のロッキード事件」批判
4524173 事件関係者のその後
4524174 事件諸論
4524175 国税当局の角栄潰しの諸策動
【立花隆論】
ロッキード議事録求開示訴訟
【毛沢東―角栄会談秘話、角栄の悲劇性予見】
ウォーターゲート事件の闇
国策逮捕考
元書生の伝える田中角栄原像
転載「ゴルゴ14氏の田中角栄を殺したのは誰だ」
田中角栄研究著作本
インターネットサイト





(私論.私見)